S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 原発警戒区域からのペット救済方針 | | 原発警戒区域のペット連れ出し決まる >>
計画的避難区域の家畜連れ出しの方針
JUGEMテーマ:ペット


<ALIVE-newsより転載>

計画的避難区域の家畜連れ出しの方針

今後、原発から計画的に避難する地域の家畜については、肉牛のみは受け入れ先がほぼ決まったようですが、乳牛は食肉処理されるとのことです。

通常、肉牛は生後2年にも満たないうちに食肉処理場に送られます。乳牛は、人工授精で4回くらい出産させられたあと、これもわずか6〜7歳で「老廃牛」とされ、安価な食肉として処理されます。
家畜の場合は、生かすにしてもすぐに悲しい運命が待っています。

----------以下----------

【福島第1原発:避難区域内の牛 24都道府県「受け入れ」】
毎日jp(毎日新聞):2011年5月10日 0時59分
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110510k0000m040139000c.html

福島県の計画的避難区域内の家畜牛について、全国24都道府県が受け入れの意向を示していることが9日、農林水産省の調べで分かった。区域内には約9300頭の牛がいるが、受け入れ可能数は計1万頭程度に上る。

福島県は、繁殖用の牛はなるべく別の場所に移動させる方針だが、移動先の希望は近隣に集中するとみられ、調整は難航も予想される。
肉牛は家畜市場への出荷を促進、乳牛は基本的に食肉処理する方向だ。

農水省によると、飯舘村、葛尾村などの計画的避難区域に、東日本大震災前には約9300頭の牛がいた。内訳は繁殖用牛が約1900頭、肉牛が約6300頭、乳牛が約1100頭。区域内の畜産農家が移動先の確保を要望していた。(共同)
 

 


NPO法人地球生物会議(ALIVE)事務局
http://www.alive-net.net/


 

東日本大震災 被災地動物情報 | ねこまる | 16:26 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 16:26 |