S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 安心ヴィーガンパン♪大量に製造されるふんわりパンのヒミツ! | | 愛護動物、ペット愛玩動物、との違いとは? >>
羊たちの悲劇
JUGEMテーマ:ファッション




羊毛の80%はオーストラリアで生産されています。
その羊毛産業の現状は惨憺たるものです。
ある見積もりによると、毎年、およそ800万匹の羊が死んでいます。
そのほとんどの原因は、牧場主が不適切に飼育したために起る病気や疲労です。
また、子羊の40%は生まれて間もなく、あるいは8週間以内に、飢えや寒さのために死んでいます。


牧場では何万匹もの羊が飼育されているために、個々の羊が気にかけられることはありません。
生まれて数週間もすると子羊は尻尾を切られ、雄の子羊は麻酔なしで去勢されます。
さらにウジ虫にたかられることがないように、尻の肉を無残に切り取られます。


それだけではありません。
羊たちは自然に抜けるまえに毛を刈られてしまうので、毎年、一万匹もの羊が体調を壊して死んでしまいます。
羊たちは老いると、屠殺のために中東に送られます。
途中、病気になると、生きたまま海に捨てられてしまいます。


こんなに羊を苦しめてまで、羊毛や羊革の製品を買う必要があるでしょうか。
動物の毛を買わなくても、より軽くて安く、しかも乾きが速い製品はたくさんあります。

 

 

動物を資源とみなすことは、もうやめにしましょう。

動物を人間の物や財産とみなす限り、動物たちの苦しみは延々と続くことになります。

それは、人としての行為やモラルからみても、道徳的に許されることではありません。

 

いずれにせよ、衣類のために動物利用は、全て不必要なことなのです。

 

 

 

 

ウール*羊 | ねこまる | 21:51 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 21:51 |