人工肉市場がアツい!「死のない肉」クォーン、人工肉が本物を超える日!

JUGEMテーマ:ニュース



「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい
Newsweek 2/13(火) 19:30配信より

本物の肉のような食感が楽しめる人工肉

いつか本物の肉の味を知らない子供も出てくるのか...

肉の代替食品「クォーン(Quorn)」の存在感が増している。日本では見かけないこのクォーンだが肉によく似た食感が好評で、ヨーロッパでは30年以上前からスーパーなどで販売され、特にビーガン(完全菜食主義者)やダイエッターの間で人気が高い。

英ガーディアン紙によると、市場規模は着実に伸びている。先週発表されたヨーロッパとアメリカでのクォーンの2017年の成長率はそれぞれ27%と36%で、世界全体では前年比16%拡大したと報告された。2027年には市場規模は数十億ドルに成長するといわれる。

クォーンは、キノコ?カビ? 欧米の食卓に浸透するクォーンだが、その原料や生産方法はベールに包まれた部分が多いという。クォーン社は1985年、イギリスの食品大手マーロウ・フーズと大手パンメーカーのホービス、化学品メーカーICI(現在はアクゾノーベル社の一部)のジョイントベンチャーとして設立。世界人口の爆発的な増加が危惧されるなかで、食用酵母、カビ、バクテリアを繁殖させて人工タンパク源を探究するプロジェクトに取り組んだ。

1985年までにイギリス政府はクォーンの販売を許可した。ただ、ここでも「結局クォーンは何からできている?」という疑問は残ったままだ。

英ガーディアン紙によると、タンパク質にグルコース、固定窒素、ビタミン、ミネラルを加え熱処理し、過剰なリボ核酸を取り除いたフザリウム・ベネナタムの菌株から作られているそうだが、これではピンと来ない。簡単に説明すると、キノコのタンパク質を発酵させた「マイコプロテイン」という。

現在はフィリピンの食品会社モンド・ニッシンがブランドを所有し、ビーフステーキ風など100種類以上の食品にアレンジして販売している。

ほぼ全てのクォーン製品には卵が含まれており、ビーガン仕様のものはジャガイモのでんぷんで代用している。香料や着色料、タピオカでんぷん、パーム油、エンドウ豆繊維などの成分を掛け合わせ、巧妙に作られている。環境問題に明るいジャーナリストのジョージ・モンビオットが「鶏肉やミンチと区別がつかない」と評したほどだ。


動物の死肉はいらない!


アメリカでは有害反応情報が集められた

2001年にクォーンはアメリカにも進出した。しかしこの時には米キノコ研究所(American Mushroom Institute)がフザリウム・ベネナタムはキノコでないと反発するなど、順風満帆なスタートではなかった。食の安全を訴えるある団体は、クォーンに起因して、吐き気、嘔吐、下痢、蕁麻疹、時には呼吸困難などの危険なアレルギー反応があったと主張している。

もちろんクォーン側はこれを否定。「当社は30年にわたって約4億個のクォーンを販売しており、記録から優れた安全性を持つことが分かっている」とケビン・ブレナンCEOは説明する。「どの症状も非常に稀で、おそらく15万分の1の割合」で、ジャガイモも同じようなものだと言う。

健康被害で大きな騒ぎはなかったが、アメリカではクォーンの原料をキノコだと思い込んで購入した消費者が騙されたと主張し集団訴訟を起こした。簡単には「キノコ」が原料と説明されるが、キノコとカビの線引きがあやふやだったことが原因とみられる。すでに和解はしているが、クォーン側は自身の不正行為を認めるものではないと強調する。ただ、この一件以来、アメリカで販売されるパッケージには「マイクロプロテインはカビ(真菌の一種)です」と書かれ、イギリスでも同様の文言が添えられるようになった。


人工肉が「本物」になる日も近い?

アメリカ全土で展開する「インポッシブル・バーガー」は、クォーン以上に肉感を追求した人工肉を使ったハンバーガーで人気のレストランだ。植物だけで作られた「死のない肉」のパティがここまで肉々しいのは、SLH(レグヘモグロビン)がカギで、同社はこの成分が血の滴る肉のような味と色を再現してくれると話す。

米食品医薬品局(FDA)は2015年8月にSLHについて「消費のための安全性を確立するには十分ではない」との見解を示している。それでも有害なことが明示されたわけではないため、インポッシブル・バーガーの販売は続いている。

2018年初めには、イギリスの食卓に並ぶ食品の半分以上が「超加工」されていると報告された。家庭料理は工業用添加物と不透明でハイテクな食品で成り立っているという。人工肉が「本物の肉」に取って代わる未来はすぐそこまで来ているかもしれない。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部


〜転載ここまで






日本より、ベジタリアン人口が多いイギリス。

ベジタリアンが珍しくないため、こうしたベジタリアン用の食品がお店やレストラン、ファストフードでも用意されています。

ポール・マッカートニーのように、著名人でエコロジーや動物愛護の観点から菜食をアピールしたり、それを支持する人も少なくありません。

◆ポール・マッカートニーが提唱するミートフリーマンデーとは?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/lcc/20090901/1028540/?rt=nocnt


そうした中、イギリスでは食肉に変わるタンパク質源として、クォーン(Quorn)が人気だとか。クォーンはキノコの仲間から培養されるマイコプロテイン(mycoprotein)を原料にして開発された食材です。マイコプロテインは低脂肪、高タンパク、食物繊維も豊富で、冷凍から冷蔵品、ミンチ肉や細切り肉、ソーセージ、ナゲット、バーガーなどといったものや加工品まで幅広い製品が販売されているそうです。

未来食、次世代の食として、植物性の食材を原料とした肉の代用品の開発は盛んに行われています。本物に似せることをモットーに研究がすすめられがちですが、日本にいるなら、大豆製品は豊富にあるし、おまけに大豆ミートといった代用品も通販で手に入るし、あらゆる素材の味を生かした料理法も存在します。

そうした恵まれた土壌にありながら、ベジタリアン&ヴィーガン人口は、欧米より少ないのは何故?といった感じですが、この日本から、ベジタリアン&ヴィーガンの食生活を発信することが、今後ますます求められていくに違いありません。


【ポール・マッカートニーが訴える、工場的畜産の実態。】



東京ヴィーガンズクラブより
↓  ↓  ↓

1人1人が週に1日菜食にすると、どれほど環境負荷を減らすことができるか、皆さんご存知でしょうか?実は、1人が1年間毎週1日お肉をやめるだけで、車の走行を1700km節約したのと同じ効果があるのです。これは400kgの温室効果ガスを抑制するのと同じです 。21世紀の今、最も簡単で最も効果が高く、そして誰にでもできる地球を守る方法、それが菜食なのです。

2006年、国連は「畜産が環境汚染の最大の要因となった」と発表し、デブア国連事務局長は、環境汚染を防ぐために『週一ベジー』を提案しました。 その後欧米の各地で週一ベジーデイ運動が起こり、 都市や学校が次々に『菜食の月曜日』を導入し始めています。
さあ、私たち日本人も、週に1日菜食を取り入れて地球を守りましょう!





まずは、お肉や卵や乳製品を食べる日を減らしてみてね!
環境のため、動物のため、誰かのため…その純粋に他者を思いやる心が広がれば、世界が平和で満たされていくことでしょう。


スポンサーサイト