S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< Banana Muffin♪ナナイカフェ | | 中本忠子さん「見返りを求めるなら、しない方がいい」 >>
1/fのゆらぎ☆大好きな木槿

JUGEMテーマ:

 

 

 

この本の、 “1/fのゆらぎ” が気になったので、記録しておきたくて。

 

 

 

1/fのゆらぎ(エフぶんのいちのゆらぎ)

 

自然現象の大半には、大きな変動はゆったりと、小さな変動は小刻みに変化する性質があり、その大きさが振動数fに反比例することから、1/fゆらぎと呼ばれている。健康な人の心拍の間隔や、ろうそくの炎の揺れ方、眠りを誘う電車の揺れ、小川のせせらぎ、目の動き方、木漏れ日、蛍の光の明滅などの変化の中にみられる。生体のリズムは、基本的には1/fゆらぎであり、快適性と関連があるといわれている。

 

 

 

自然のゆらぎ。

 

聞いていて、心地好さを感じる、自然のリズム。

 

健康的なゆらぎ方から遠ざかると、精神的なバランスが崩れていく。

 

 

 

 

 

 

健康な状態では、脳波も心拍も自然界の「ゆらぎ」になっているという。

とくに、座禅などで心が落ち着いているときの心拍は、自然界の「ゆらぎ」そのものなんだそう。

人が亡くなる直前の心拍は、メトロノームのように規則正しく打つ。ゆらがないで、規則的。これは、異常状態だという。そして、一拍抜けて、二拍抜けて、心拍停止になる。普段、健康的であれば、そのゆらぎも健康なゆらぎ方をしている。

 

 

ゆらぐことは、生きること。

ゆらぎがないと、精神的なバランスが崩れてしまう。

生きているということ自体が、ゆらいでいる、ということ。

 

外部刺激に同調してゆらぐ。

宇宙と一体感が得られるように。

瞑想したり、自然界に入ることなど、そういう機会を意識して持つことが大切。

 

 

 

そしてこの本には、「自分」という言葉自体が「自然の分身」ということだ、と書かれてあった。

「自分」は自然の一部ということを意味している。

自分とは、自然の分身。

 

本当に、その通りだ。

 

 

 

 

 

 

「宇宙を知ることで、人間の原点に戻る」

 

これは、宇宙の法則を知ること、霊的真理に立った生き方が人間の原点だ、と言っているように思えた。

宇宙を知るということは、自分を知るということ。

 

 

ひとりで生きている人はいない。

ひとりで生きていける人は、いない。

 

共存。地球に生きる生きものたちと、共に生きている。

共に生きていかなければ。

そこには、「自分さえ良ければ」というような思いは通じない。

 

そういう思いに立ち戻れば、自分勝手な生き方や考え方ができなくなると思う。

 

人間の原点に戻るためにも、健康なゆらぎ方、自然のゆらぎを日常に戻す。

そういう生き方が求められているように、思う。

 

 

 

 

 

 

 

今はもうない、ムクゲの木。

大好きな、花の色。

 

夏に咲き、清々しい気持ちにさせてくれたこの花色は、

ずっと私の心に咲き続けるだろう。

 

 

 

自然・草花・農・畑 | ねこまる | 20:44 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 20:44 |