S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< エイタブリッシュのヴィーガニマルクッキー | | クローズアップ現代+〜犬猫の殺処分について放送 >>
WWFジャパンが、日本政府に象牙密輸出阻止を要望

JUGEMテーマ:日記・一般



象牙密輸出阻止を要望

世界自然保護基金(WWF)ジャパンは10日、日本から象牙の密輸出を阻止する緊急対策と、日本国内での取引の停止を求める提言を経済産業省に出した。

象牙の国際取引はワシントン条約で原則禁止されており、違法取引を助長するような国内市場についても、2016年の同条約締約国会議で閉鎖が勧告された。だが、WWF関連のNGOが昨年調べたところ、日本国内から中国への密輸が横行していることがわかった。

WWFは警察などと連携した取り締まりや、外国人観光客への注意喚起などで象牙の持ち出し阻止を要望。日本の市場は16年の勧告に該当するとして、20年の東京五輪・パラリンピックまでに、国内での取引を原則的に停止するのに必要な規制も求めた。環境省などにも提言を出す予定。


〜転載終了
 

 






WWFジャパンは、日本の象牙問題に関して、象を保護する姿勢は見られませんでした。

しかし、調査により「日本の国内市場が、ワシントン条約で“閉鎖を勧告される市場“に該当する」といった内容を発表しました。


https://www.wwf.or.jp/activities/2018/01/1400211.html

◆象牙の違法輸出阻止と国内取引の停止を日本政府に要望

高値で売買される象牙を狙われ、年間2万頭が密猟の犠牲になっているといわれるアフリカゾウ。象牙は、ワシントン条約で国際取引が禁じられていますが、今も密輸が絶えません。そうした中、世界各地で象牙の国内取引を自粛、停止する動きが強まっています。2017年12月31日には、世界最大の違法象牙の輸入国である中国が、自国内での取引を停止。こうした国際的な情勢の中、WWFジャパンは、2017年に実施した日本の象牙の国内市場と違法取引の実態調査をふまえ、日本政府に対し、象牙の違法輸出の阻止に向けた緊急措置の実施と、国内での象牙取引の停止を要望しました。

 


象牙の厳格な違法輸出の阻止と国内取引の停止を求めて

WWFジャパンは、2018年1月10日〜12日、環境省、経済産業省、財務省、外務省の各大臣に対し、下記の2点を求め、要望書を提出しました。

I. 緊急な措置をもって象牙の違法輸出を阻止すること
II. 厳格に管理された狭い例外を除く国内取引を停止すること


この要望の根拠となっているのは、WWFジャパンの野生生物取引調査部門トラフィックが、2017年5月〜9月にかけて日本国内の骨董市やオークション、古物買取業者などの古物市場と観光エリアを対象に行なった、象牙取引の実態調査の結果です。

この調査では、各販売店などを拠点としたルートで、外国人客やプロのバイヤーにより、日本から海外に象牙製品を持ちだす違法な輸出が横行している実態が明らかになりました。

また、明らかに外国人客をターゲットにした象牙製品の製造や販売が日本国内で行なわれていることも確認。
販売者側も違法な輸出につながることを知りつつ、購入した象牙を「国外へ持ち出すことが可能」であると、客に伝えていたことなどが判明しました。

象牙の主な仕向け先となっているのは中国です。
2011年以降、日本から違法に輸出されたことが確認された2.4トン以上の象牙のうち、95%が中国で押収されています。
さらに調査の結果、日本の国内規制と法の執行状況が、こうした実態を取り締まる上で、極めて不十分な水準にあることも明らかになりました。

一方、中国では、2017年12月31日をもって、自国内の象牙製品の製造・販売・取引を原則禁止する政策を実施。
しかし、WWFとトラフィックによる消費者調査(2017年6月から11月にかけて15の都市で実施)の結果によれば、取引停止の政策を認識していたのはわずか19%で、政策について知らされた後「思い当たる」と回答した人も46%にとどまるなど、政策が十分認知され、徹底されるまでは時間を要するものと考えられます。

こうした状況の中、日本をはじめ諸外国が中国に向けた違法な象牙輸出の温床となる事態は避けねばなりません。
日本では、今後、東京オリンピック・パラリンピックに向けた外国人旅行者の更なる増加に伴い、違法輸出の問題が一層深刻化することが懸念されます。

WWFジャパンは、日本政府が早急にこの問題に対処し、ワシントン条約の締約国としての責務を果たすよう、強く求めています。


【関連資料】各省への要望書(PDF形式)

 

 


◇ ◇ ◇




象牙の国内取引は「種の保存法(正式名称:絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)」によって規制されていますが、取引に際して、合法性の証明(登録票)が求められるのは、全形象牙のみです。
加工されたアクセサリーなど個々の製品は、証明などの取得が義務付けられていません。

日本の国内市場のさまざまな販路を通じて象牙の違法輸出が行なわれ、国内の事業者もこうした動きに加担し、そこから利益を得ている日本。
 

 




象牙に限らず、観光地では、外国人客をターゲットにして、商品を「売って売って売りまくる」といった醜い光景が散見されます。しかも、「日本人みんな食べてる、使ってる」といった嘘を平気で言っています(外国人観光客のバスのルートになっている場所など)。

売れればいい、利益が上がればいい、そんな詐欺まがいの利己的な商売をしなければ、象牙は売れないのではないでしょうか。

 

日本政府は、象牙の国内市場閉鎖を拒んでいます。
WWFジャパンが日本の象牙問題を正式に認識したと思われる今回の発表。今後どんな影響があるか期待されます。

 

 

 

 

象牙 | ねこまる | 11:10 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 11:10 |