<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
柔軟剤、それって本当にいい香り?

JUGEMテーマ:家庭



<私たちを取り巻く生活用品を考える>

ダイヤ 香料に、ご用心! 

最近のコマーシャルで多いのは、柔軟剤。 洗濯するとちょっとゴワゴワになるので柔軟剤を入れれば柔らかくなるというわけですが、近ごろは香料をいっぱい入れて良い匂いをさせることが目的となっています。
ところがこの香料のために化学物質過敏症になって、匂いを嗅ぐだけでも居ても立ってもいられなくなるという人が、全国に100万人いると言われています。このままではさらに増えていくことは間違いありません。そのため、国民生活センターでは、柔軟剤に入っているような匂いを減らすこと、またよく注意して使うことなどの注意書きをするようメーカーに対して指導が始まっています。

もともと香料というのは、天然の草花から採る良い香りのことです。天然の香りを採り出すと非常に高価なものになります。
柔軟剤に使われているものは、そんな高級なものではありません。もし使っているとしたら、数千円で売らなくてはいけなくなります。ところが300円、400円で売っているわけですから、合成して作った香料を使用しています。石油の中にはベンゼンが入っていて、このベンゼンにOHをくっ付けると、フェノールというものになります。さらに炭素をくっ付けると、いろんな匂いの成分がでてきます。そうやって、香料は合成されるのですが、作るときに高い温度をかけたり、反応させたりするため、アレルギーを起こす成分もでてくる場合があり、それがアレルギーの原因になったりします。

元々厚生労働省では、香料は人によってアレルギーを起こすことがあるので、香料を使っている場合はきちんと表示するように指導していて、化粧品には必ず「香料」と表示されています。ですから、テレビ宣伝されている合成された香りは良いものだとは限らないのです。


【参考】太陽油脂 泡エコ通信
※太陽油脂は動物実験をしていないメーカーです




【動物画像】
https://www.facebook.com/pages/Stop-Vivisection-Now-humanitys-shame/


健康でエコな生活をするために / 2017.02.17 Friday 10:27 | 
<< 除菌・消臭スプレーの、ウソ?ホント? | main | モービー、動物愛護を訴える“A Simple Love”のMVを公開 >>
スポンサーサイト
- / 2017.02.24 Friday 10:27 |