<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
参議院農林水産委員会でアニマルウェルフェアについて言及
JUGEMテーマ:食生活



<アニマルライツセンターより>

第190回国会 2016年3月10日(木曜日)参議院農林水産委員会で、小川勝也議員が畜産動物のアニマルウェルフェアについて言及しました。
小川議員秘書の計らいで、傍聴に行ってまいりました。

委員会で小川議員は、海外と日本の規制の比較表を提示。
豚のストール飼育、豚の歯・尾の切断、鶏のバタリーケージ飼育、鶏のクチバシの切断の問題について、一つずつ言及していきました。

バタリーケージについては
「なるべく狭いケージで小さい鶏で、卵をたくさん長期間産むように改良に改良を重ねてきたのが私たちの国の鶏卵生産現場です。そのおかげで物価の優等生といわれています。」
「私たち人間の都合だけで物価の優等生だということで鳥を不幸せにしていいんでしょうか?嘴を切断します。神経があるので痛いのではないかと言われています。鶏という動物がどういう動物かというと、一日に15000回地面をつつく。そして彼らも産まれてきた特徴があります。止まり木が必要である、砂場が必要である。そして地面をつついて餌があるかどうかを探したい。これを全部人間の欲望だけでクチバシをカットしてバタリーケージに押し込めているのが世界に冠たる経済大国、日本の姿なんです」と述べ、アニマルウェルフェアの意識を高める必要性を訴えました。

この日の質疑詳細
http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=440


 最後に小川議員は
「儲かる農業、これは否定しません。しかし私たちの国の農業は持続、共存これが大事だと思います。人間さえ良ければ家畜はどんなことをしてもいいんだという概念は私は間違っていると思う。もっともっといい国にしようじゃありませんか。」と述べ、ともに努力していこうと訴えました。

政治を担う人々が集まる国会という場で、このように詳細にわたり畜産動物の飼育の問題が取り上げられたのはおそらく初めてではないかと思います。「産業動物」というくくりで、その感受性についてクローズアップされることのほとんどない畜産動物たちの現状に、ほかの議員の方々も驚き、関心を持ったように感じました。

この小川議員の問題提起がきっかけとなり、畜産動物の苦しみを少しでも減らせるよう、私たちアニマルライツセンターは今後も尽力します。

*下記の比較表から「絶食・絶水による採卵鶏の強制換羽」「強制給餌(フォアグラ)」を除いたもの
http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=422


会議録

当日の小川議員の質疑は、下記のリンク先から動画で見ることができます。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
*審議中継カレンダーで3/10を選択し、下のほうにスクロールして農林水産省を選択し、ポップアップ画面で小川勝也(民主党・新緑風会)を選択してください。
アニマルウェルフェアについての質疑は2:25:37ごろから始まります。

動画視聴には期限があります。期限切れの場合は、下記のリンク先から会議録をご覧ください。
http://kokkai.ndl.go.jp/
*詳細検索を選択し、日付を入力し検索してください。

________

■アニマルライツセンター最新記事
環境と健康を破壊するレザー(皮革)
http://www.arcj.org/animals/cloth/00/id=840
卵を使わないビーガンオムライス調理実習&試食会
http://www.hachidory.com/event/00/id=431
アニマルフリーファッションを選ぶ8つの理由
http://www.arcj.org/animals/cloth/00/id=841

■その他お知らせ
2016年4月2日(土) 日本初☆VEGANパレード@京都
主催:アニマルライツ京都(さっち〜)
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1700.html


NPO法人 アニマルライツセンター
http://www.arcj.org


【お知らせ ここまで】


*******************



「感謝して食べる」事で、畜産動物たちの苦しみが帳消しになるはずはありません。
かれらは「私たちと同じ苦しみを味わうのだ」ということに思いが到れば、動物を残酷に扱うことなど決してできないはずです。


小川議員は、WSPA(世界動物保護協会)の日本の評価が、中国やフィリピンよりも低い、ランクDだと紹介されていましたね。

WSPAの理想:動物福祉が問題とされ、動物に対する虐待がない世界
WSPAの使命:世界中が団結して一つの動物福祉運動を作り上げること


WSPAの理想・使命。これが完全・完璧ではなく、前提とすることが大切です。
動物福祉だけでは、動物の犠牲は無くせません。
人間の日常生活のあらゆる場面の中で、「人間の動物利用」が肯定されていることに、疑問を持つことが重要です。


 
肉食・工場畜産について / 2016.03.15 Tuesday 20:39 | 
<< ちらし寿司と巾着(おいなりさん)? | main | 「アニマルハッピー!」連続講座のお知らせ >>
スポンサーサイト
- / 2017.04.29 Saturday 20:39 |