S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< りんごココナッツマフィン!こんな暮らしはモウたくさん! | | 老舗すき焼き店が「もう霜降り肉は出しません!」〜霜降りっておいしいですか? >>
スシローさん、フォアグラをお寿司に乗せないで!

JUGEMテーマ:グルメ


https://stop-foie-gras.com/

フォアグラの生産には、強制的な給餌が不可欠です。しかし、いかなる動物でも、不必要な苦しみや傷の原因となる様な給餌を行うことはもうやめにしましょう。


***********

<アニマルライツセンターより>

全国に445店の回転寿司を展開するスシロー( あきんどスシロー)が、フォアグラのテリーヌを乗せた寿司を8日から販売することが明らかになりました。
フォアグラを使わないでほしい、販売を中止してほしいという意見を届けてください

スシロー(株式会社あきんどスシロー) お問い合わせ窓口コーポレートコミュニケーション課
TEL:06-6368-1012
受付時間 月〜金 9:30〜18:00 (土日祝は除く)
フォームはこちらから
https://f.msgs.jp/webapp/form/ 15070_qhw_132/index.do




スシローさん、フォアグラを乗せたお寿司を販売しないでください

フォアグラは、カモ又はガチョウに、鉄の太いパイプをクチバシから胃に突っ込み、体の大きさの3分の1〜 4分の1の量の胃に直接トウモロコシや油を流し込むという強制給餌が一日2〜3回行われることにより、肝臓が通常の10倍に膨れ上がらせて作られています。
この強制給餌の工程や、肝臓や身体の状態を急速に悪化させる生産自体は、あきらかな暴力行為です。
通常畜産動物であっても病気になる動物は治療されなくてはなりませんが、故意に病気や傷害を負わせるという工程が、フォアグラの生産には必ず含まれるのです。

スシローに対しては、アニマルライツセンターから要望を送付中です。
消費者の意見に対しては、担当者には伝えるが、なんとも回答できないという対応でした。

同じ回転寿司店では、かっぱ寿司がフォアグラメニューを今後出さないことを宣言してくださっています。
倫理的な食材を選ぶことは企業の社会的責任として重要なことです 。
需要があるから、利益が重要だからといって、動物の苦しみを仕方ないとすることは許されない時代になってきています。
消費者の皆様からも、企業の姿勢を問うてください。


鳥たちにどうか救いを。


◆フォアグラについてもっと詳しく知りたい方はこちら
http://www.hopeforanimals.org/ animals/foiegras/

NPO法人 アニマルライツセンター
http://www.arcj.org


 【お知らせ ここまで】




ダイヤ フォアグラは、脂肪肝に苦しむ鳥の病的な肝臓である


http://youtu.be/UZFQ_jftM_w

鳥たちは毎日、下痢、あえぎ呼吸、歩行困難、首の障害と炎症に苦しめられています。
フォアグラの給餌方法とその添加物は、ストレス、傷、病気を鴨、及びガチョウに引き起こし、物理的、生理学的にも彼らの健康と福祉に非常に有害な状態をもたらします。このような行為は、決して許されることではありません。

 

フォアグラ | ねこまる | 13:55 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 13:55 |