<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ゲイリー・ヨーロフスキー:地球の生きものに対する思いやりと調和を持とう

JUGEMテーマ:ペット

地球と人と動物に思いやりを


https://youtu.be/denT-E2e7vo


【ビデオ内容より】



生まれた時にもしも誰かがあなたの処刑日をすでに予定していたとしたらどう思われますか?

あなたが動物だったら、その運命にあります。

酪農業界にいた場合、あなたの寿命は7年です。
牛肉産業の場合、2年半から3年です。
豚の場合は6か月、長くても1年、鶏の場合は、49日です。


ゲイリー・ユーロフスキーは、世界最大の詐欺である畜産業の恐ろしい現実を明らかにします。

私は肉食者が死んだ牛や豚、鶏の肉を愛せることや、生きている動物に常識的な配慮さえ示せないことにいつも驚いています。
私の目的は単純です。私がしたいのは、人と動物を再び繋げること。そして社会によって故意に葬られ隠されてきた動物への感情や倫理を呼び覚ますことです。

誰もがかつて動物に畏敬の念を抱き動物を愛していました。
では、何が起こったのか。なぜ牛や豚、鶏や七面鳥、魚たちの苦しみを無視するのか。なぜ動物を食べ物と見なすのか。

人々は犬や猫を食べ物と見なしません。人々は牛と豚、鶏や七面鳥は食べ物だと教わります。しかし、人々が教わったのは虐待です。それは非現実的です。なぜなら、動物は食べ物や衣服、研究標本ではないからです。

動物は商品化され、無生物となるためにいるのではありません。





私は長年に渡って小学校や中学校、高校で講演を行ってきました。私が子どもの頃に持った疑問を話しましょう。
学校の先生が私に言いました。「食肉処理場の映像は見せられない。子どもは悪夢を見てしまうからね」
私はこう考えました。「先生は僕やみんなの想像通りだと認めているのではないか」
ブロッコリー農園を見せられても、悪夢は見ません。リンゴを収獲する人々を見ても誰も泣きません。叫びながら部屋を飛び出しません。先生は想像通りだと明かしているのです。

なぜ真実を隠さねばならないのか。子どもに嘘をつくと非常に動揺しますが、問題を起こすことなくこの真実を話すことは出来ません。





これから料理を注文する時や食べ物を買う時は良く考えて下さい。皆さんが下す選択は2つだけ。虐待か慈悲です。

私たちは人生の旅をしています。
人によって好き嫌いや国籍や宗教は異なりますが、互いに共通して持たねばならないものが一つだけあります。それは地球の生き物に対する本当の思いやりと調和です。

動物は人間の所有物ではありません。商品でもありません。皆さんや皆さんの家族が現在の動物の状況にあったら、皆さんは誰かの救出を願い、苦しんで死ぬことや虐待されることが無いようにもう少し努力をすることでしょう。

努力が必要です。


動物に対する優しさのメッセージがより多くの人々に今後も届きますように…。





https://youtu.be/denT-E2e7vo


<画像>
https://www.facebook.com/directactioneverywhere/


動物の権利・解放 / 2017.03.15 Wednesday 08:51 | 
<< 消えない悲鳴:暴かれる密室の虐待 | main | 必見!Gary Yourofskyのインタビュー「動物ホロコーストに終わりを」! >>
スポンサーサイト
- / 2017.03.27 Monday 08:51 |