ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
クリスマスのメロディー
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

たったひとりで。
小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
三育フーズ
妖精の森
アリサン
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。



にくきゅう手帳

OTHERS







<< 『The Story of Stuff(=物の話)』で知ろう!消費の実態 | main | 車麩のカツサンド♪ヴィーガンよ! >>
プラスティキ号:再生ペットボトルの船での航海メッセージ



ダイヤ ロスチャイルド家の子孫、デヴィッド・デ・ロスチャイルドの環境保全に向けた夢

冒険家であり環境活動家でもあるデヴィッド・デ・ロスチャイルドは、「環境への責任感を持とう」というメッセージを世界に広めようと、1万2,500本の回収された空のペットボトルとリサイクル可能なプラスティック素材で作られた全長20メートルの双胴船を作り上げた。このプラスティキ号はサンフランシスコからシドニーまでの約1万海里の航海に成功。
デヴィッドは同行したマスコミの報道を通じて、世界中の視聴者に向けてプラスチックゴミの問題を喚起するメッセージを発信する。


******



私たちが廃棄するプラスチックが、自然界に破壊的な影響を及ぼしています。このプラスチック廃棄物は、焼却されたごく一部を除いて、一つ一つの分子が今なお環境中に存在しています。地球のあちこちの海に散らばっているということです。




2006年、UNEPが発行した『Ecosystems and Biodiversity in Deep Waters and HighSeas(=深海および公海における生態系と生物多様性)』の報告書では、海面または海中には1平方マイル(=約2.6平方キロ)につき46,000個の海洋ゴミが浮遊しており、一部の地域では特に深刻な問題であると指摘しています。最も深刻なのは、“東太平洋ゴミベルト(Eastern Garbage Patch)”と呼ばれる――テキサス州の2倍もの大きさの北太平洋に渦巻く海流です。巨大な渦巻きは他にも4カ所あり、それらのゴミをすべて合わせると、地球の表面の約40%が覆われていることになります。

海洋ゴミの90〜 95%にも上るプラスチックは、有機化合物とは異なり、酵素によって分解されないと言われています。その耐久性の高さこそが、世界中のあらゆる生態系の生物のライフサイクルに甚大な害を与え、魚類や海洋哺乳類、鳥類に悪影響を及ぼしています。



https://youtu.be/dAL9Xvrg3hI

第一の問題は、絶滅の危機にさらされている雄大なアホウドリなどが、プラスチックを食べてしまうことです。最も被害が大きいのは、クレ環礁やハワイ・オアフ島に巣を作るコアホウドリです。クレ環礁の鳥類の腹からは、小さなプラスチックの玩具が非常にたくさん見つかっています。毎年ミッドウェー島で生まれる50万羽のアホウドリのひなのほぼ半数は、親鳥が餌として与えるプラスチックを食べて死んでいると思われます。胃の中に306個ものプラスチック片が入っていたひな鳥も見つかっています。

さらに大きな問題となるのは、有害物質の移動です。プラスチックは外洋において光分解し、簡単な化合物に分解しても、決してなくなることはありません。その結果生じた細かい粒状物質はナードルまたは “人魚の涙”と呼ばれ、PCB(ポリ塩化ビフェニル)やDDT(ジクロロジフェルニトリクロロエタン)、さらには海水で薄められた大量の除草剤や農薬などの脂溶性化合物を吸収します。プラスチックは油との親和性も高いからです。

これらの化学物質のごく一部は、フィルターフィーダー(=濾過摂食動物)に取り込まれ、食物連鎖を上って、魚のフライとなって食卓に上ります。人間は知らない間に低濃度の有害物質にさらされているのです。プラスチックなどの海洋ゴミは、浜辺にも山のようなゴミとなって流れつきますが、中には何十年も前のゴミもあります。細粒状の“プラスチック砂”に覆い尽くされた浜辺もあります。


ゴミのうず潮



私たちは、自らの捨てたゴミで溺れそうになっています。生産が拡大し、流通が効率化し、そして消費が増大した結果、「太平洋ゴミベルト」といった浮遊ゴミの集まる海域が現れたのです。

海洋ゴミのたまり場にある廃棄物の大半は、レジ袋やペットボトルから冷蔵庫にまでわたっています。いったん海中に入ると、プラスティックは太陽の光で硬化し、砕け散って細かい破片となります。いくつかの海域では、“blooms(=果実や葉の表面に生ずる白い粉)”のようなこれらプラスチック粒子は海洋生物によって食べられるので、結局、そのプラスチックの化学成分は、人間の食物に入ることになってしまいます。

環境への被害を抑えるには、海洋ゴミのほとんどの原因となっている陸上の廃棄物を適切に処理するほかありません。あるいは、プラスチックを廃棄物ではなく価値ある資源と考えることもできます。

不必要に殺された無数の海鳥や10万頭もの海洋哺乳類のことを思い、未来のために何ができるのか、私たちは知恵を出し合い、創造的な再利用も含めながら、過剰な消費の上に成り立つライフスタイルも見直していかなくてはなりません。

<参考・引用>
メッセージ・オン・ア・ボトル
http://ourplanet.jp/message-on-a-bottle


*************



【7月26日 AFP】1万2500本のペットボトルで作られた双胴船「プラスティキ(Plastiki)」号が26日、リサイクルの大切さを訴える1万5000キロの太平洋横断の航海を終え、豪シドニー(Sydney)港に到着した。

同号は、米サンフランシスコ(San Francisco)からの18日間に渡る航海で、プラスチックゴミや水産資源の乱獲、海洋における気候変動などの危険性を訴えてきた。船体は再生プラスチック容器やリサイクルされたアルミ製かんがい用パイプを素材に、カシューナッツの殻やサトウキビから抽出した天然由来の接着剤を使って作られている。

プラスティキ号のコンセプトは、同号のクルーたちが国連環境計画(UN Environment Programme、UNEP)が2009年に発表した報告書を読んだことがきっかけだという。この報告書では、世界の海洋の1平方キロメートルあたり1万3000個のプラスチックゴミが浮かんでいるとされているほか、毎日800万個のゴミが海洋投棄されていると指摘されている。(c)AFP. 2010年07月26日


http://www.afpbb.com/articles/-/2743294
 
 
地球環境問題について /
スポンサーサイト
- /