S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< モダナークファームカフェのベジタリアンプレート♪ | | 絶品酒粕を使った粕汁と♪ >>
ラッシュジャパン後援「動物愛護法改正へ向けての交流集会」開催
JUGEMテーマ:ペット



IgualdadAnimal

<ALIVE-news より転載>

◆動物愛護法改正へ向けての交流集会のご案内

4月21日(木)、ラッシュジャパンの後援の下で「動物愛護法改正へ向けての交流集会」が開催されますのでご案内いたします。当会調査員も登壇いたします。

案内チラシ
http://thepetlaw.web.fc2.com/Scan/280421tirashi.pdf

内容やお申し込み先等の詳細については、上記の案内チラシもしくは下記にてご確認ください。

以下、詳細 ------

<動物愛護法改正へ向けての交流集会>
〜機能しない現場と立法の必要性〜

日時:4月21日(木)15時〜19時30分
開場:14時30分
場所:衆議院第一議員会館 大会議室
主催:THEペット法塾、全国動物ネットワーク
後援:株式会社ラッシュジャパン

<内容>
■吉田真澄先生(弁護士 元帯広畜産大学副理事長)の講演

■佐藤衆介先生(帝京科学大学教授)の講演
「産業動物の福祉向上はグローバルスタンダード」

■太田匡彦氏(朝日新聞社記者)による取材現場からの発信

■報告と意見交流


<テーマ>
「現場からの報告と動愛法改正の必要性」院内集会

〔醂蒜殺処分の行政を止められるか?
野良猫の保護と餌やり問題
(立法化のあり方。行政の取組のあり方)

⊇衢者不明の犬猫保護の制度は出来るのか?
所有者不明の犬猫の警察と行政の役割
(遺失物法、行政の引取殺処分問題)

A換颪旅埓の取扱の状況(行政調査)

て以取扱業の規制は必要か?
(8週齢規制の進め方、登録制から許可制へ)

ゼ存各以の福祉の制度は必要か?

θ鏈卞以は救われているか?

動物虐待とアニマルポリス、マイクロチップはどうなるか?

動物と人間社会はどうあるべきか?
(動物サンクチュアリ、野生動物など)


<連絡先>
THEペット法塾代表 弁護士 植田勝博
Tel:06-6362-8177, Fax:06-6362-8178

全国動物ネットワーク代表 鶴田真子美
Tel:029-851-5580, Fax:029-851-5586

<申込先>
坂本法律事務所 fwin5675@nifty.com


以上

NPO法人 地球生物会議(ALIVE)事務局
http://www.alive-net.net/


*****

動物を苦しめているのは私たち!!!



捨てられる犬や猫たち、動物実験の残酷さ、養殖場の毛皮動物たち、工場家畜の悲惨さ、一生を閉じ込められて過ごす動物園の動物、駆り立てられる野生動物など、みんなが現実を知れば知るほど、悲しく、絶望的な気分になることでしょう。
しかし、そこで沈み込んでしまったら、誰も動物たちのことを救ってくれません。

苦しむ動物たちを助けるために、どんな小さなことでも、かれらのためになることをやっていきましょう。


 

動物愛護管理法*パブリックコメント等 | ねこまる | 21:05 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 21:05 |