ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS

にくきゅう手帳

ベジレシピ
クックパッド

ゆるベジなキッチン
お買いもの♪


わらべ村
MITOKU
妖精の森
SHOP MOJO MOJO
つぶつぶカフェ通販
三育フーズ
かるなぁ
オーガニック生活便
アリサン オーガニックセンター
Ohsawa japan
リマ ネットショップ
macrobiotic marche



★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。

〜シルバーバーチ〜
★LINKS★
くろねこドットコム
猫ママの独り言
かりん暮らし
あんず暮らし
菜食生活 超健康!太陽のまなざしへ
片目のメイサ
戦う仔猫 ちびすけジョー!
星と月と旅人のヒトリゴト
ITP(特発性血小板減少性紫斑病)完治への道
ボクちびデニちゅ〜
みんなしあわせベジライフ
犬と菜食日記〜雨が降ったらまた明日
Bluez Planet
ほぼVegan、ややRawFoodist。
ひかり ゆらゆらの 神来電鈴を打ち鳴らせ
チモッキ
ゆるりとベジ生活を
hanako生活
チェルシーとnekoのブログ
Vegan Createve Power
スピリチュアルラジオ局Go vegan!!
ネルコのブログ
violog



あっぷるぱいん
まったりほんぽ
ふわふわ。り
BOUS




●コメントは承認制となっております。内容によっては、お答え出来かねる場合や削除させていただく場合もありますのでご了承下さい。


●当サイトはリンクフリーです(※ただし、動物の命を軽んじる方は対象としていません)。


※動物の権利を守ろうという意志のある人はすべてが活動家です。



活動するのに特別な技術や超人的な能力は必要ありません。動物に関心を持ち、彼らを救いたいと望む心が大切です。

活動が生活の一部となるようにしましょう。
クルーエルティ・フリーのライフスタイルを選択するということは、ほんの小さな一歩から始まります。この一歩こそが、これからの未来を変える大切な一歩となります。

黒猫ちゃんと遊んでニャ♪


★猫にやさしいイベント★

最新イベント10件表示されます。詳細は「イベント情報」クリック




RECENT COMMENT
ARCHIVES
OTHERS

<< 牛の親子の絆は強い! | main | 食品添加物と郡司篤孝氏 >>
フォアグラの生産過程をみると
JUGEMテーマ:日記・一般



フォアグラは、ガチョウやアヒル(カモ)の肝臓を、おぞましい方法で肥大させたものです。

これは何も現代特有の悪習ではなく、昔の人々も残酷に扱ってきました。

イギリスの歴史家キース・トマスの『人間と自然界――近代イギリスにおける自然観の変遷』に次のように書かれています。

バタリーケージ式の飼育方法は20世紀の発明ではない。
しばしば家禽や猟鳥を暗闇に閉じ込めて太らせ、ときには目を見えなくさせることもあった。

ガチョウは足の水かきを床に釘で打ちつけたほうが肉付きがよくなると考えられていた。
また17世紀の一部の主婦の間では、生きた家禽の足を切りおとす習慣があった。そのほうが肉が柔かくなると信じられていたのだ。


では、現代ではどうでしょう。

フランスやハンガリー、アメリカでは、トウモロコシと脂肪、塩を混ぜた配合飼料をガチョウとアヒル(カモ)の食道にポンプで流し込んで、フォアグラを生産しています。

近年ではアヒルが多く使われていて、フランスで生産されるフォアグラのうち、ガチョウのフォアグラは5%に満たないそうです。




フランスでは、ほとんどの地域で機械化による強制肥育が行われていて、最低でも16日間(あるいは28日間)もの間、金属製の管からガチョウの食道に飼料が送り込まれます。
12日目までは日に3回、それ以降は3時間ごとに夜も休みなく給餌されます。

アヒルとガチョウの30%がフォアグラ目的でこのように強制肥育され、フォアグラ用のアヒルの大半はポンプ式の装置で餌を押し込まれています。このポンプ式の自動給餌装置は、アヒルの食道に3秒間で約500gの餌を流し込みます。

体内リズムを崩す目的で、アヒルやガチョウを暗闇に近い状態で拘禁しているところもあります。




また、フォアグラ用に飼育されているアヒルの80%は、1羽ずつ狭いゲージに閉じ込められているため、立ち上がったり、体の向きを変えたり、翼を大きく広げることもできません。

多くのアヒルは、餌の食べすぎによって胃が破裂して死んでしまいます。




4週間にわたって強制肥育されたアヒルの肝臓は、通常の6〜12倍にも肥大します。それはまるで白くてしみの浮き出たメロンのようだといわれています。

肝臓はひどく肥大して障害を起こしていて、肝細胞は脂肪変性を起こしています。




鳥たちは深刻な肝臓障害のため、立つのがやっとでほとんど歩くこともできません。
ストレスから自分の羽をむしり取ったり、共食いしたりするものもいます。

一人の作業員に500羽もの鳥が割り当てられ、作業員たちはより早く餌を与えるために管を無理やり通し、そのため食道には穴が開いています。


/

この鳥のくちばしは、パイプを乱暴に押し込まれた時に折れてしまったようです。




フォアグラ生産や食肉に使用されるガチョウやアヒルは、殺される時には逆さに吊るされ、たびたび意識のあるまま、喉を切られます。


このようなとてつもない犠牲を鳥たちに強いて出来上がるのが、フォアグラです。
食通を唸らせる珍味としてもてはやされていても、それは苦痛にさいなまれた不健康な鳥の病変組織にすぎません。

日本では、フランス料理店のみならず、イタリア料理店のコースメニューなどにのっていて、リーズナブルな価格で食すことができます。高級食材スーパーでも、手軽に手に入れることができます。

なぜか、フォアグラがどのように作られるのかを知る人が増えているにもかかわらず、1990年以降、フランスのフォアグラ生産量は2倍に増えています。

どうすれば、野蛮で残酷な方法でフォアグラをつくったりするのをやめることができるのでしょう?





水鳥は、渡り鳥なので、秋から春にかけて大量に餌を食べて脂質を蓄えようとします。
肝臓は最大で2倍の大きさになりますが、すぐに正常な大きさに戻ります。本来なら、肝臓を損なうほど食べることはありません。


肝臓(フォアグラ)が好きだという、あるフランス人農夫は、残酷きわまりない飼育法を「それは非情なことでも何でもなく、ガチョウの生まれ持つ性質を利用しているにすぎない」と言いました。
マグロンヌ・トゥーサン=サマの『世界食物百科』など、フランスの食物史を記した文献には、「強制肥育を考え出したのは、まぎれもなくガチョウ自身である」といった記述がよく出てくるそうです。


人は、生きていく以上は、他者の立場に立つことを覚えなければいけません。
私たちは「動物の立場に自分をおく」という思考作業をあまりにも忘れてしまっているようです。
おびただしい数の動物がひどく苦しんでいるのはまぎれもない事実であり、「くだらないことだ」と一蹴できる問題ではないはずです。


殺すために飼育はできても、彼らの感情までは支配できません。
動物は記憶し、苦しんだり、深く悲しんだりします。
苦しみの度合いを狄祐屬両豺腓禄鼎畊佑┐董↓狷以なら軽い瓩塙佑┐襪海箸蓮間違っているのではないでしょうか。

あらゆる家畜の苦しみはそれぞれが異なり、人間と同じように重く、そのほとんどが言葉で言い表わせるものでも、説明できるものでもありません。


家畜動物たちは、野生の祖先から引き継いだあらゆる感情を表現する場を与えられず、生活する場も、本来の習性を徹底的に無視した牢獄のような監禁システムのなかで、本能を満たせずに、どれほどの苦痛を感じていることでしょう。

生得権を奪われれば、残るのは激しい喪失感だけです。無力さは、底知れない深い悲しみを生み出します。
彼らは、混乱と欲求不満に陥り、失意に打ちのめされていることでしょう。
だからこそ、その事実を私たちは考える必要があるし、苦しみから目をそらすことがあってはならないのです。


今こそ私たちは、自分たちの行いを改め、考え直すべき時なのではないでしょうか。



≪参考≫

●I LOVE PETA フォアグラ生産

●Sonomaフォアグラで撮られた潜入ビデオ

●フォアグラ生産の様子 GoVeg.com Photo Gallery

●フォアグラ生産の記事・ビデオ




 豚は月夜に歌う―家畜の感情世界
豚は月夜に歌う―家畜の感情世界



肉食・工場畜産について / comments(20) / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
フォアグラには昔から興味がなくて食べたこともなく、
どういう風に作られるのかなんて考えたこともなかったのですが、
想像を絶する酷さですね・・・
う〜ん・・・人間ってなんて恐ろしい生き物なんだろうと思ってしまいました。
でも人間がやっていることである以上、人間が止めなきゃいけないですよね。
* ゆみこまめ * 2008/11/13 11:27 AM
私も前にフォアグラのこと取り上げましたが
ねこまるさんの写真もひどいですね。
くちばしが折れている鳥は泣いているようです。
どんなにか痛いだろう、どんなにか辛いだろうと…
心が痛みます。

これからの時期、クリスマスディナーには
フォアグラが使われることが多いです。
なんとかしてこんな醜い飼育方法をやめてほしいと願うばかりです。
* nacco * 2008/11/13 12:35 PM
★ゆみこまめさんへ♪

私もフォアグラは食べたことありませんが、残酷な食べ物ですよね。
強制肥育といってしまえば簡単に聞こえるけど、無理やり残酷に太らせて病気にさせて、その病変組織(肝臓)を食べるというのは、考えてみれば人間はどうやって思いついたんでしょうね?
そしてその飼育方法も残酷とは思わず、フォアグラがおいしくておいしくてたまらないと思っている人も多いのかもしれませんね。
強制肥育は、国によっては禁止をする国も出てきたようです。でも、ここで取り上げたフランスは、文化だと思っているようです。
人間がやっていることだから(人間しか思いつかないことです!)人間が止めるしかないんですよね。
人間はどうしてどこまでも動物に対してこうも残酷になれるのでしょう・・・?人間も動物の仲間なのに・・・。
* ねこまる * 2008/11/13 1:54 PM
★naccoさんへ♪

強制肥育って、ほんと残酷ですよね。
無理やり食べさせられた上に殺される、それだけの運命。人間って、どうしてこうも残酷になれるのでしょう・・・?
潜入ビデオでは、生きたままねずみに食べられている(かじられている)アヒルがいました。
集約型システムで残酷に飼育されている動物たちのことを、もっともっと考えてほしい。彼らは感情もあって苦しみ悲しんでいます。そんなことを人間の食欲、味覚のためだけに強いている現実にもっと目を向けてほしい・・・。

そうですよね。これからクリスマスで、ランチやディナーで食する人も多いのでしょうね。動物を食べるということがどういうことか、現実に目を向けてほしいですね。
* ねこまる * 2008/11/13 2:02 PM
くろ子 フォアグラは食べたことないんだ。
この先も食べることはないだろうな。
フォアグラがどうやって作られるか・・
くろ子 これだけは知っていたんだ。
動画も見たんだ。世間ではフォアグラというと
高級料理だよね。テレビでも「おいしい〜」て言っているもん。
じゃ、お肉もそうなんだよね。
お肉が出来る過程もそうなんだよね。
そうかぁ。
* くろ子 * 2008/11/13 6:11 PM
★くろ子さんへ♪

フォアグラは高級料理だと言われていますよね。
最近は、フカヒレでも、高級品と言われていたものがどんどん安くなっていって、少しお金を出せば多くの人が食べられるものになってますよね。1,000円も出さなくてもフカヒレなどは食べられるところもあるし・・・。
どんどん値段が安くなっていって(お肉や卵、牛乳の値段もそうですが)、広く食べられるようになるのが果たしていいのかどうか。
値段が安ければそれだけ動物たちは大変な苦しみを負わされているということなんですよね。
フォアグラも残酷ですが、お肉も卵も牛乳も、その出来る過程は残酷ですよね。
知らない人が多いだけに、やはり多くの人に知ってもらいたいし考えてもらいたい現実です。
* ねこまる * 2008/11/14 7:31 PM
フォアグラは食べる機会があまりないけれど、好きなんですよね。肝系が好きなもんで・・・
自分の結婚式で、ドレスのせいでテーブルに近寄れず、食べられなかったのがいまだに悔しくって。
もちろん、無理やり食べさせてっていうフォアグラの製造過程は知ってましたが、ここまで酷かったとは!
反省です・・・
* とんちん * 2008/11/14 10:12 PM
★とんちんさんへ♪

とんちんさんはフォアグラは食べたことがあるんですね〜。
想像するに、とても脂っぽいのかな?よく口のなかでとろけるという表現もされているし。
私はもともとアボガドでもトロ〜ッと脂っぽいものが苦手なので・・・。
生産過程を知っていても、おいしいから食べているという人も多いと思います。う〜〜ん。だからこそ、フランスで生産量が2倍に増えているのかな。それとも、他国が強制肥育を禁止し始めたからかな?
やっぱり、残酷なのはダメだし、人間にはもっと他に食べるものもあるしね〜と思ってしまいます・・・!
* ねこまる * 2008/11/14 10:31 PM
はじめまして。ブログランキングから来ました。
私もフォアグラができるまでには本当に抵抗があります。数年前旅先のフランスで、友人宅で生のフォアグラが振舞われ、雰囲気的に断れず食べてしまいました…やっぱり狩猟民族だからなのかな。Earthlingsって映画ご存知ですか?フィンランドの友だちに教えてもらった映画です。以前はオンラインで見られたんですけど、今はダウンロードが必要のようです。すっごく考えさせられる内容なので、是非。

http://veg-tv.info/Earthlings
* miho * 2008/11/16 4:16 PM
★mihoさんへ♪

はじめまして!コメントありがとうございます♪♪

そうですよね。フォアグラができるまでには抵抗がありますよね。
本を読んでも、フランスにはこういった抵抗は少ないのかな〜、生産量が2倍になってるって??と、頭の中は?といった感じです。
このEarthlingsっていう映画のことは、ニューヨークの方に教えてもらって知っていました。でも、観てないんです。素晴らしい映画だそうですね。ぜひ、観させてもらいたいと思います。そう、きっと考えさせられると思います。教えてくださってありがとうございます!!
* ねこまる * 2008/11/16 4:30 PM
わたしのブログにも遊びに来てくださってありがとうございます。フランスは・・・多分食文化が豊かすぎて(?)ベジタリアンって少ないかも・・・ビオ(オーガニック)の市場に行っても、必ずお肉は売っていますね。うさぎちゃんも食べちゃいますし(汗

ヨーロッパは動物愛護意識が高いんだかなんだか分からない時がありますね(^^; また寄せていただきま〜す!!英語頑張ってください。
* miho * 2008/11/17 10:17 PM
★mihoさんへ♪

そうですよね。mihoさんの仰るとおり、フランスは食文化が豊かすぎるのかも!
ピーター・メイルの本にも、うさぎが生きたまま朝市などで売られていて主婦が買っていくと書かれていました。
ヨーロッパとひとくくりにして考えてしまいがちでしたが、アジアでもそれぞれの国の文化に違いがあるし、全く別ですよね。
イギリスはたしかにベジタリアンやヴィーガンが多いと聞きますが、フランスは聞かなかったですね。それぞれの文化的・歴史的背景を知ると、理解しやすいかもしれませんね〜。
英語、頑張りますね〜。まだまだ本格的始動は先ですが・・・!
* ねこまる * 2008/11/18 4:11 PM
フォアグラがこんな作られ方をしているなんて知りませんでした。
すごく美味しいと思っていましたが、もう食べません!
最近は肉も買わなくなってきました。
自分で狩をしたのなら食べていいかもしれない。
でも家畜制度は可愛そうですね。
* ちよ * 2009/08/21 10:44 PM
★ちよさんへ♪

コメントありがとうございます♪♪

フォアグラって、ムリに太らせて病気にさせているんですもんね。残酷な方法だと思います。
私も、狩を推奨するわけではないけど、お肉を食べたいなら自分で狩をして食べてほしい。
工場的畜産は、まさにお肉を、卵を、牛乳を作る機械としか考えられていませんよね。感情を持って生きている動物たちなのに。ほんと、かわいそうですよね。
* ねこまる * 2009/08/22 8:09 AM
初めまして。
私はアメブロで細々とブログを書いている者です。
フォアグラの残酷さについて書きたいと思い、
情報を検索していてこちらに辿り着きました。
記事は少し前のもののようですが、
実態は変わっていないと思いますので、
リンクさせていただきたいと思います。
リンクフリーと書いて下さっていますが、
やはりひとこと、と思いコメントさせていただきました。
* しほ * 2012/05/07 4:28 PM
★しほさんへ♪

初めまして!!コメントありがとうございます!!

しほさんも、ブログを書かれているんですね!
記事のリンク、ありがとうございます!!

そうですね。さほど実態は変わっていないと思います。フォアグラがなくならない限り、残酷な飼育はなくならないでしょうし、給餌に使う管を少しましなものにしたというくらいでしょうか。
そして、日本では東京表参道に、ウェンディーズがプレミアムバーガーとして「フォアグラバーガー」を出しているそうです。まだ記事にはしていませんが、反対意見を送ったりすることも有効ですし、現実を広く知ってもらい、変えて(無くして)いきたいですよね!
* ねこまる * 2012/05/08 9:43 AM
こんばんは
コメ返ありがとうございました^^
リンク快諾いただいたのに、
そのままというのも失礼かと思い
こんな風に書いていますという報告のため
またお邪魔しました
リンクさせていただいた記事のURL書きましたが
翌日、更新記事で
ウェンディーズのことも書いてみました
なかなか、簡潔にズバッとインパクトある文が書けないのですが(ついつい長文です)
これからも、諦めず息長く、書いていきたいと思います
* しほ * 2012/05/09 11:44 PM
★しほさんへ♪

返事が遅くなってすみません。

ご報告ありがとうございます!!とても嬉しいです。
ウェンディーズのことも書いてくださって、ありがとうございます!!
同じ思いを持つ方とのご縁は、本当に嬉しいです。

世の中は、本来なくてもいい(人間のための)残酷な動物の利用があって、それが大部分の人に当然のように受け入れられていて、おかしいと声を上げていくことが憚れるような感じですが、動物に優しい社会は人間にも自然にも優しいですよね。
繰り返し繰り返し、同じようなことを発信して、多くの人の目に留まることが、とても重要なことだと思います。
そうですよね。しほさんが書かれているように、私も、諦めず息長く、書いていきたいです。しほさんのことも、応援しています♪
* ねこまる * 2012/05/11 8:59 PM
フォアグラ食えなくなった
* 名無しのゴンベ * 2013/03/02 9:06 PM
★名無しのゴンベさんへ♪

食べ物がどうやって作られているのか、多くの人に知ってほしいと思います!知れば知るほど、どうしてこんな作り方ができるのかとこわくなります!
* ねこまる * 2013/03/03 10:30 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happyneko.jugem.jp/trackback/456
トラックバック