S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































動物はムダに飼育され殺され捨てられる日本

JUGEMテーマ:グルメ



世界の平和を願って♡

一度、考えてみてもらえませんか?
日本人は生きものを大事にする、と思いたい人は少なくないでしょう。しかし、日本は今や世界最大の畜産物輸入国、水産物輸入国なのです。世界各国の工場的な飼育をしている動物工業を潤しているのは、日本人の胃袋です。国内の動物工場もアメリカの後を追っており、先進国と比べても決して幸せな飼育方法ではありません。

日本は一人当たりの食品ゴミ排出量は世界一とも言われます。なかでも、動物性食品は毎日、毎食食べられていますが、廃棄から見ると、動物はムダに飼育され、ムダに殺され、ムダに捨てられているといえます。

安い肉、乳製品、卵や魚介類を買い求め、頬張っている人は、畜産動物への暴力・残酷性と無関係ではないということを、考えてみてください。

畜産業自体、大なり小なり残酷な面を持っていることから逃れられません。人類の大半が菜食する必要があるということを、少なくとも先進国に住む人たちは、しっかりと心に留めることが必要です。




 
https://youtu.be/q4VnxsvnBgo 

一刻も早く、世界中で畜産業・酪農を縮小させることが必要です。工場的畜産農業はなくし、肉食に至っては、人間には必要のないもの、進化の段階で徐々に減りなくなっていくものです。このことに、世界中が一つになって、取り組む必要があるのです。


FACTORY FARMS 
 

 

 

世界は、菜食&脱搾取へ♪ | ねこまる | 09:01 |
クリスマス、年末年始は「動物たちの世界」に思いやりを♪

JUGEMテーマ:つぶやき。

 


ぜひ、このクリスマスのメロディーを聴いてください。
↓  ↓  ↓


http://youtu.be/Nbh27lIOf_o


◆動物たちの感情世界

動物たちの多くは、高度の知的能力や感覚能力、そして人間にも劣らない豊かな感情世界を持っている。

彼らは、悲しみ、喜び、幸福、共感、思いやり、連帯感、苦悩、それに怒りや狼狽、感動など、さまざまな感情を抱いており、それらを様々に経験している。

動物たちが豊かな感情を抱いていることは不思議でも何でもない。というのも、動物と人間は、大脳の辺縁系に同じ部位を持っていて、この部位は感情生活に重要な役割を果たしている。



動物が苦痛や痛みを感じることは疑いの余地がない。私たちは今、動物たちの心の中で起こっていることの全てを知ることは不可能だとしても、自分たちが思っている以上に、多くの動物が、激しい感情や苦痛を経験しているということを知っている。

実は、全てのほ乳類は共通の神経管や神経物質を持っており、その働きには、感情的な営みが関わっていることが、研究で分かっている。だから私たちは、動物たちにとっての苦しみの現実が、私たちが感じるそれとは別物であるのだと思うふりをすることを止めなければならない。痛みの感じ方は種ごとに違うかもしれないが、彼らは身体的・精神的な苦痛をさまざまな方法で伝えるし、それは、ほかの動物と暮らしている人なら、誰もが知っていることではないだろうか。


動物は、感情と思考を持った主体的な存在であり、敬意と配慮をはらうに値する。動物の感情について知っていることをどういかすのか。それを考えることによって、私たちは動物たちの世界に、残酷さではなく、思いやりを与えることができるはずだ。



https://www.facebook.com/EVOLVECampaigns
 

世界は、菜食&脱搾取へ♪ | ねこまる | 20:52 |
モリッシー公演、ハリウッド・ボウルが全面ベジタリアン仕様に

 



モリッシー公演のためにハリウッド・ボウルが全面ベジタリアンに
Billboard Japan 11/6(月) 12:05配信

現地時間2017年11月10日から11日にかけてモリッシーが公演を行う米カリフォルニア州のハリウッド・ボウルが、全面ベジタリアン仕様になることが明らかになった。

動物愛護団体PETAの長年の支援者で、動物愛護活動家として知られるモリッシー。彼の意向により、これまで何度か100%ヴィーガン/ベジタリアンと打ち出された公演を行ってきたが、2015年のマディソン・スクエア・ガーデン公演では、会場のミスによりVIPエリアでハンバーガーが提供されていたとして大きな話題となった。

LAウィークリー紙によると、ハリウッド・ボウルが全面ベジタリアン仕様になるのは今回が初で、ファラフェル・バーガー、ポテト・タコス、ヴェジタリアン・サンドイッチ、アボカド・トーストなどが提供される予定とのことだ。


〜転載 ここまで
 


 

 

「肉食とは動物の殺戮であって、地球にとっても殺戮行為であって、結果的には消費者に対しても殺戮行為としてはね返ってくるものだと最近では一般的に受け入れられているように思うよ。いずれチーズバーガーを食べることは教会で喫煙することくらいにご法度になるだろうし、それが実現した日は文明にとって偉大な日になるだろうね」

モリッシー、メジャー契約後の心境、肉食、体調、スミス再結成について語るより

 


モリッシー『ミート・イズ・マーダー』

https://youtu.be/_FC1GRpYA-Q

 

 

 

 

世界は、菜食&脱搾取へ♪ | ねこまる | 08:29 |
World Vegan Day!今日はヴィーガンについて知ろう♪

JUGEMテーマ:ペット


https://ja-jp.facebook.com/WorldVeganDay/

今日、11月1日は、ワールド・ヴィーガン・デー♪
ヴィーガンの日。世界中で、動物たちを思い、いろいろなイベントが開催されています。

日本では、報道されることがないかもしれませんが、世界中で、動物の権利・解放を願ったり、工場畜産の現状を知ってお肉を食べるのを止めたり控えたりする人がいます。

動物たちの置かれている現状を少しでもよいものにするためにと願う人の心が一つになる日です。この願いが、多くの人の心に届けられますように…♪




ヴィーガンとは、卵や乳製品を含む動物性のものを食べない、身につけない、環境にも動物にも優しいライフスタイルのことです。

世界は、菜食&脱搾取へ♪ | ねこまる | 12:37 |
レオナルド・ディカプリオ、ベジタリアン食材企業に投資

 

レオナルド・ディカプリオ、ベジタリアン向けの食材を作る企業に投資。
VOGUE 10/19(木) 21:02配信 〜一部転載

レオナルド・ディカプリオ(42)がベジタリアン向けの食材を作る企業に投資した。1998年にレオナルド・ディカプリオ財団を創立しているディカプリオは、動物の肉を使用することなくベジタリアン向けにその代替品を作る企業ビヨンド・ミートに対し、非公開の金額を投資したようだ。今回の投資は、同財団が家畜の飼育を減らすことで温室効果ガスの排気を減少させることを目的としていることと、ディカプリオが気候変動への注目度を高めることを願ってのことだという。

ディカプリオは『フォーチュン』誌に寄せた声明でこう語っている。「家畜の生産は炭素排出の主要原因となっています。ビヨンド・ミートによる動物の肉から植物ベースの加工品への移行は、私達が気候に与える影響を減らすことができる強力な対策のうちの1つです」。


長年に渡ってベジタリアンを続けているディカプリオは以前にも、植物ベースの製品を作る会社ヒッピーズに非公開の金額を投資したことがある。

さらに、ディカプリオはこれまでに100以上もの環境保護に取り組む団体に寄付してきた。最近ディカプリオは、過去19年に渡ってレオナルド・ディカプリオ財団は2000万ドル(約22億円)もの助成金を寄付してきたと明かしている。「私達は国内や国外における100以上もの団体の取り組みをサポートしていることを誇りに思います。これらの助成金は未来の世代のために、土壌、海や森、絶滅危惧種の保護、そして実存する気候変動の問題に取り組むために役立っています」。


〜一部転載 ここまで






肉の消費量を減らせば、地球温室効果ガスを効果的に減らせる」と主張する人は多いです。牛などが直接出すメタンガスだけでなく、牧場づくりのための熱帯雨林伐採や、家畜の飼料や肥料の生産や輸送など食肉業界全体が排出する二酸化炭素などの温室効果ガスは全体の約18%で、この割合は自動車などの輸送機関で生じる温室効果ガス13%(IPCC試算)を上回っているからです。

日本でも、全国民的な地球温暖化防止の高まりが求められていますが、肉食から大豆などの植物性タンパク質を含む菜食への移行の動きはほとんど見られません。地球温暖化防止や食料問題などから、「べジタリアン(ヴィーガン)・ライフスタイルへの移行」は、誰にでも求められていることであり、菜食を始める必要を一人ひとりが認識する必要があります。
 

 


<参考>
ミートフリーマンデー・ジャパン(MFMJ)/NPO法人日本ベジタリアン協会

 

JUGEMテーマ:気になること

世界は、菜食&脱搾取へ♪ | ねこまる | 06:39 |
ファームサンクチュアリ☆ヴィーガンのアニマルライツな旅行!

JUGEMテーマ:ペット



AliceVegan

 

 

<アニマルライツセンターより>

UKで初めてのヴィーガンの日本語ツアーを紹介します。

スーパーヴィーガンツアーというのですが、ここは日本の雑誌や新聞などにも紀行する英国政府公認観光ガイド最高資格 ブルーバッジを持つ由美子さんと、由美子さんの超アニマルライツな娘さんが企画していらっしゃるものです。アニマルライツセンターのご支援も頂いています。
今回、12月6日ロンドン発着のヴィーガンクリスマスツアーを企画されたとのことで、ご案内します。

詳細はHachidoryに掲載しました。
http://www.hachidory.com/hotel/00/id=686

このツアーを私たちがお勧めしたいのは、英国で最も歴史のあるファームサンクチュアリを訪ねることと、現地のアニマルライツの方にお会い出来ること。
英国であればヴィーガンの旅行は簡単なのでは・・・と思っていましたが、それは都会の話です。
ヴィーガンが安心して行ける、コッツウォルズやバースなどを訪ねる6泊7日のツアーです。
https://supervegantravel.com/ja/

これは日程がきまっていますが、その他、オーダーメイドのツアーもやってくださるようです。


NPO法人 アニマルライツセンター
http://www.arcj.org
 

 




ファームサンクチュアリを訪ねることができるなんて!

救われた家畜動物たちに会えるなんて!

天国のようです。 そう、動物たちの楽園は、人間の楽園です。


食育で動物を殺す?感謝すればよい?

日本では、「感謝して、残さず食べる」ことが美徳のように推奨され、「食育と称して家畜動物を飼育し殺して感謝して食べること」「命を頂くということはどういうことかを知る(飼育し生きていた動物を殺して食べることを体験する)」ということがもてはやされて、それらが良いことのように受け取られていますが、実際には「動物を救うこと」「動物を苦しめないこと」を教えるのが「教育」なのではないでしょうか。

「感謝して動物を食べればそれでよし」というように、都合よく「感謝」を持ちだすことで「動物は食べるもの、食べていいもの」という先入観を与えていることに、問題はないと言えるのでしょうか。

 

 

 


 

 

世界は、菜食&脱搾取へ♪ | ねこまる | 13:46 |
時代は菜食へ〜『SAMSARA』食肉の実態記録ドキュメンタリー

JUGEMテーマ:食生活




肉食は生命と資源の無駄使い

どんな命でも生命は、他者と深くつながっています。それらの生命と自己を切り離して考えることはできません。
生命が軽んじられる傾向にある現代で、生命の尊重を再確認しなければならない時期がきているのだと思わずにはいられません。

肉食は、それに利用される動物の苦しみ・虐待問題だけにとどまらず、人間をも虐待し飢餓に追いやっているという事実から目を背けるべきではありません。大地の恵みを公平に分配せず、一部の人間に独占させ、その結果多くの人々を苦しめることになっているのです。

先進国の多くの人々は、有り余るほどの贅沢な食事をし、食べきれずに残して捨てるということを平気でしています。贅沢三昧の食生活は、肥満や生活習慣病を招き、病気になって苦しむという結果を引き起こします。
そうした現実の一方で、毎日の食事にさえありつけない、骨と皮だけになって飢えて死んでいく多くの子どもたちがいます。その矛盾に、平気でいられる人はいません。




菜食の利点は、健康面だけに限ることはできません。菜食は、すべての生命を尊ぶ愛の実践につながります。そのことによって人間が健康になり社会も幸せになる。そうなれば、世界に平和が達成されるという、自己の肉体の利益のみの観点で推し量られるものではありません。

私たちは今こそ、肉食をやめて、大地の恵みのみを食料としましょう。
そうした未来に突き進む勇気を、私たち(とりわけ、肉食・飽食をしている先進国に住む人達)が率先して持ちましょう。




人間がこんなにも環境や人間自身に、そして当の動物たちに多大なダメージを与え続けることは、一刻も早くやめなければなりません。


****************



ドキュメンタリー映画「SAMSARA」は、フィルムメーカーのディレクターRon FrickeとプロデューサーMark Magidsonが、5年以上の歳月をかけて25ヵ国を渡り撮影した。そこに映し出されたものは、圧倒的な美しい映像詩として紡がれており台詞は一切ない。


スーパーに並ぶ食肉がどう作られているのか現場の実態を淡々と記録したムービー

samsara-food-sequence

 

世界は、菜食&脱搾取へ♪ | ねこまる | 12:52 |
ビーガン料理店、花盛り!共感・理解・他者への思いやりを♪

JUGEMテーマ:今日のキーワード



artforvegan

 


朝日新聞2017.9.15に、ビーガンのことが載ってました!
太田匡彦さんの記事です。

********

あらゆる動物性食品を避ける「ビーガン」向けの料理を出す飲食店が、都市部を中心に増えている、というもの。

新たなライフスタイルや動物愛護の関心からや、外国人旅行者の支持もあって、ビーガンが浸透してきています。

記事内で取り上げられていたのは、東京・自由が丘にあるビーガンカフェ「T'sレストラン」。

東京駅構内にある「T'sたんたん」では、肉・魚介類・乳製品・卵を使わない坦々麺が人気で、来店者の7割超が外国人という日もあるほど外国人観光客から支持されています。

「未来食カフェレストラン TUBU TUBU」の大谷ゆみこさんは、「ベジタリアンが卵や牛乳もやめてビーガンになるケースが増えてきた」と話しています。

また、ベジタリアンが動物愛護の問題に関心を持ち、その結果ビーガンになる人も少なくないとか。

10年に東京・池尻大橋で「オルオルカフェ」を開店した津田由利子さんも「劣悪な飼育環境に置かれている畜産動物の存在を知り、ショックを受けた。その衝撃が店を開いた原動力になった」と話します。






ビーガン(ヴィーガン)に関心を持つのは、普通のことなんです。現代の家畜動物は劣悪な環境で飼育されていて、その現実を知るとかなりの衝撃を受けます。それは毛皮や革製品に利用される動物も同じことです。

人間に利用されている動物たちにとっては、そんな苦しみは本当は必要のない苦しみであり、あまりにも酷い現状だからこそ、動物製品に「NO!」と言う人が増えています。



ニューヨーク北部とカリフォルニアにある農場(ファーム・サンクチュアリ)の設立者、ジーン・バウアーさんが、「あしたへの選択」さんのインタビューに答えている言葉が、とても印象に残っています。
http://ashitaenosentaku.org/people/mrgenebaurpart1.html

 

私たちの食べ物の選択が、実際に工場式畜産農場で苦しむ動物たちの命に大きなインパクトを与えています。そうである必要は全然ないにもかかわらずです。

人間の普遍的な価値基準は思いやりで、私たちは直感的に、共感・理解・他者への思いやりを示すことができます。そういう深い同情心を持つことができる生きものなのです。

だからこそ、もっとその同情心を制限せずに広くもつべきで、それがどのように世界中の人々や動物たちに影響を及ぼすかを理解する必要があります。





現在、アメリカや先進工業国において、人々が持つ根本的な価値観とは合わない、越えてはならない一線を越えてしまった方法で動物は扱われ、また虐待されています。そういった動物たちから作られた肉、ミルク、卵を人々は購入しているのです。ということは、自分の価値観とは全く食い違った方法で生産されたものを食べていることになります。

本来なら、誰もが他者の幸せを願い、苦しむ姿を見たくもなければ、残虐に加担したくはないでしょう。

家畜動物たちの幸せ、解放を願うのは、何も特定の人たちだけのものではありません。

動物たちに思いやりを表現し、誰かの苦しみの上に成り立つ消費から、自分を解放しましょう

 

ビーガンという生き方 [ マーク・ホーソーン ]

 

世界は、菜食&脱搾取へ♪ | ねこまる | 21:42 |
有名人が語る、ベジタリアン!

 

 

 

有名人が、ベジタリアンについて語っています。

 


◆食生活を変えましょう♪

ヤネス・ドルノウシェク博士(スロベニア共和国 第2代大統領)
ベジタリアンの食べ物は健康にとってより良く、より高品質であると思う。実際、人間は肉から栄養を摂る必要はない。肉食は単に深く根づいた思考と習慣にすぎない。一夜でこの習慣を変えるのは難しいが、徐々に変えることはできる。高く悟っている人なら、動物を殺したり、動物に残虐な行為をすることはない。


ジェーン・グドール博士(英国の著名な動物学者)
動物がどんな虐待を受けているか理解できます。私にとって皿に置かれた肉は恐怖と苦痛、死の象徴です。


レオナルド・ディカプリオ(米国の映画スター)
菜食主義は正しい道であるだけでなく、大衆の面前で喝采を浴びせられるほど、価値のあることだ。


ダライ・ラマ(1989年ノーベル平和賞受賞、チベット宗教、政治指導者)
生命は動物にとっても、人間にとっても同じく重要なことである。人が誰しも幸せな日々を送りたい、苦難を恐れ、死にたくない、生き延びたいと思うように、他の動物も同じなのである。


キム・ベイシンガー(アカデミー賞受賞女優)
動物が受けた苦しみを感じられたり、見ることができたなら、二度と経験したくないでしょう。彼らに生きる道を与えて。もう肉は食べないで。動物が殺される辛さを見たり、感じられたら、一秒たりとも考えたくないはずです。命を彼らに返して、肉を食べないようにしましょう。


アレック・ボールドウィン(エミー賞受賞・ゴールデングローブ賞ノミネート俳優)
私たちが座って食事の準備をする時、いつも選択をしている。ならば菜食主義を選択しよう!動物のために、環境のために、そしてあなたの健康のために。


マハトマ・ガンジー(インドの人権指導者)
私は確かにこう思う。人は精神生活を高め、食欲を満たすために動物を殺す行為は止めさせるべきである。


ヘンリーデビット・ソロー(米国作家、博物学者、平和主義者)
人類が進化していく過程で、必ず徐々に肉食の悪習をあきらめると私は信じている。


レフ・N・トルストイ(ロシア哲学者)
私達がまだ自分を殺された動物の生きた墓場にしているうちは、この世界に何か理想的な状況があるなどと期待できるだろうか。屠殺場がある限り、戦場が存在する。


トーマス・エジソン(米国科学者、発明家)
非暴力は私達を最高の道徳規範に導いてくれる。これこそが進化の目標である。私達が他の一切の生命を傷つけるのを止めない限り、私達は依然として野蛮人なのである。
 

 




 

人間は、他の動物を征服することをやめません。

しかしそれは、戦争がなくならないのと同じようなことです。

我が物として扱う、暴力で説き伏せる、いいように利用する、所有物として扱い権利や尊厳を認めない、など。

奴隷制とも似ています。

 

こういう、人間の根っこのところが変わらない限り、平和や楽園は望めないでしょう。

なぜなら、食用動物や実験動物、毛皮動物や人間に監禁されている他の動物たちの姿や扱いをみれば、それがまるでアウシュビッツのようなものであると、感じるはずです。

 

動物たちは、ただ人以外の動物であるというだけで、種が違うというだけで、閉じ込められ監禁され、想像を絶する苦しみを味わわされています。

 

私たちが、これからすることといえば、動物と呼ばれる種の苦しみを知り、動物たちをその苦しみから救うことです。

動物搾取を廃絶しましょう。

 


私達が他の一切の生命を傷つけるのを止めない限り、私達は依然として野蛮人なのである―(エジソン)

 

 

JUGEMテーマ:今日のキーワード

世界は、菜食&脱搾取へ♪ | ねこまる | 19:25 |
【未来世紀ジパング】世界は「疑似食ブーム」!日本企業も参入

JUGEMテーマ:グルメ



新聞見てたら、「未来世紀ジパング」で、こんな見出しが!

「おいしい疑似食が世界でブーム!日本上陸!?あのビルゲイツも注目 美と健康バーガーとは」

 


********

●勃発!世界疑似食開発競争 おいしいモノが続々出てきた!
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/next/#section1
2017年8月7日

〜番組内容から〜

これからの未来に向けて「食」の分野では、「おいしい疑似食」の開発競争が勃発しています。

番組では、「おいしい疑似肉」「おいしい疑似チーズ」が登場。何も知らずに食べた人は、見事に騙されてしまいます。

 

☆アメリカで「おいしい疑似肉」が大流行の兆し!

アメリカ西海岸でいま人気のハンバーガーショップで、一番人気は、健康的なハンバーガー。肉は全く使わず、植物由来の成分で作っている。見た目も、味も、ホンモノそっくり。
いまアメリカでは、このような「おいしい疑似肉」の開発競争が始まっていて、西海岸のベンチャー企業が、最新の技術を使って作っています。

日本の商社も、この疑似肉に注目していた!!!


☆日本の技術が おいしい疑似チーズを開発!

いま、日本の有名レストランで、「おいいしい擬似チーズ」を出すところが増えています。チーズと思って食べている人が、続出中。健康を気にする人向けに開発された新技術で作られた「疑似チーズ」、今までとは全然違う完成度だといいます。

この「疑似チーズ」を、日本のメーカーがアメリカへ売り込みます!


〜番組内容 ここまで〜




今日は、ミートフリーマンデーです。

動物のお肉を食べない月曜日!

 




動物を思いやったり、環境保全に思いを馳せたり、一人で参加できる、社会活動。

参加した世界中の人の心が、ひとつになる日です♪

ポール・マッカートニーは、ベジタリアンである理由について、 「一番の理由は動物への思いやり、ぼくはこれが一番重要だと思う」と言っています。



https://youtu.be/UenSZbU9aUw







しぜんバル パプリカ食堂ヴィーガン」さんが、日本初の100%植物性のヴィーガンハンバーガーのチェーン展開の第一歩として、堺東店をオープンさせました!


★VEGAN BURG KITCHEN
https://www.facebook.com/veganburgkitchen/

 

世界は、菜食&脱搾取へ♪ | ねこまる | 12:13 |
<< | 2 / 8 PAGES | >>