S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< グローバルフォーラム京都会議より〜セヴァン・鈴木の閉会の辞 | | ココナッツミルクで作るタイカレー♪☆VEGAN >>
学校のウサギ飼育 「理想」と「現実」☆推進派獣医師の目論み
JUGEMテーマ:ペット

MBSテレビVOICE(6月30日)で、学校飼育のウサギに関する特集が組まれました。
以下、番組の内容を紹介したいと思います。




学校飼育で子どもたちは何を学ぶのか。

学校内の小屋にあふれかえるウサギ。
命の尊さを教える授業がある一方、その足もとで繰り返されている過剰な繁殖と無残な死。
現役教師は、「すごい数。わちゃわちゃいる感じ」「もうちょっとちゃんと見てあげようよと言うと、基本的には嫌われる」と明かす。


教育の現場が抱える理想と現実。

なぜ、ウサギが飼われているのか?

文部科学省によると、子どもたちが小さな動物に接することで命の尊さを学ぶという教育のため。しかし、実際にはそうともいえないところもある。

大阪府内(高槻市)の公立小学校。
4年生以上が日替わりで飼育を担当。
性別が分かった段階で雄と雌を別々に分けて飼育している。

ウサギは繁殖率が高く、年に4〜8回も出産するため、雄雌が一羽ずついると、一年で100羽近くにも増えてしまう。
この生態を詳しく知らず、とんでもないことになってしまった学校もある。

兵庫県明石市の女性は、3年前の選挙の投票のために行った近所の小学校で異様な光景を目にしたという。
ウサギや赤ちゃんウサギが合わせて15羽。小さな小屋でウサギとウサギがぶつかりそうな感じ。2、3歩ピョンピョンと跳ねたら他のウサギに当たる。

無雑作につぎ足されたえさ。水入れもドロドロ。あまりにもウサギが可哀想だと、避妊・去勢手術を提案したが、学校側の対応はにぶく、当初15羽だったウサギは、わずか2ヶ月あまりで30羽に増えてしまった。

小学校の校長は「たくさんいたので、子どもたちも毎年小さな赤ちゃんが生まれかわいいということで、問題を感じていなかった」というのが実情。
その後、去勢手術をしてもらった獣医師から、この小屋の大きさでは5羽程度が適正と言われ、近くの幼稚園や一般家庭に増えすぎたウサギを引き取ってもらった。
さらにえさも改善し、それまでの野菜のヘタや給食のパンだけでなく、今はボランティアが送ってくれる専用のえさや牧草などを与えている。

「命がなくなるのは子どもたちにとっても悲しいことだったと思う。そういう意味では問題があったと思う」と校長は話す。

◇ ◇ ◇

では、なぜそもそも学校でウサギを飼育しているのか。

その歴史は第二次世界大戦中にさかのぼる。
食糧や毛皮の確保のため、当時の国は繁殖率の高いウサギを学校で飼うように勧める。1992年、旧文部省が小学校低学年に「生活科」を導入。今度は命の尊さを教えるための生きた教材を取り入れることになった。その目的に現場がついていけてないのが現状。


明石市の「動物死体処理受付票」には、公立の幼稚園や小学校から5年間に引き取った死んだウサギの数が記録されている。
狎犬泙譴燭个りのウサギ 4羽
爛Ε汽 箱入り いつもの場所

引き取ったウサギは5年間で300羽。中にはたった1校で60羽ものウサギを死なせた学校もあった。
命の尊さを教える学校でなぜこのようなことが起きるのか。


大阪府内の公立小学校の元教師は、国や教育委員会の方針とは裏腹に現場の教師は、子どもや保護者への対応に追われ、ウサギの世話まで手が回らない状態だったという。
自分の学校に動物が何匹いて、このウサギは何歳なのかほとんど誰も知らない。寿命で死んだんやろう。減って良かったなぐらいにしかみんな思わない。

また、別の現役教師はきちんと飼おうとしても「予算がない」の一言で片付けられてしまうと証言する。
子どもが鼻をけがしたウサギを連れてきて「先生、血でてる」といい、管理職に病院は近くにあるかと聞いたら、「戻しときや、小屋に」と言われた。「連れて行くお金も無いし、行く必要もないやろ」

エサがなくなって買ってほしいと言っても、1週間、2週間は買ってもらえなかったこともある。

実際、大阪府が調査した41の市町村のうち10の自治体がエサ代の予算すら設けておらず、治療費や避妊・去勢手術の費用に至ってはおよそ6割の自治体で予算化されておらず、教職員の個人負担や獣医師のボランティアに頼っている。


その一方で、文部科学省は来年度から学校動物を使った命の尊さを教える教育をさらに強化すると発表、これまでは動物園のふれあいなどでも許されていたが、今後は「学校で何らかの動物を飼って低学年の児童に飼育をさせるよう義務付け」とした。

文科省教育課程科田村学調査官は、「実際の現場を見ると単発的になっていたり短時間の触れ合いになっている。子どもが自分で飼育活動を行わないことがあった。そういったものを少し継続的に自分自身で育てられるようにしてほしい」

しかし、劣悪な飼い方をしている学校については「国主導で解決すべきことではなく、あくまでも各自治体で知恵をしぼってほしい」「何を飼うのか、どのような飼い方をするのかは学校が判断して進めることができるので、教育委員会と話し合って環境を改善してほしい」と話す。


改善の動きも出てきた。
兵庫県尼崎市では、学校からウサギの飼い方がわからない、増えすぎて困っているとの声が相次いだことから、飼育担当の教師を集め獣医師による講習会を開いている。


学校現場で渦巻く理想と現実。子どもたちの教育にとって何が大切かを改めて見直す必要がありそうだ。
きちんとした飼い方を大人が示していかなければ、逆に命の軽視につながってしまうおそれがあるのではないだろうか。


毎日放送 VOICE 6月30日牾惺擦離Ε汽から何を学ぶ?






学校での動物飼育はほとんど虐待状態

小学校における動物の飼育には、様々な問題があります。
みてきたように、飼育状態はほとんど虐待であるといってもよい状態が現実に存在し、教育委員会などの対策も現実離れしていて、実効性がないものとなっています。

また、小学校教師による狎犬埋め疆の虐殺や、全国各地で学校飼育動物に対する虐待事件が起こっています。
こうした故意の虐待ばかりでなく、飼育動物に対する無知、無関心、無責任というネグレクト(飼育怠慢)が行われています。

こうした現実に対してこそ、教育が正面から取り組まなければならないのに、国は自治体任せで土台も整っていないのに、学校飼育運動を推進しています。


実際は、ウサギはとても飼育が難しい動物といわれ、学校飼育には適さないのに、ウサギの学校飼育は拡大の動きを見せています。
実は、そこには学校飼育推進派の日本獣医師会の獣医師たちの存在があることが明らかになっています。結果的に多くの家庭で動物が飼育され、自分たちの利益が増える、儲かることが狙いです。そこには、動物に対する命の尊厳のかけらもありません。そんなウサギや動物にとっては迷惑で命の危険や虐待行為が及ぶ「学校飼育運動」、推進する必要があるのでしょうか。


学校飼育動物たちには、地域の方々の目が必要です。
運動会や体育祭、選挙の日など学校に行く機会がある時に、自分の校区の小学校で飼われている動物に注意を向け、観察してみて下さい。



学校の動物飼育 | ねこまる | 12:44 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 12:44 |