S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< VEGAN対応!お徳用のカレールウ | | 初イタドリ!イタドリ食べました! >>
文明は実験だった!? 『サバイビング・プログレス−進歩の罠』
JUGEMテーマ:映画

人類5万年の進歩の先にあるものは…?
『サバイビング・プログレス』




映画『サバイビング・プログレス―進歩の罠』、観てきました!

狩猟時代からそのままの人類の本能は止めどもない発展を追い求め、自然の富を奪い、文明を滅ばせては新たな文明を興し、その繰り返しで現在に至っている。私たちの文明はいまや危機的な状況にあるが、自然の犠牲をもとに生活している先進国の人間の、より責任ある行動とは?お金が力を持ちすぎた社会の中で、貧困や飢餓、紛争、環境破壊を生む原因は何かを明らかにしながら、問題解決への糸口を探るドキュメンタリー。

バックアップ用の地球は存在しない

もはやモンスター化した資本主義経済は、ほどほどということを知らないし、奪い続けることを止めない。精神性や倫理観を進化させないまま、経済優先で技術だけを進化させてしまっていることの弊害は多岐に及ぶ。

映画には、明確な答えの提示はありません。しかし、これからは幸せや倫理観が中心となる社会にしていくんだという決意が込められています。そのためには、私たち一人ひとりが現実をシビアにみて、長期的な視点で考え、次の世代のためにどう行動していくかという問いかけをしていくことが重要です。


文明は実験

人類は、広大なスケールで人間本位に興味の赴くままに実験をしてきた。でも、もう止めよう。限界を知ろう。しかし、自然は母なる大地で生きていく上で重要だとわかっていても、自然を破壊しなければ、それを仕事にしなければ生きていけないという現地の人の現実に、これからどう向き合っていくか。これは、一人ひとりの生活の仕方、意識の持ち方、または意識の変革にかかっています。


人間よ、目を覚ませ!
この言葉が、ピッタリのように思います。

イギリスで作られた、ポール・マッカートニーさんが解説の動画です。


【地球を貪り食う  Devour the Earth  日本語字幕】

『サバイビング・プログレス〜進歩の罠』では、「肉食をやめても解決しない」というような言葉がありました。もちろん、エネルギーの節約は大切なことですが、肉食も問題視されるべき重要な項目であるのでは…???

これからますます裕福なライフスタイルを目指す人々が出現し、先進国が無地蔵にエネルギーや資源を使い果たしてきた社会は、やがて大惨事に直面することになることは明らかです。


地球環境問題について | ねこまる | 22:09 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 22:09 |