ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
クリスマスのメロディー
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

たったひとりで。
小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
三育フーズ
妖精の森
アリサン
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。



にくきゅう手帳

OTHERS







<< 無農薬ムカゴご飯 | main | 楽しむ、愉しむ♪ >>
『失楽園』より〜動物工場に思う

JUGEMテーマ:

 

 

 

 

明かりはない

見えるものは暗闇だけである

だが、悲惨の光景を見出したいだけならそれで充分だ。

悲しみの王国  うれいに沈んだ黄泉の国

 

そこは平和と休息の棲む国ではない

希望はけっしてやってこない

 

万人を訪れるものは

ただ   果てることのない責め苦のみである

 

ジョン・ミルトン『失楽園』より




 

 

動物工場での牛・豚・鶏たち。

 

彼らは機械ではないのだから、病気もすれば死にもする、自然の生きものである。

それなのに工場では、経済効率だけのために、その本性は歪められ虐げられている。

 

 

 

動物工場の現実

 

 

巨大な建物がいくつもある。

そこに押し込められたケージや檻の中で、動物たちは飼育されている。

 

そこは昼と夜の区別もない。

人の代わりに、自動給餌機やコンピューターが家畜を監視している。

 

彼らは自然の中で育つことはない。彼らを育んでいるのは、添加物入り飼料や薬である。

 

 

動物たちに対する日常の扱いは、それを人間に対して行えば、残虐非道とみなされるような扱い方だ。

 

それが真実の姿。

 

工場的飼育の姿は、これがこの世のものとはとうてい思えないようなものなのである。

そこには、人間が人間以外の動物に加える暴虐行為の数々がある。

 

 

 


 

 

動物の工場飼育は、世界で広がり浸透している。

 

世の人々は自分たちの食べものがどのように生産されているかを知らない。

また、知ろうとはしない。

 

知らないから、無関心でいられるから、それを消費し、食べたり飲んだりしているのである。

 

知らない、無関心ということの代償は、計り知れない。

まるで、地球全体を覆う、暗闇のようである。

 

明かりはない。

見えるものは、暗闇だけである…。

 

 

 


 

 

明かりを。

暗闇を照らす一条の光になろう。

そして、動物たちを暴力と搾取から解放しよう。

 

 

莫大な頭羽数の食用動物を飼う所業それじたいのなかに、人間が自然と共生して生きるという道理に合わないものがあるということである。

 

『アニマル・ファクトリー 飼育工場の動物たちの今』著者/ジム・メイソン ピーター・シンガー p.138より

 

 

 

 

    

 

    

 

 

工場畜産*畜産動物の扱い /
スポンサーサイト
- /