S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 月のふるさと便 番外編☆お野菜届きました〜♪ | | あじゅさん夜メニューを!お好み焼きとピザ! >>
牛乳と戦後日本の食生活

JUGEMテーマ:食生活


https://www.facebook.com/especismocero?group_id=0

〔学芸総合誌・季刊〕 環 Vol.16 〈特集〉「食」とは何か
【コラム】「食」とは何か〜 真弓定夫 牛乳と戦後日本の食生活を参考にまとめました。
↓  ↓  ↓

近年、終戦前にはあまりみられなかったアレルギー性疾患、生活習慣病(癌・脳血管障害・心臓病)、心のかたよりなどが増え続けている要因はさまざまです。もっとも大きな要因として、終戦を境に食文化が欧米化したことが挙げられます。穀類(特に米)の摂取量が減り、動物性食品(とくに牛乳)の摂取量が激増しました。

終戦時、アメリカでは牛乳がふんだんに余っていて、その販路を世界各国に求めていたといいます。その際、もっともよいターゲットとなったのが、占領下の日本です。長身で体格のよいアメリカ人に強い憧れを抱くように、「大きいことはいいことだ」「たんぱく質が足りないよ」といった謳い文句により、それまで牛乳摂取の習慣がなかった日本の国民に対して、大量の牛乳を飲ませることに成功しました。

また、出産形態も変化しました。1947年には三婦法を策定し、自宅分娩を病院分娩に大幅に転換させました。そして、病院に乳業の専従栄養士を派遣して、牛乳の普及に努めました。退院時に粉乳のサンプルを産婦に提供することなどは日常茶飯事になってしまいました(これは1981年にWHOによって禁止されています)。

1948年には、アメリカで乳業によって作られた母子手帳をほとんどそのまま導入。全国の保健所で、乳業の専従栄養士が牛乳神話を構築するように尽力しました。当時の母子手帳の表紙には「〇〇乳業」というコマーシャルが記されています。

さらに全国の学校給食に牛乳を導入、日常的に大量の牛乳を摂取する習慣を定着させました。こうした牛乳神話の確立によって、さまざまな健康被害が生み出されていることをほとんどの国民が知らされていません。

もっとも問題になるのが、牛乳による異常行動や犯罪の増加です。1977年犯罪学者のアレキサンダー・シャウスは、有罪犯罪者の執行猶予期間中における食事の有効性について無作為統制研究を行いました。
2年間にわたる観察の結果、牛乳乳製品除去食の効果が明白に認められました。

1978年、カリフォルニア州保護観察所で行われた研究による非行少年の食事の調査では、非行少年は牛乳を過剰摂取しており、非・非行群ではそうではありませんでした。保護観察部では、もっとも手に負えない25人に牛乳・乳製品・白砂糖を除いた食事を一か月間食べさせたところ、3週間以内にほとんどの少年に性格および行動の改善が認められました。

身体に及ぼす牛乳の悪影響のうち、もっとも問題になるのがアテローム硬化症です。牛乳摂取により、アテロームが血管の内壁にヘドロのように沈着して血管の狭窄を招く。脳の血管が詰まれば脳梗塞、心臓の血管が詰まれば心筋梗塞になります。授乳婦の乳管が詰まれば、母乳栄養の減少、人口栄養の増加という悪循環を招くことになります。 その他、牛乳の過剰摂取によって誘発される疾患名は、気管支喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・滲出性中耳炎・蕁麻疹・夜尿症・骨粗鬆症・鉄欠乏性貧血・悪性腫瘍(白血病・結腸がん・乳がん・前立腺がんなど)・糖尿病・白内障・乳幼児突然死症候群・自閉症・多動性学習不能症候群・注意散漫症候群などが挙げられます。

こうした牛乳多飲に起因する各種疾患が医療費の高騰を招いたと指摘されています。それでは牛乳神話が作られたのは何故か。もっとも大きな原因は、日米の乳業会社が戦後からずっと、保健所・教育委員会・大学病院などと密接な関係を保ち続け、虚構の牛乳神話を築き上げたことによります。

今こそ、国民ひとりひとりが、壮大な牛乳神話から解放され、未来を担う子どもたちの健康を守っていくことが求められています。
(参考文献)A・G・シャウス(大沢博訳)『栄養と犯罪行動』ブレーン出版、1990年


【環 Vol.16 の内容 ここまで】






ミルク(牛乳)は卒業しましょう!

牛乳・乳製品が健康維持・増進に欠かせないと思い、毎日のように摂取していませんか?
しかし、「カルシウム、たんぱく質、ミネラル」のために牛乳をのむべきではありません。フルーツや野菜からのほうがずっと高いミネラルがとれます。フルーツや野菜には、おしっこでカルシウムが失われるのを防ぐホウ素もたくさん含まれています。反対に、乳製品は、たくさん摂ると鉄分の吸収が妨げられて、鉄分不足になると言われています。


https://www.facebook.com/WeAnimals

十分なカルシウムをとるためには、ケール、コラードの若葉、からし菜、キャベツ、昆布、海藻、クレソン、ヒヨコマメ、ブロッコリー、赤レンズマメ、大豆、豆腐、各種の種(ゴマが一番カルシウムが豊富)、生のナッツなどを食べ、毎日15分間、直射日光に当たりビタミンDが吸収されやすくするほうが効果的です。

乳製品に代わる食べ物や飲み物は、たくさんあります。
日本では、身近にそうしたものが豊富にあり、自然からの恵みで食卓を飾る土台が、ちゃんと用意されています。
日米の乳業会社が保健所・教育委員会・大学病院などと密接な関係を保ち続け築き上げたという「牛乳神話」から解放され、牛乳にさよならしましょう。


***********

A Mother's Love

https://youtu.be/aaqR9V4XkXA


食・ファストフード・食品添加物 | ねこまる | 12:45 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 12:45 |