S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 白ごまクッキー | | 今日は、ミートフリーマンデー♪ 美味しさに目覚めよう! >>
動物園のカバ、劣悪飼育で死亡か?

JUGEMテーマ:ペット

 

動物園のカバ、死因は劣悪な飼育方法か エルサルバドル
AFP=時事 3/4(土) 9:08配信


エルサルバドルの首都サンサルバドルにある国立動物園でカバのグスタビートに付き添う獣医師ら。グスタビートはこの数時間後に死んだ

【AFP=時事】中米エルサルバドルの首都サンサルバドル(San Salvador)にある国立動物園で飼育されていたカバが何者かに激しい暴行を受け、刺し傷が原因で死んだとされていた事件で、検視の結果、死因は暴行ではなく劣悪な飼育方法だった可能性が浮上した。

同動物園で飼育されていた15歳の雄のカバ「グスタビート(Gustavito)」は、先月26日に数日間苦しんだ後に死んだ。動物園からの情報に基づいてエルサルバドル政府は何者かが先月22日にカバを殴ったり刺したりしたためグスタビートが内出血を起こしたと発表していた。事件はエルサルバドル国民に強い衝撃と嫌悪感を与え、国際的にも大きく報道された。

しかし検察当局の2日の発表によると、検視の結果グスタビートの厚さ約2.5センチの表皮に刺し傷は発見されず、死因は急性の肺出血だった可能性が高くなったという。

シルビア・エレナ・レガラド(Silvia Elena Regalado)文化相は暴行の可能性は否定せず、そのストレスで死亡したとも考えられると述べた。しかし文化省の労組は、グスタビートは死亡する17日前から病気だったと指摘し、当局が適切な措置を取らなかったと主張している。

環境団体UNESの会長は当初発表されたカバ襲撃の説明は信じがたい内容だったと述べて政府に真実の公表を求めた一方、資金不足などで不安定な状態にある同動物園には改革と一層の支援が必要だと指摘し、今回の事件を受けて一部で上がっている閉園を求める声には反対する姿勢を示した。【翻訳編集】 AFPBB News






ダイヤ【娯楽】動物園ってどんなとこ?

動物園の主要な目的として、娯楽、科学研究、教育が挙げられますが、これらはどれも基本的に人間中心的なものです。娯楽は人間のためであり、野生動物に著しい苦しみやその他の危害を及ぼすことを正当化できるものではありません。
また、動物園の質はまちまちであり、見世物にされている動物を見る見物人がおよそ野生動物を尊重できないような状態になっています。かれらは退屈し、運動不足で、身体的、心的な能力を発揮する機会もまったくありません。
今回のように何か事件が起こっても、殺されたり虐待を受けた当の動物たちは人間に訴えることもできず、人間側に都合よく物事を変えられ、真相は闇に葬られます。

動物園が動物への軽視を奨励する場所になってはいないでしょうか。
動物の道徳的地位や道徳的権利は、人間のものさしによっていかようにも変化します。私たち人間は、あらゆる生命との一体性の感覚と、苦しみを感じるあらゆる存在への共感を育むことを学ばなければなりません。


●参考文献:デヴィッド・ドゥグラツィア『動物の権利』

 

動物園・水族館 | ねこまる | 20:26 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 20:26 |