S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< かんたんお菓子♪白崎裕子さんのレシピ集 | | 「Riccio d'oro」☆植物性ジェラートのお店♪ >>
水族館閉鎖は、いつ?

JUGEMテーマ:ペット

 

 

以前、藤原英司さんが新聞に寄稿された内容を紹介しました。

http://happyneko.jugem.jp/?eid=2501

 

(当時の)日本は、水族館のイルカショーが人気を博し、イルカ水族館の新設ラッシュが始まっている。ところが、欧米では、イルカ水族館は「閉鎖ブーム」である。イギリスでは30館ほどあった水族館はすべて閉鎖され、オーストラリアでも日本の企業が現地で経営していたイルカ水族館は閉鎖、イルカは海へ返された。アメリカ、カナダでも水族館のイルカやシャチを海へ返せという市民運動が活発化している。


野生のイルカは数千キロも遊泳し、超音波で交信、採食をする。その彼らをたかだか20〜30メートルのコンクリートの水槽に一生閉じ込めて見世物にすることが、甚だしい虐待だということは、正常な感覚を持った人なら、すぐにわかることだ。
狭い水槽では、高速で泳げず、超音波も水槽で音が反射するため使わなくなり、コミュニケーション能力や獲物探索能力も失われる。そして、プールの水は消毒薬や糞が大量に溶け込んで、これはトイレの浄化槽の中を死ぬまで泳がせるようなものだ。

イルカショーは、子どもに大変人気があり集客力があるため、お金のために水族館側はイルカショーを止めようとはしない。しかし、慢性的な過密と運動不足、汚水、反射騒音などのストレスから、水族館のイルカは短命で、野生時の3分の1にも満たないことが多い。

子どもに人気がある一方で、このような囚われのイルカの姿を見せることは、子どもに対して暗黙のうちに「相手が動物ならどのように扱ってもよい」という価値観を与えることになってしまう。これは環境教育上、好ましくない。


国際社会では、こうした反省からイルカ水族館は閉鎖ブームにつながった。
しかし日本では、地元の自然保護関係者が反対署名運動を起こし、全国から賛同の声が多く上がっても、水族館は難なく建設され開園となってしまう。

野生動物は野生のままに、という価値観が広まる中で、動物園、水族館そのものの存在が国際社会では問われている。
一時ブームになったサファリ動物園が次々と閉鎖されたように、近くわが国でも欧米と同じようにイルカ水族館の閉鎖現象が見られることになるだろう。
 

 

 

そう、書かれていました。

 


 

 

日本の現状は、今はまだ、イルカショーや動物園やサーカスや水族館が、動物への「虐待」だという認識は薄いです。

でも、徐々にではあっても、「動物たちがかわいそうだ」という意見は増えていくことでしょう。

 

藤原さんが言われているように、正常な感覚を持った人なら、すぐにわかることなのだから。

そうして、全ての動物搾取が、確実に、あらゆる分野で減っていく。そういう世の中へと、変わりつつあります。

 

 

動物園・水族館 | ねこまる | 22:11 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 22:11 |