S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< WWFジャパンが、日本政府に象牙密輸出阻止を要望 | | 佐藤榮記映画監督から「妊娠ストール廃止」への賛同メッセージ >>
クローズアップ現代+〜犬猫の殺処分について放送

JUGEMテーマ:ペット



昨日、【NHKクローズアップ現代+】犬・猫の殺処分について放送されました。
私も見ましたが、釈然としない内容だな〜って思ってたんです。

真に問題を捉えてない感が満載、という気がして。

 


◇ ◇ ◇

2018年1月24日(水)
どう減らす?犬・猫の殺処分

6年前の動物愛護法改正などを受け、多くの自治体が目標として掲げる「殺処分ゼロ」。殺処分される犬や猫の数は近年大幅に減少した。しかしその陰で、深刻な事態が進行している。自治体の収容施設や民間の動物愛護団体が、殺されずに済んだ犬や猫を抱えきれなくなり、伝染病のまん延や多頭飼育崩壊が起きるなどのケースが出てきているのだ。国が目指す「人と動物が幸せに暮らす社会」の実現には何が必要か、考える。

出演者
山恵子さん (アニマル・リテラシー総研 代表理事)
武田真一・田中泉 (キャスター)

 


◇ ◇ ◇

そういう思いを抱えていたら、「犬猫みなしご救援隊」の中谷代表が、私が思っていたことをずばり書いて下さっていました。

放送番組は、「こういう内容、方向で放送する」とあらかじめ構成が決まっています。この内容でNHKがどんなことを伝えたかったのか、知ることができます。もちろんテレビですから、登場人物も選定され、内容に沿うように操作されています。

昨日の番組内容で示されていた問題点について、実績を残し解決の方向性をはっきり提示しているのは、犬猫みなしご救援隊でしょう。そう思えるような内容でした。だから、見ていて「一体、何?」という感じが残りました。

 





今日の代表ブログには、昨日放送された「クローズアップ現代+」のことが書かれてあります。
ぜひ、お読みください。


クローズアップ現代+

 

 

1月24日の
クローズアップ現代+を
見た人たちへ


。。。。。。。。。。


実はあの番組

私もしっかりと
取材を受けていたのです。

犬猫みなしご救援隊は

広島県内にある
すべてのセンターから

猫全頭引き出しを
継続して行っているわけですから

当然でしょ?

逆に言うと

うちを飛ばして
どこを取材するん?

・・・ただ
私がハネられた理由は

「行政が
殺処分ゼロを掲げるせいで

民間団体にひずみが来ている」

・・・という

「負の方向」に持って行きたい
番組の主旨に

うちの施設の雰囲気と
私のコメントが合わなかったから

・・・でしょうね(笑)

 

 

*抜粋終了*

 

 

犬を殺すのは誰か ペット流通の闇 (朝日文庫) [ 太田匡彦 ]

 

 

犬猫の生体販売*殺処分*パピーミル | ねこまる | 12:24 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 12:24 |