S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 地域に世界に「愛」贈る〜チョコっと社会貢献&フェアトレードチョコ | | カイラスレストラン!京都の築100年の町屋改装カフェ >>
ベジになってエコを実践☆ヴィーガン食は温室効果ガス削減コストを80%減!

JUGEMテーマ:エコライフ


食生活を変えて地球の気温を下げる!
ベジになってエコを実践♪



先日の13日(日)は、非営利市民活動グループ「SOS地球温暖化を考える会」主催の「SOS ストップ地球温暖化セミナー」に参加してきました。

このセミナーは、通販でお世話になっている「妖精の森」さんからのお知らせで知りました。ヴィーガン、ベジタリアンに関する有益な情報が得られるということでしたので、これはぜひ行ってみたいと思って、京都市北文化会館まで足を運びました。

当日は、映像を使った情報提供、配布資料、パネリストによるディスカッションなど1時間40分で盛りだくさんな内容でした。

この会で、セミナーで訴えたいことは、「肉食によって排出されるメタンガスが、温室効果ガス総排出量の51%を占め、人々が話題にしているCO2より温暖化を加速している」ということです。
しかも「メタンは短命であるので、それを排除することは、長期間大気に滞在するCO2をなくすことより、より早く、効果的である」のです。
もはや「かなり危険な状況にある地球を救うために、ベジタリアン、ヴーガンの選択が最も役立ち、地球温暖化阻止に繋がる」ということです。


地球環境のために、「肉を食べない」選択をしている人が増えているといいます。

 

 

エコカーよりもハンバーガーを食べないほうが温暖化防止に貢献!?
従来の宗教的、動物愛護的思想とは異なる新ベジタリアンが急増中!

 


この事実を、知っていますか?
そう、「環境系ベジタリアン」が増えているというのです。
彼らが「肉を食べない理由」とは?

 

「私の試算では、日本人が一週間に一度食事を抜くことで、年間700万tのCO2排出を抑えられます。とりわけ肉食は穀物食に比べて約10倍のエネルギーが必要となる場合もある。誰でもできる温暖化対策として『少食と肉食削減』の効果は大きいと思いますよ」

 

「畜産業界が温暖化、土壌・水質汚染、食料危機の最大の原因だということがわかってきてからです。
マイバッグを持って肉を買ったり、マイ箸で肉を食べている人たちは、その矛盾に気づいていません。環境保護団体の打ち上げを、焼き肉屋や焼き鳥屋でやるっていうのは笑えないギャグですよ

 


「肉をやめられるかどうかは、人類が狄焚修垢覘瓩燭瓩僚斗廚淵蓮璽疋襪覆鵑犬磴覆い」という人もいます。
食べたい、でも様々な問題がある。それを知ってもなお、肉食を続けるかどうか。見えない、聞こえないふりをするか、考えることをやめるか。
一人ひとりが問われていることなのです。

 


◇  ◇  ◇

さて、このセミナーでは、嬉しいことに、無料で「ヴィーガンカフェ はぁとっぷる」さんのミニ弁当が頂けました!ぴかぴかぴかぴか



畜産業の排出する温室効果ガスは総排出量の51% ビーガン食は温室効果ガス削減コストを80%減
とラベルに書かれてあります。




ビーガン食の良さを知ってもらいたいと、無料で配布されたお弁当。
大豆ミートのフライやキンピラ、温かな愛情と真心がこもったお弁当。それはそれは美味しかったです♪ごちそうさまでした。


環境のことや飢餓の問題解決には、より環境負荷の少ない食生活が必要だということで、セミナーでは「オーガニックヴィーガン」を推奨されていました。

なにも、ベジタリアンやヴィーガンに転向するということは、宗教的、動物愛護的な意味合いからではなくても、地球に生きる私たち一人ひとりに、その発想や習慣の転換が求められていることなのです。


セミナーの最後に言われていた言葉、「人間の本性は愛ではありませんか」!

この言葉に、深く頷かずにはいられませんでした…。
どうか、人類一人ひとりが、真に愛ある選択をされることを願います。

 

 

 

地球環境問題について | ねこまる | 17:02 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 17:02 |