ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
クリスマスのメロディー
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

たったひとりで。
小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
三育フーズ
妖精の森
アリサン
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。



にくきゅう手帳

OTHERS







<< モダナークのベジタリアンプレート♪ | main | ベジタリアンカフェのヴィーガンケーキ >>
【署名】太地町イルカ追い込み漁反対

JUGEMテーマ:動物愛護

 

 

 

署名はこちら!

 

 

太地町イルカ追い込み漁反対 10,138 人が賛同しました。もう少しで 15,000 人に到達します!

 

1969年から始まった大規模なイルカ追い込み漁は、古くからある母船式捕鯨とは違い50年程度の歴史の浅いものです。

 

鯨漁に被せて伝統文化という位置づけをしていますが始まりは「太地町立くじらの博物館」に生きたゴンドウクジラを展示するという文化や伝統とは関係の無い、利益目的で始まりました。

 

かつて行われていた母船式捕鯨に行き詰まりが見え始め、当時イルカ追い込み漁を行っていた静岡県富戸で追い込みの技術を学び始めた事です。

 

※国際的な非難を受け止め、富戸は現在イルカ漁からイルカウオッチに方向転換して好評を得ています※

 

漁船団から強烈な水中音を出し、群れをまるごと入江に追い込み、狂乱した群れの中から容姿の良いイルカを販売目的で生け捕りします。

子供連れの場合は親から引き離し、沖に連れていき捨てる場合もあります。選ばれなかった個体はその場で殺され食用として売れない部分は肥料かゴミにされています。

 

太地町は国内だけでなく海外の水族館施設にもイルカを販売して、国内外のイルカの供給源になっています。

野生動物の保護を謳う水族館が、数頭のイルカを展示する為に数十頭の命を奪う行為に加担して、人間による動物達への搾取や虐待を無くして、動物達の権利を認めていこうという世界の流れに逆行している日本は「野生動物で金儲け」と、国際的な非難を浴びています。

 

家族や仲間を思いやる心を持ち、群れで1日に100キロ近くも移動する野生動物です。

海の生態系の上位にいる為、体内に蓄積されているメチル水銀の量も多く、2008年の国立水俣病総合研究センターの調べでは、太地町で捕獲されたバンドウイルカの体内から厚生労働省の示す基準値の39倍に当たるメチル水銀を含んだイルカ肉が売られていたとわかりました。

 

 

 

 

イルカがかわいそうだという声が、大きくなってきましたね。

世の中が、少しずつ、「動物搾取」に異議を唱える、そんな時代に変わりつつあるのだと思います。

 

動物園や水族館で、一生狭い場所で仲間もなく、人目にさらされる動物達の苦しみを考えましょう。

そして何より、漁で殺されるイルカたちの苦しみ。

 

人間は、大地からの恵みで十分生きていけるのです。伝統だからといって、固守し殺し続ける理由はどこにもありません。

 

 

 

クジラ・イルカ・シャチ /
スポンサーサイト
- /