<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
エコカーよりハンバーガー1個(牛肉100g)を食べない方がエコなんだ!

JUGEMテーマ:食生活

エコカーよりも、ハンバーガーを食べないほうが温暖化防止に貢献!




ダイヤ ハンバーガー1個(牛肉100g)を食べないことで節約できる資源は…?

水 2000リットル(お風呂の湯船10杯分)

ちなみに、じゃがいも100gでは水20リットル。米国で消費される水の約半分が、家畜を育てる為に使われています。肉食が1日に約15,141ℓ以上の水を必要とするのに対し、菜食に必要な水は、1日に約1,135ℓです。


森林 4.5〜5平方メートル(約1.5坪)

1966年から1983年の17年間に切り開かれたアマゾンの森林の面積は約10万平方キロメートル。そのうちの38%は大規模な牛の牧場開発によるものです。また、アマゾンの土地は放牧には不向きで、3〜5年続けると、土壌の生産性は枯渇し、次の新しい土地を切り開かなければなりません。


メタンガス 120g

地球温暖化の約20%はメタンガスによるもので、CO2の21〜23倍もの温室効果があると言われています。そのメタンガス年間排出量の16%が牛などの反芻動物の呼吸(ゲップ)によるもので、5%が家畜の糞尿からです。これは、車や飛行機、その他のあらゆる輸送手段から排出されるすべてを合わせた量よりも多いと言われています。加えて、メタン排出量は中南米(牛肉輸出国)が最も多くなっています。


二酸化炭素(CO2)排出量 75

牛肉100gを作るのに必要な熱帯雨林を伐採して焼き払った時の排出量です。(ちなみに、平均的な車を一日運転した場合のCO2排出量は3圈法


穀類 1.6圈複歓擁の食糧支援ができます)


 <引用>わらべ村の資料より






ダイヤ 肉食が、多くの問題を引き起こしている

畜産業界が、温暖化、土壌・水質汚染、食料危機の最大の原因であることがわかっています。100円前後で売られることもあるハンバーガーも、森林や環境コストを考えると、1個当たり何百万円にもなると言われています。

温暖化対策が求められている中で、肉食を増加させることは明らかに矛盾しています。エコカーや省エネ家電などの物質面での技術革新も進んでいます。今や温暖化の最大の脅威である肉食を抑えることは、一人ひとりにとって避けられない問題であることを自覚することが必要です。
 

地球環境と肉食 / 2017.02.15 Wednesday 09:39 | 
<< 春の息吹感じる、ふきのとう | main | 浅田美代子さん、「飼うなら責任持って」!動物愛護訴える >>
スポンサーサイト
- / 2017.09.21 Thursday 09:39 |