S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































象牙市場をなくすために。報道の意識から変わろう
JUGEMテーマ:ペット






象牙の市場価値は高く、1kgあたり50〜100万円だと言われています。

1頭の象の牙で、1000万円ほどの価値があることになります。

 

 

市場価値を決めているのは、私たち。

人間が欲しがらなければ、象は殺されません。

需要がなければ、供給は生まれません。

資本主義経済では、お金が入らなければ、だれも売ろうとはしません。

 

世の中に象牙が出回らないような社会に、世界にしていきましょう。

 



 


日本のテレビで放映して視聴率を稼げる動物のナンバーワンは、ゾウらしいのです。しかし、そのゾウが密猟で命を落としている事実は、話題性がなくて知らなくていい問題だと、テレビ局は判断しています。

ビッグイシューで連載の滝田明日香さんの記事によると、象牙消費国である日本のテレビ局に、何度も象牙密猟問題を取り上げてほしいと問い合わせしても、興味を持ってもらえないといいます。

そして、そのテレビ局からの唖然とした返答のうちの3つを紹介すると…

 


「今、国民が知りたいことではない。話題性がない」
「密猟は前からある。それをなぜ、今、取り上げる必要があるのか、理由が足りない」
「問題の内容が西洋人っぽいので、日本人にはウケない」

 


社会の闇の部分がなくならないのは、ジャーナリストたちが新しいことや話題性だけを情報提供すればいいと思っているからです。


でも、マスコミからの情報をあてにしなくても、私たちは、社会の問題を改善しようと、行動できます。社会の闇に光を当てようと行動することもできます。


象牙密猟問題は、古い問題かもしれないけど、その古くからある問題が改善されないことが、一番の問題ではないでしょうか。
しかし、真に問題なのは、視聴者である私たちの意識の向け方、関心の矛先なのかもしれません。
 

 


参考:
ビッグイシュー日本版220号(2013.8.1)
滝田明日香 ノーンギシュの日々 139 ケニア・マサイマラから
 

 

象牙 | ねこまる | 22:47 |
ケニアの象牙密猟:アジアの象牙需要が生む悲劇
JUGEMテーマ:ペット



(象牙はゾウの頭蓋骨を目の辺りまで切り刻まないと、取り出せない)

 


ケニアでの象牙密猟の現実が、ニュースで報道されました。

◆ケニアで急増する象牙密猟

アフリカの中でも著しい経済成長で注目されるケニア。一方で、豊かな自然に恵まれた野生動物の宝庫としても知られている。ケニアでここ数年、急増する象牙密猟の現実を取材した。FNN-news



中国での需要が異常なほど増えていることが、象牙密猟増加の背景にあります。
象牙はホワイトゴールドと呼ばれ、富の象徴として求める人がいます。

中国のアフリカへの進出、そして中国で急増する富裕層の存在。
しかし、象牙密猟に加担しているのは、日本も同じことです。


印鑑(ハンコ・判子)に使われる象牙(水牛の角も)。ピアノの鍵盤や麻雀パイのためにも使われています。そして、富裕層が求める象牙の置物・装飾品など…。
日本も、無関心でいていい問題ではありません。

 





毒矢をさされ、確実に心臓を止められ死に至るゾウ。
罠にかかり、食用として殺されるカバ。


罠は、無差別殺人器だと、自覚することが必要です。

その罠にかかり命を落とす、あらゆる種類の無数の動物たち。

 


首都ナイロビにある、中国資本の高級ホテル。IFAWが各部屋に置いている野生動物保護のパンフレットには、こう書かれてあります。


「(象牙の)購入を拒んで、初めて殺戮が食い止められる」
「象牙製品に“NO”と言おう」

 


私たちは、全ての動物製品に、NO瓩噺世事ができます。
動物製品の購入を拒まなければ、殺戮を食い止めることはできません

 


「買わなければ、殺戮を止められる」
これは、簡単なことです。購入をやめればいいのです。食べなければいいのです。使わなければいいのです。

一人からできること。そして確かな一歩です。
みんなが、一人ひとりがそう思い行動すれば、実現します。
そして動物たちは、苦しみから解放されます。

 



 



アフリカゾウの涙


私が毎月購入している「ビッグイシュー」という路上販売の雑誌があります。
それに、このテレビに出ていた保護区の獣医師である、滝田明日香さんのコラムが毎号載っています。



とても悲しい野生動物たちの虐殺。その真実を、私たちは知りましょう。
遠い国で行われている悲しい現実。

動物たちや現地の人間の苦しみ。

私たちにとって無関係な問題ではありません。

 

 



https://youtu.be/g_h32_EWJjQ

 

象牙のために親を殺され、親を失った子象。
親を失った子どもは、そのままでは生きていくことが出来ません。

親を殺すことは、その家族や仲間を悲しませることです。
親だけではなく、子どもや赤ちゃんを殺すことにつながります。

身の回りに溢れる動物製品、または動物を使った商品開発、動物園や水族館等の娯楽等など、それは、必ずしも必要でしょうか。
私たち人間が生きていく上で、動物を自分たちの利益に適う資源として利用し続けることが、このまま続けられてもいいことなのでしょうか。

必ずしも必要ではないもののために、動物たちを搾取し続ける理由はありません。



一度、考えてみてください。
動物達は、人間に利用されるために生まれてくるわけではありません。
彼らの生まれた場所で、家族を作ったり生活をし、その一生を終えるために、人間と同じように、生きています。そして、生き続けたいと思っています。

それは、人間と何ら変わりはありません。




 

象牙 | ねこまる | 16:27 |
<< | 2 / 2 PAGES |