S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< パン屋さんのかりんとう! | | anbaiさんの焼き菓子、あべのハルカスで買いました! >>
犬肉食は違法!台湾で禁止される。韓国でも嘆き悲しむ人がいる

JUGEMテーマ:ペット

 

韓国では、犬肉食を嘆く人がいます。犬食に悲しんでいる人がいます。

これら、犬肉食にまつわる映像は、大変ショッキングで見る人は相当なダメージを受けることでしょう。

 

「閲覧注意」や「ショッキングな映像が含まれます」という注意を促すような警告。私も今まで使ったことがあります。精神的なダメージが大きすぎるため、それが体に及ぼす影響があるからです。心臓が止まりそうなくらい、ショッキングなこと…。

でも、そのことに対して、私たちは鈍感になってはいけない。そう、食べているものがどうやって作られているのか、その工程、過程で、暴力的な残虐な実態が含まれていること。まして食材となる動物たちの飼育方法や屠畜場面などが「閲覧注意」となるなら、どうしてそういう残酷な場面を無くそうとしないのか。社会全体で考えていかないのか。

 

「見てはいけない」といえるものを、どうして食べたり飲んだりできるのか。

 

「自分さえよければいい」「楽しければいい」「おいしければいい」という社会では、人間の苦しみもまた、無視され続けてしまうでしょう。弱い立場のものを守ったり思いやることなしでは、人間にも優しい社会などは築けるはずもないでしょう。

 

 



台湾では、犬や猫を食べるのは法改正で禁止されました。

台湾は、「犬の肉を日常的に食べる社会」から「多くの人がペットの猫や犬を大切な家族の一員と考える社会」への転換を目指します。
犬や猫の食肉処理や販売に対する規制は今までもありましたが、、改正後は肉を食べる行為も違法とされます。約18万〜90万円の罰金が科されることになりました。
このほか、動物を意図的に傷付け、骨や内臓を損傷させたり死なせたりした残虐行為に対する刑の上限は禁錮1年から2年に、罰金は約720万円まで引き上げられました。ペットを車やバイクにつないで走らせる行為も禁止されます。
違反者は名前や写真、罪名が公開されることになります。
 




飼い犬がドッグミートに!


http://youtu.be/gerA3kWXEz4


俳優のジュディ・デンチらが見ているこの映像は、タイの「犬食文化」のドキュメンタリーです。

タイでは、食用にするために犬が街中から集められています。しかも、タイで食されている犬の多くは街中から捕えられた「飼い犬」です。 犬たちは、突然捕えられ、小さなケージに入れられ、屠殺場へ運ばれた後、水も食べ物も与えられず、最後は拷問のような方法で殺されていきます。




犬の肉はもう食べない? 衰退する韓国の食用犬飼育ビジネス

HSIが2015年1月に、韓国の食用犬23匹を米国に送り、新しい飼い主を探したというニュースがありました。この犬を飼育していた農場は、今はブルーベリー農場になっているそうです。

すべての動物農場が、野菜や果樹、穀物など植物を育てる農場へと転換していくといいですね。
残酷な行為でこの地上を覆い尽くさず、植物を育むことで緑豊かな地球を創造していけたら、地上に平和と楽園が訪れることも、きっと夢ではないでしょう。

 



hsiglobal

 

「動物の肉やミルクを日常的に食べる社会」から「多くの人が動物を大切な家族、社会の一員と考える社会」への転換がすすみ、すべての動物を搾取しない世界へと歩みをすすめていきましょう。

 

 

犬肉食*猫肉食文化 | ねこまる | 08:51 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 08:51 |