S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 【台湾】 犬や猫を食べるのは違法! | | ネコ虐待死 猫を探し深夜徘徊、踏みつける(名古屋) >>
LUSHラッシュがシャンプーバーで「動物実験」を啓発

JUGEMテーマ:ウサギ

 

LUSH(ラッシュ)が「世界実験動物解放デー」に合わせてシャンプーバーをリニューアルし、「動物実験」の認知拡大を目指します!



以下、抜粋記事***

◆ハッシュタグ付きシャンプーバーで「動物実験」に反対
オルタナ 4/13(木) 12:03配信

商品には、SNS上で最も影響力が高い英語と中国語で、#BeCrueltyFreeと書かれている

化粧品ブランドのラッシュは4月24日の「世界実験動物解放デー」に合わせて、固形タイプのシャンプーバー(1030円/55グラム)をリニューアルする。商品にハッシュタグを付けて、動物実験の認知拡大を目指す。全国にある約100のラッシュ直営店、オンラインショップで販売を行う。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

現在、世界中で約50万匹の動物が、化粧品の安全性を確認するために犠牲になっている。犠牲になっている動物は、ウサギ、モルモット、マウスやラットなど。化粧品の動物実験では、化学物質を点眼したり、毛を剃った皮膚に化学物質を塗りこんだり、致死量にも相当するほどの大量の化学物質を経口投与したりする。多くは動物実験が法的要件とされる中国で行われている。

そこで、ラッシュでは商品を通して、動物実験の認知拡大を図る。リニューアルした商品は、固形タイプのシャンプバーの中で最も人気が高い「レッドペッパー」。商品名を「ニューシャンプーバー」とし、 「#BeCrueltyFree」と書かれた木製のメッセージバーを付けた。

「#BeCrueltyFree」は、国際的に活動する動物福祉団体ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(以下、HSI)が世界中で展開するキャンペーンのこと。HISは2012年から同キャンペーンを実施しており、化粧品の動物実験と動物実験された化粧品の商取引を禁止することを目的に署名運動などを展開している。

木製のメッセージバーの裏に、同キャンペーンサイトのリンクを印字した。商品の写真を撮り「#BeCrueltyFree」、「#NO動物実験」のハッシュタグを付け、動物実験に関する声を投稿してもらえるよう消費者に促す。

同キャンペーンには世界で100万人以上が署名し、残酷な実験で作られる化粧品を禁止するよう自国の政府に求めている。EU、イスラエル、インド、ニュージーランド、韓国、台湾、スイスなど世界36の国と地域が、動物実験を行うこと、動物実験を行った化粧品の販売を禁止する条項を各国の化粧品法に導入した。

HSIによると、すでに17億人の消費者が、動物実験が禁止されている化粧品市場で生活しているという。


*********

◆2017年4月24日、固形タイプのシャンプーをリニューアル、世界最大級の動物福祉団体が実施する化粧品の動物実験禁止を目的にしたキャンペーン#BeCrueltyFreeを支援

株式会社ラッシュジャパン

世界中の全ての安全性テストが、動物を使わない先進的な代替法によって行われるようになるまで、動物たちは化粧品の実験台になるという恐怖から抜け出すことはできません。ラッシュは、このひどい慣習が撤廃されてこそ、化粧品業界は「美」を扱う業界だと言えるようになると考えており、その日が来るまで継続して「Be Cruelty-Free」のメッセージを広め続けていきます。

【HSIの「Be Cruelty-Free」キャンペーンについて】

HSIが世界的に展開する「Be Cruelty-Free思いやりのある美しさ」キャンペーンは、化粧品の動物実験を禁止すること、および新たに動物実験を行った化粧品の販売を禁止することを目的としています。消費者は、オンラインの誓約書( www.endanimaltesting.org )に署名することで、キャンペーンに対する支持を表明することができます。

<参考>

毎年、世界中で約50万匹もの動物が、残酷で時代遅れな化粧品安全性テストに苦しめられ、犠牲になっています。テストに使われている一般的な動物は、ウサギ、モルモット、マウスやラットなど。化粧品の動物実験では、化学物質を点眼したり、毛を剃った皮膚に化学物質を塗りこんだり、致死量にも相当するほどの大量の化学物質を経口投与したりするのです。これらのテストの多くは、動物実験が法的要件とされる中国で行われています。中国では、ほとんどの美容製品において動物実験が行われ続けているのです。ラッシュが考える、原材料や完成した商品の安全性を確認するための最も効果的で人道的な方法は、動物を使わない最先端のテストとボランティアの人達による討論会です。ラッシュは、商品や成分についての動物実験を一切行いません。第三者に動物実験を委託するサプライヤーとも関与しません。いかなる理由においても動物実験を行っているサプライヤーからは原材料を購入しない、それがラッシュの徹底したポリシーです。


【抜粋 ここまで】




化粧品のためにウサギの眼がつぶされていく…



HSIの#BeCueltyFree キャンペーンはこちら



https://youtu.be/83gYyuL0IXU

 

動物実験をしていない化粧品・洗剤 | ねこまる | 17:12 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 17:12 |