S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< きむらかよさん『やさしい玄米のお菓子』で玄米粉のスコーン | | VISAは象乗りツアー広告をやめて! >>
『100歳の華麗なる冒険』!サーカスから救出された象に共感!

JUGEMテーマ:小説全般

 

100歳の華麗なる冒険 [ ロバート・グスタフソン ]


100歳の華麗なる冒険』という映画を、観ました。

こちらは、スウェーデンの小説家ヨナス・ヨナソンの『窓から逃げた100歳老人』が映画化されたもの、ということだけ知ってました。
小説の内容も映画のストーリーも予告編なども知らずに見ました。





内容は見た人のお楽しみですが…!

私がここで言いたいことはですね、象が出てきたんですよ!!!
しかも、この象は、サーカスから救出された象という設定だったんです。
象を育てている女性が、「サーカスは動物虐待だ」って映画で、言ったんです!

それを、ご紹介したくて!

映画の中といえども、こうして学ぶようなエッセンスがあちこちの場面でちりばめられているのだから。

人間が動物に共感する生き方を、ちゃんと学んでいけるようにと、思いました♪




artforvegan

共感について

人間の行動の原点には、共感というものがあります。


共感こそ、人間を人間足らしめる最も大きな本質的な能力のひとつでしょう。人間という枠を越えて、その共感の範囲を動物や自然や地球や宇宙にまで広げていそれは、自分という小さな枠を越えて、より大きなものに共感していくことです。
そこに、人間の知性や理性の源泉があります。

共感の思いがあれば、私たちにできることは何かということを考えます。

人間がより高みへと成長し進歩していく上で必要な、「共感する」ということ。
私たち人間は、常にどんな小さなことでも、自分自身でできることを発見していくことが大切です。



 

窓から逃げた100歳老人 [ ヨナス・ヨナソン ]

 

 

世界を救う100歳老人 [ ヨナス・ヨナソン ]

 

 

 

サーカス | ねこまる | 23:10 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 23:10 |