ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。
保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。

OTHERS







WWFジャパンが、日本政府に象牙密輸出阻止を要望

JUGEMテーマ:日記・一般



象牙密輸出阻止を要望

世界自然保護基金(WWF)ジャパンは10日、日本から象牙の密輸出を阻止する緊急対策と、日本国内での取引の停止を求める提言を経済産業省に出した。

象牙の国際取引はワシントン条約で原則禁止されており、違法取引を助長するような国内市場についても、2016年の同条約締約国会議で閉鎖が勧告された。だが、WWF関連のNGOが昨年調べたところ、日本国内から中国への密輸が横行していることがわかった。

WWFは警察などと連携した取り締まりや、外国人観光客への注意喚起などで象牙の持ち出し阻止を要望。日本の市場は16年の勧告に該当するとして、20年の東京五輪・パラリンピックまでに、国内での取引を原則的に停止するのに必要な規制も求めた。環境省などにも提言を出す予定。


〜転載終了
 

 






WWFジャパンは、日本の象牙問題に関して、象を保護する姿勢は見られませんでした。

しかし、調査により「日本の国内市場が、ワシントン条約で“閉鎖を勧告される市場“に該当する」といった内容を発表しました。


https://www.wwf.or.jp/activities/2018/01/1400211.html

◆象牙の違法輸出阻止と国内取引の停止を日本政府に要望

高値で売買される象牙を狙われ、年間2万頭が密猟の犠牲になっているといわれるアフリカゾウ。象牙は、ワシントン条約で国際取引が禁じられていますが、今も密輸が絶えません。そうした中、世界各地で象牙の国内取引を自粛、停止する動きが強まっています。2017年12月31日には、世界最大の違法象牙の輸入国である中国が、自国内での取引を停止。こうした国際的な情勢の中、WWFジャパンは、2017年に実施した日本の象牙の国内市場と違法取引の実態調査をふまえ、日本政府に対し、象牙の違法輸出の阻止に向けた緊急措置の実施と、国内での象牙取引の停止を要望しました。

 


象牙の厳格な違法輸出の阻止と国内取引の停止を求めて

WWFジャパンは、2018年1月10日〜12日、環境省、経済産業省、財務省、外務省の各大臣に対し、下記の2点を求め、要望書を提出しました。

I. 緊急な措置をもって象牙の違法輸出を阻止すること
II. 厳格に管理された狭い例外を除く国内取引を停止すること


この要望の根拠となっているのは、WWFジャパンの野生生物取引調査部門トラフィックが、2017年5月〜9月にかけて日本国内の骨董市やオークション、古物買取業者などの古物市場と観光エリアを対象に行なった、象牙取引の実態調査の結果です。

この調査では、各販売店などを拠点としたルートで、外国人客やプロのバイヤーにより、日本から海外に象牙製品を持ちだす違法な輸出が横行している実態が明らかになりました。

また、明らかに外国人客をターゲットにした象牙製品の製造や販売が日本国内で行なわれていることも確認。
販売者側も違法な輸出につながることを知りつつ、購入した象牙を「国外へ持ち出すことが可能」であると、客に伝えていたことなどが判明しました。

象牙の主な仕向け先となっているのは中国です。
2011年以降、日本から違法に輸出されたことが確認された2.4トン以上の象牙のうち、95%が中国で押収されています。
さらに調査の結果、日本の国内規制と法の執行状況が、こうした実態を取り締まる上で、極めて不十分な水準にあることも明らかになりました。

一方、中国では、2017年12月31日をもって、自国内の象牙製品の製造・販売・取引を原則禁止する政策を実施。
しかし、WWFとトラフィックによる消費者調査(2017年6月から11月にかけて15の都市で実施)の結果によれば、取引停止の政策を認識していたのはわずか19%で、政策について知らされた後「思い当たる」と回答した人も46%にとどまるなど、政策が十分認知され、徹底されるまでは時間を要するものと考えられます。

こうした状況の中、日本をはじめ諸外国が中国に向けた違法な象牙輸出の温床となる事態は避けねばなりません。
日本では、今後、東京オリンピック・パラリンピックに向けた外国人旅行者の更なる増加に伴い、違法輸出の問題が一層深刻化することが懸念されます。

WWFジャパンは、日本政府が早急にこの問題に対処し、ワシントン条約の締約国としての責務を果たすよう、強く求めています。


【関連資料】各省への要望書(PDF形式)

 

 


◇ ◇ ◇




象牙の国内取引は「種の保存法(正式名称:絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)」によって規制されていますが、取引に際して、合法性の証明(登録票)が求められるのは、全形象牙のみです。
加工されたアクセサリーなど個々の製品は、証明などの取得が義務付けられていません。

日本の国内市場のさまざまな販路を通じて象牙の違法輸出が行なわれ、国内の事業者もこうした動きに加担し、そこから利益を得ている日本。
 

 




象牙に限らず、観光地では、外国人客をターゲットにして、商品を「売って売って売りまくる」といった醜い光景が散見されます。しかも、「日本人みんな食べてる、使ってる」といった嘘を平気で言っています(外国人観光客のバスのルートになっている場所など)。

売れればいい、利益が上がればいい、そんな詐欺まがいの利己的な商売をしなければ、象牙は売れないのではないでしょうか。

 

日本政府は、象牙の国内市場閉鎖を拒んでいます。
WWFジャパンが日本の象牙問題を正式に認識したと思われる今回の発表。今後どんな影響があるか期待されます。

 

 

 

 

野生動物の犠牲をやめよう /
11月15日から狩猟解禁の日本列島

JUGEMテーマ:ペット



宮城県内で一斉に狩猟解禁

カモ類やイノシシなどを散弾銃などで捕獲する狩猟が15日朝、県内一斉に解禁され、さっそく獲物を狙うハンターの姿が見られました。
宮城県では、毎年11月15日に銃や網、それに罠を使って野生動物を捕獲する狩猟が解禁されます。宮城県大和町内のため池周辺でも、日の出とともに、県知事から狩猟が許可がされている地元の猟友会のメンバーが散弾銃を使ってマガモなどの獲物を狙っていました。
県内で狩猟ができるのは、カモ類やキジ、それにイノシシなどで一部の野生動物を除き2018年2月15日までが期間となっています。


〜転載 ここまで






「安全で楽しい猟ができればいい」と話す猟友会のメンバー。銃声が鳴り響く自然界。狩猟が解禁され、ぞっとするような銃声が響き渡り、罠が仕掛けられ、あちこちで野生動物たちがもがき苦しみ死に至る。そんな光景が、この冬に繰り広げられる。


野生動物の犠牲をやめよう /
死に瀕したチンパンジーと「旧友」の感動的な再会

JUGEMテーマ:ペット



死を間際にしたチンパンジーが「旧友」との再会で満面の笑み【映像】
AOL News Staff
2017年10月21日 11時55分

何も食べようとせずほとんど動けない状態のチンパンジーが、自分に会いに来た懐かしい人間の友を見て、力を振り絞り満面の笑みで応えた。

 




2016年に撮影されたこの感動的な動画が現在、SNSで再び話題になっている。末期的病状の59歳の雌チンパンジー、ママはオランダ・アルンヘム市のロイヤルバーガーズ動物園のスペースで静かに横たわっていた。しかし、1972年に同園でチンパンジーの集団を形成する際にママと出会ったヤン・ファン・フーフ教授こそ、ママがまさに必要とする「薬」だったのだ。

動画では、ファン・フーフ教授がママに近づき、脇腹を優しくなで始める。ママは初めのうちは反応を示さなかったものの、彼の存在を認識した瞬間に表情を輝かせ、この上なく優しい笑顔を浮かべたのだった。

悲しいことに、その感動的な再会から約1週間後にママは旅立ったが、ママの思い出は関わった人たちの中で生き続けている。

ママを研究した行動学者のフランス・ドゥ・ヴァール氏は、「並外れて攻撃的、支配的な性格だったので、権力を握りたい雄もママの周りではそれができませんでした。また、ママは緊迫状態を和らげたり、対立を仲裁したりもしました。大変惜しまれます。私としても、人間と類人猿のどちらにおいても、これほど見事な性格の持ち主にはめったに出会ったことがありません」と偲んでいる。

■参照リンク
http://www.aol.com/

〜転載 ここまで

◇ ◇ ◇



どんな心の会話を交わしたのだろうか。
人も人との関わりの中でしか生きられず、動物たち(ヒト以外の動物種)とのふれあいの中でも、確かな絆ができていれば、それは人間関係を遥かに超える友愛が結ばれ紡がれている。

 

野生動物の犠牲をやめよう /
<< / 2/13PAGES / >>