S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< Dear,こげんたちゃん この子猫を知っていますか? | | 計画的避難区域の家畜連れ出しの方針 >>
原発警戒区域からのペット救済方針
JUGEMテーマ:ペット


ALIVE-newsより転載

原発警戒区域からのペット救済方針

経産省:原発警戒区域への一時帰宅希望者の受け付け開始。
環境省:ペットは別枠で全頭保護の方針


◎原子力被災者への支援について−(METI/経済産業省):
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/kinkyu.html

 

5月10日以降を目途に、川内村、葛尾村、及び田村市において順次実施。南相馬市、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町については、5月13日に開設される予定の「福島県警戒区域一時立入り受付センター」において立入り希望者の募集を受け付け、5月下旬頃から順次実施します。



【代理人可、車持ち出しは別途 一時帰宅の大筋明らかに】
MSN産経ニュース:2011.5.5 17:41
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110505/fks11050518300001-n1.htm

 

東京電力福島第1原発から半径20キロの「警戒区域」に指定されている地区の住民の一時帰宅について、政府は5日、実施内容の大筋を明らかにした。一時帰宅が困難な高齢者らには代理人を立てることを認めるほか、自動車の持ち出しやペットの連れ出しは一時帰宅とは別に実施する。国は今週中にも一時帰宅の最終案をまとめ、来週以降の早期実施を目指す。




藤野真紀子氏(元衆議院議員)のブログ記事
環境省南川次官と渡辺局長に現状と今後の方針について確認。
2011-05-06 19:04:18
http://ameblo.jp/makiko-fujino/entry-10883375658.html
一時帰宅とは別に、全てのペット保護避難を特別オペレーションで順次行う方針。シェルターも何カ所か候補地検討中とのこと。

環境省としての目標は全頭の保護。
2011-05-07 08:25:52
http://ameblo.jp/makiko-fujino/day-20110507.html


原発警戒区域内を国会議員とともに視察した今本さんのブログ
◎新庄動物病院の掲示板:
希望のないところに、どうして復興の芽が生えるでしょうか?:
2011/5/6(金) 午後 8:14
http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/62771568.html



NPO法人地球生物会議(ALIVE)事務局
http://www.alive-net.net/

 

 



歴史的な価値があると認められれば、半径20キロ圏内でも馬が運び出されます。
牛や豚たちは、運び出されることなくそこで餓死寸前に生き延びています。
まるで通常の豚とは思えない、犬のように痩せ細った母豚に、震災後に生まれた子豚が母乳を必死で飲もうとしています。

人がいなくて、動物が死んでいる町…。

こうした状況を作り出したのは、自然でしょうか?
天災が引き起こしたものでしょうか?


人間だったら、すべての命が救い出されます。
命が絶たれていても、待っている家族のために出来る限りのことをします。


いのちの優劣をつけて、助けだす命とほおっておかれる命。
人間に有利な順位で、命の優劣がつけられます。
動物たちは、人間に都合のよい価値基準、判断基準で命の優劣をつけられます。

人間がいつまでたっても、自分たちに有利なように都合よく動物を利用している限り、動物たちに安楽な世界は訪れません。


今回の震災や原発、人災において、私たち人間が考えるべき(改めるべき)ことはたくさんあります。

人間が食べるために、この世に誕生してくる動物の命のことを考えてみましょう。人間側が利己的な理由で作る命のことを。

そして、動物を利用することが減り、搾取しない世の中へと変わっていきましょう。

動物たちを人為的にこの世に誕生させ、苦しめ、そしてその命に対しての責任が持てないのなら、生み出すことはとても無責任だとはいえないでしょうか。

動物たちに対して、酷なことをしているとしか思えません。


 

東日本大震災 被災地動物情報 | ねこまる | 15:28 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 15:28 |