ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。



にくきゅう手帳

OTHERS







<< 「野菜料理キツツキ」さんのお菓子!カウスピラシー観てね♪ | main | 競馬 馬の顔にムチ >>
FDAが、動物として初めて遺伝子組み換えサケの販売承認

JUGEMテーマ:食生活

 



アメリカでは既に、遺伝子組み換え食品が農産物のみならず、動物にも及んでいます。

米食品医薬品局(FDA)が、遺伝子組み換え操作をして自然界での生息より速く、大きく成長するサケを、食品として販売することを承認しました。食用のために飼育されている動物の承認は世界でも初めてです。

このサケは、米バイオベンチャー企業のアクアバウンティ・テクノロジーズ(本社・米マサチューセッツ州メイナード)が開発しました。大西洋サケに、成長が速いことで知られるキングサーモンの成長ホルモンの遺伝子を組み込んでいます。「栄養成分は自然界の大西洋サケと変わらず、少ない餌で天然の大西洋サケの倍の速さで大きく成長し、食用として生産効率が高い」そうです。


●サーモン 遺伝子組み換え
米当局、植物以外の食品で初承認


2015年11月21日(朝日新聞)

米食品医薬品局(FDA)は19日、遺伝子操作により通常より2倍ほど速く育つようにした遺伝子組み換えサーモンの販売を認める方針を発表した。植物以外での遺伝子組み換え食品の承認は初めて。一部で「フランケン・フィッシュ」と呼ばれるなど安全性を心配する声も出ている。FDAによると、マサチューセッツ州のバイオテクノロジー企業が開発。別の魚の成長ホルモンの遺伝子を組み込むなどして、出荷まで通常3年ほどかかる養殖期間を半分ほどに短縮できるという。カナダとパナマにある専用施設2カ所でのみ養殖が認められた。早ければ約2年後に米国内で市販される見通し。(ワシントン=小林哲)

 

 


**********

署名もあります。

 




「フランケンフィッシュ」は食べたくない!
鉛筆2 http://www.avaaz.org/jp/stop_frankenfish_r/

 


<署名内容 転載>

17  日1月 2013
米国は、史上初となる遺伝子組み換え食用魚肉「ミュータントサーモン」を世界にふるまおうとしています。人体への安全性は未知数であり、自然環境に放された場合、在来種のサケを駆逐する恐れもあります。「フランケンフィッシュ」の異名で知られるこの怪しいサケが私たちの食卓に並ぶ前に、皆でこのサケの食品としての承認を阻止しましょう。

新たに誕生した突然変異のサーモンは通常の2倍の速さで成長し、科学者ですら長期的に食べた場合の健康への影響は分からないと言います。それにもかかわらず、遺伝子組み換え生物を誕生させた、まさにその会社が資金援助した研究に基づき、食品としての安全宣言が出されようとしているのです!

幸いにも、米国では食品として承認される前にパブリックコメントを募り検討することが法律で義務付けられています。消費者や環境活動家、漁業従事者が一体となってこの疑わしい取り決めを撤回するよう訴えれば、その声はますます大きくなっていきます。このタイミングで私たちも彼らと共に声を上げ、世界中から食品としての承認の撤回を求めましょう。

承認すべきかどうかの協議は今まさに進められており、「ミュータントフィッシュ」を食事メニューに載せないようする絶好のチャンスです。「フランケンフィッシュ」を阻止すべく、ご署名の上お知り合いの皆さまにもシェアしてください。署名者数が100万人に達しましたら、私たちの訴えは米国で行われている協議の場に公式に届けられます。

 

 

マーガレットA. ハンバーグ(Margaret A. Hamburg)米食品医薬品局長 殿:

私たち世界中の消費者は、アクアバウンティ(AquaBounty’s)社が開発した遺伝子組み換えサケを食品として承認しないよう要請します。遺伝子組み換えされた魚は自然界の海洋生物を脅かします。また、遺伝子組み換えされた動物・魚の肉を長期的に消費した場合の影響に関する研究は、まだ十分になされていません。さらに、米食品医薬品局(FDA)が遺伝子組み換えサケを食品として承認すれば、今後次々と遺伝子組み換えされた動物・魚の肉が世界中に出回ることになりかねません。食品として承認しないようお願い致します。

 


【署名内容 ここまで】
 

 


※必見!!
遺伝子組み換え鮭(サケ)をFDA(米国食品医薬品局)が認可
2015/11/21
http://gmo.luna-organic.org/?p=868

2015年11月19日、FDA(米国食品医薬品局)がついに遺伝子組み換え鮭を食品として認可しました。遺伝子組み換え動物が食品として認可されるのは、世界でこれが初めてです。

このサケは、アトランティック・サーモンの中に、大きく成長するパシフィック・サーモンの遺伝子と、季節を問わず1年中成長するゲンゲといううなぎに似た魚の遺伝子とが組み込まれていて、そのために通常の半分の期間で成長するといいます。

このサケを開発したのは、マサチューセッツ州に本社を置くアクアバウンティ・テクノロジーズ社。
同社では、消費者の元にサケが届けられるまで今から2年ほどかかると見込んでいます。

この遺伝子組み換えサケは、食品としての安全性が不確かであるほか、環境への影響もかねてから懸念されてきました。

このサケは繁殖不能になるように遺伝子組み換えされており、仮に養殖場から逃げ出しても在来のサケと交雑する可能性はないため、環境への影響はないとされています。
しかし、もしも不妊のサケが環境中に大量に逃げ出して、在来のサケとつがいをつくろうとしたら、どうなるでしょう。結局卵は孵らず、サケという種の滅亡を招く恐れもあります。
また、不妊化技術も絶対的なものとはいえず、そのうちに繁殖能力を取り戻す可能性も完全には否定できません。その場合には、組み換え遺伝子が環境中に拡散してしまうことになります。
また、GMサケの性格は獰猛で、食欲が異常に旺盛であることから、もしも逃げ出した場合は小魚を大量に食べてしまい、生態系を損なう恐れがあるという指摘もあります。
サケがもしも養殖場から逃げ出した場合、本当に環境への影響がないなどとは考えられません。

FDAが今回の認可にあたり、陸上に隔離した施設を設けて行うことを条件としたのは、こうした環境影響への懸念に配慮し、世論の反発を抑えるのが目的と思われます。
また、アメリカ国内での養殖は認めず、カナダとパナマでの養殖に限るとしたのも、国内の環境保護論者を意識してのことでしょう。

アクアバウンティ社では当初はアメリカで養殖を行うことを計画していたようですが、FDAの認可がなかなかおりないためそれをあきらめ、カナダのプリンスエドワード島で卵をつくり、それをパナマの養殖場に販売することにしたもようです。

同社によれば、通常の半分の時間で養殖できるため、時間と資源の節約になるということですが、時間は半分になっても、食べる餌の量は結局同じだけ必要なのではないでしょうか。体を成長させるにはそれ相応の餌が必要なのですから。

そもそも遺伝子組み換えかどうかにかかわらず、サケを安く大量に食べたいがために養殖する、ということ自体が、環境への負担になっていることも知っておきたいものです。

マグロもサケも肉食なので、養殖のためには、大量の小魚が必要です。
100kgのマグロのためには1トンの小魚が必要といわれます。
サケの養殖も同様に大量の小魚を消費します。
限られた漁業資源を世界中の人々で分け合うためには、サケやマグロのような大型の魚はなるべく食べず、小魚を食べる方が、ずっと多くの人がお腹を満たすことができるのです。

大型魚の養殖は餌の小魚を大量に消費することによって、漁業資源の枯渇を促進し、環境に大きな負担となっています。

FDAはこのアトランティック・サーモンは食品として安全であり、一般的な養殖サケと栄養的にはなんら変わるものではないので、表示の必要性はない(アメリカでは)と表明しました。
遺伝子組み換え表示義務のない国アメリカでは、このサケの認可によって、表示義務化を求める動きがより一層強まるものと思われます。

ちなみに日本では「組み換えられたDNAやそれによって生成したタンパク質が含まれる食品」には表示義務があるので、サケの切り身を販売する場合には必ず表示がされることになります。
しかし、外食では表示義務がないため、要注意です。
今からファミリーレストランや回転寿司屋などに「遺伝子組み換えサケを扱わないで」と要望しておくのも有効です。

〜転載 ここまで


***********

カナダでは遺伝子操作された豚が既に開発されているそうです。

この承認後、ますます「FDAへの遺伝子組み換え動物の審査申請」が増えるという話もあり、「遺伝子組み換え動物」が食品として流通する時代が到来しそうです。


経済効率優先の企業と人間の動物消費の欲望には、果てがありません。
 

 


ダイヤ サルでもわかる遺伝子組み換え

GM(遺伝子組み換え)の基礎知識
http://gmo.luna-organic.org/?page_id=18

NonGM生活ガイドー遺伝子組み換えを避けるには
http://gmo.luna-organic.org/?page_id=22

 

 

 

食・ファストフード・食品添加物 /
スポンサーサイト
- /