S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 板チョコ1枚、1,500円!びっくりするよ! | | 上川隆也さんと、ノワール♪ >>
ファブリーズが危ない?
JUGEMテーマ:ペット



【転載】

やっぱり危険だった!
P&G『ファブリーズ』の除菌成分に生殖異常・精子減少リスク――汗や臭い対策の薬用化粧品でも使用


05:02 12/18 2015
植田武智 

P&G『ファブリーズ』等に使用される除菌成分「Quat」(第四級アンモニウム塩)によって、メスのマウスで妊娠率や生まれる胎仔数の減少、オスで精子濃度や運動性が減少したという研究が米国で発表され、先月(11月18日)、環境団体が警告を発表した。毒性が発見されたきっかけは、大学の実験室の洗浄剤をQuatに変えて以降、実験動物の流産が増えたことだという。カーペットや布団に噴霧したものを吸い込んだり、子供がなめたり、また車用の場合は直接吸入されるため、妊娠中の母親、赤ちゃん、若い男性は、使用を控えたほうがよい。布団へのスプレーで噴霧される量の0.8%以上を飲み込むだけで安全とは言えない量となる計算だ。ファブリーズ以外にも、第四級アンモニウム塩は、汗やにおい対策の薬用化粧品などに、殺菌成分として使用されている。

【Digest】
◇消臭・除菌スプレーの安易な使用で危険性はないか?
◇実験室の洗浄剤が原因で妊娠率減少
◇オスのマウスでも精子減少
◇東京都の試験でも赤ちゃんマウスに健康被害
◇除菌成分の含有量は非公開とP&G
◇布団へのスプレー量の0.8%以上吸い込むと危険
◇汗・ニオイ防止の薬用化粧品にも使用

◇消臭・除菌スプレーの安易な使用で危険性はないか?

ファブリーズのコマーシャルでは、布団や洋服、カーペットにこたつなど、あらゆるもの消臭・除菌に使用することを勧めている。

スプレーする時のミストや、布団にしみ込んだ成分を吸い込んでしまうこともあるだろう。家庭用消臭・除菌製品の増加で、健康被害のリスクは増えていないのだろうか?

実は、すでにファブリーズをはじめとする消臭・除菌剤の安全性については、インターネット上には、数多くの情報が流れている。しかし残念ながら、NAVERまとめなどを読んでも、主張を裏付ける具体的な根拠情報が紹介されてはいない。

他方、メーカーのP&Gは、製品ホームページで、「一部のソーシャルメディア上において、ファブリーズのペットへの安全性に関する不安の声が見受けられますが、これは事実ではありません。製品を正しくお使いいただいた場合、人と同様に、犬や猫に対する安全性上の問題は考えられません」と主張するものの、自社で検討したというだけで、具体的な研究データは示していない。

そこで本当に安全なのか、危険なのかを検証した。

まずはファブリーズに使われている消臭・除菌成分の特定が必要だ。消臭成分について、表示では「トウモロコシ由来消臭成分」としか書いていないが、化学物質としては「β-シクロデキストリン」というものだ。

環状のオリゴ糖で、輪の中に嫌な臭いなどを包み込んでしまうことで臭いを感じなくさせる作用がある。


http://www.mynewsjapan.com/reports/2216

【転載 ここまで】


***************


 

Q.ファブリーズの安全性は、どんなふうに確認されているの?

P&Gでは、皮膚刺激性、皮膚感作性、吸入時安全性、誤使用時の安全性(例:目への刺激、誤飲時の安全性)など、通常ファブリーズが使用される状況において考えうる全ての安全性関連事項の検討を行っております。


安全性が疑わしい化学物質については、私たちはむしろ動物実験していない製品を選ぶ方が安全ではないでしょうか。これまで長年使用されてきて経験的に有効性・安全性が知られている自然の成分や、すでの試験済みの成分を使うなら、今さら動物実験をする必要がないからです。

必ずしも私たちの生活の必需品ではないもののために、他の生命を傷つけ苦しめ、殺すことは、やめにしなければなりません。日常のくらしの中で私たち自身、動物実験をしていない製品を選んで使い、できるだけ動物の犠牲のない選択をしていきましょう。


<画像>
https://www.facebook.com/pages/Stop-Vivisection-Now-humanitys-shame/167178736676351


 
動物実験について | ねこまる | 16:13 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 16:13 |