S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 慈悲の世界へ向けて〜工場式畜産のない世界を創造しましょう。 | | 動物工場〜アニマル・ファクトリーとは? >>
クリスマス〜飽食や過剰な消費主義は、豊かさの象徴ではありません

JUGEMテーマ:ペット

 


 


動物たちや世界全体を助けるために、私たちにできることがたくさんあります。
私たちは、自然が惜しみなく豊かな恵みを与えてくれている世界に生きています。




知っていますか?

現代的な精肉産業や動物性食品産業の現状を…。

動物の飼育と解体の技術は、非人間的になるばかりです。
その一方で、動物にも一定の同情がなされるべきであることを否定する人はいないでしょう。

現代的な「工場農法」(あたかも工場のような集中・監禁システムによる畜産農場)では、多くの動物は一生、土も太陽の光も見る事はありません。動物たちは過密なカゴに閉じ込められ、コンベアベルトと人工灯に囲まれて生涯を過ごします。

 




https://www.facebook.com/EVOLVECampaigns?group_id=0

見過ごせないことに、食肉生産には、いろいろな懸念がつきまとっています。
まず、世界の食料供給に及ぼす影響です。人口が増すにつれて、膨大な食料資源を家畜のために使う余裕はますますなくなっています。植物性食品中心の食事をすることによって、科学者たちが警告している世界的食料不足を抑止するために自分なりに貢献できます。

また、食品選択は環境にも影響しています。牛の放牧の結果による放牧地の破壊、水質汚染、そして野生動物の絶滅などは、肉牛飼育の「副作用」の一部です。


現代の一般的な食卓と食用動物の悲惨な生涯は、密接に関わっています。
意識している、していないに関わらず、何を食べるかの選択は、健康、環境、世界飢餓、そして動物への配慮とのつながりがあります。

今日では、ベジタリアンやヴィーガンになる人の数が増しており、残酷さの替わりになる方法はいくらでもあります。

 





Vegan、オール植物性でクリスマスの献立、パーティーの準備をすることができます。
食事から肉類だけでなく、牛乳や卵など一切の動物性食品を除くことは可能です。

何より、肉食が根強い伝統を持っている欧米人よりも、日本人は恵まれた食生活の土壌があります。
味噌、醤油、麹といった伝統的な調味料、豆腐や納豆、漬物といった栄養に富む食品、米飯を主食とし四季折々の野菜、茸、山菜、海藻などが身近にあります。


飽食や過剰な消費主義は、豊かさの象徴ではありません。
これほど大量に、気軽に動物を殺して食べることは、自然の再生サイクルの恵みから遠く離れた行為とも言えます。しかし今では、誰もが何を食べるかによって、動物や自然や自らの健康に対する信条を表現することができます。
一人ひとりが食べ物を変えることで、大きな変化をもたらします。

 




https://www.facebook.com/VeganismIsTheFuture

私たちは、何かについて無知であればあるほど、変わることに対して抵抗が大きくなります。そして、知らないものに恐れを抱きます。
でも、知識を持つことによって、成長し、責任のある決定を下すことができます。そのことが確かな未来を築くことにつながります。

私たちは、動物から歩み去るのではなく、動物たちと共に歩んでいくことを選択していきましょう。

 

 

(過去記事から)

 

 

 

 

    

 

 

    

 

    

 

 

 

工場畜産*畜産動物の扱い | ねこまる | 15:22 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 15:22 |