<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
抗生物質が効かなくなる?食肉の抗生剤も急増している

JUGEMテーマ:ペット


国連食糧農業機関(FAO)

2016年11月14日からの一週間は、WORLD ANTIBIOTIC AWARENESS WEEK(世界抗生物質啓発週間)!

<アニマルライツセンターより>

FAOによると、今週は世界抗生物質啓発週間だそうです。
日本でも世界の流れを受け多少行政があれこれやっているようですが、市民には伝わっていないように思います。( 騒ぎたくないのだと思いますが)

抗生物質についてこちらにまとめました
http://www.hopeforanimals.org/ animalwelfare/00/id=486

抗生物質の薬剤耐性菌はかなり深刻な問題であり、2050年には癌での死亡者数(820万人)を超え、 1000万人になると予測されています。( 少なく見積もっても700万人だそうです)
現在がん治療にかかる費用よりも多くの費用が、 今後薬剤耐性菌にかけられていきます。
最も多く抗生物質を使用しているのはもちろん畜産です。
多少抗生物質の薬を飲み控えても、畜産物( 特に対策の遅れている日本やアジアの)を食べれば結果は同じことです。

日本がどんなレベルなのか、 日本の行政の資料ではかなりあやふやに書かれていますが、日本人の耐性菌保有率は肉の消費量が欧米より少ないことを考えると、日本人はよりリスクの高い食べ物を食べていると思われます。
データが集められず上記レポートには記載していませんが養殖漁業も抗生物質使用が多いため、ここに原因の一つがあるとおもわれますが、 それだけではないようです。実際に1頭あたりで考えると、 欧米の動物に与えられている抗生物質の量より日本の動物に与えられる量のほうが多いようです。

抗生物質の利用はアニマルウェルフェアが発展してきた大きな要因 の一つです。
抗生物質がないと動物は屠殺まで生きられない、 という工場畜産ではなく、動物が自身の免疫を強めることで健康を保つ、放牧飼育が選択されていくべきなのです。

工場畜産をなくすために、抗生物質のリスク、把握しておきましょう!

海外のアニマルウェルフェアニュースまとめ http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=446

NPO法人 アニマルライツセンター
http://www.arcj.org







肉食・工場畜産について / 2016.11.19 Saturday 13:49 | 
<< 【ナチュラルファクトリー】マクロビ仕様のバースデーケーキ♪ | main | 木村さんの“奇跡のりんご”! >>
スポンサーサイト
- / 2017.04.29 Saturday 13:49 |