S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 自家製!昆布のつくだ煮 | | 酒粕の入ったおやつよ!パンケーキ♪ >>
祝島の、おいしい「岩田コーヒー」
JUGEMテーマ:家庭


大阪・高津宮の「ASIAN PUJA 2015 ーいのちわくわくー」のイベントでは、札幌から祝島に移住したという、岩田珈琲店のコーヒーを買いました!

 

https://iwatacoffee.shop-pro.jp/

 

 

祝島(いわいしま)は、山口県上関町の島で、約450人が暮らしています。鎌仲ひとみ監督の「ミツバチの羽音と地球の回転」の映画の舞台になった場所です。
祝島の対岸、4キロ先で上関原発の建設が計画されていて、この原発予定地の真向かいにある祝島の人たち(島民の9割)は建設にずっと反対しています。

原発反対も命がけです。一生をなげうって反対しています。生半可な決断では成し遂げられないことです。活動が暮らしの一部、あるいは全部だという姿に胸を打たれました。


祝島に移り住んで、珈琲店を営んでいる堀田さんのコーヒーです♪

 




猫ちゃんのスタンプが、可愛らしい♪フェアトレードコーヒーだそうです。


「Biolaboゆう」のブースで買いました!
普段は、天王寺で「エコスペースゆう」として、関西産のオーガニック野菜などを販売(曜日・時間限定)しているようです。
 

 




小商いって聞いたことがありますか?

『小商いのすすめ』の著者である平川克美さんによると、「自分の手の届く距離、目で見える範囲、体温で感じる圏域でビジネスをしていくこと」だそうです。
今の時代、私たちの身の回りのものは、生産者の姿が見えないもので溢れ返っています。一握りの大企業が作るものは安くて手に入りやすいかもしれませんが、その裏では経営利益優先の環境破壊が進むなど、私たちの暮らしを目に見えない形で浸食しています。

小商いって、昔は当たり前だったのかもしれません。
今は、「昔の当たり前」を取り戻す時代、「昔の当たり前を日常に」することに目を向ける時代といえるのかもしれません。
いいもの(習慣)は、残していきたいですよね。




Iwata Coffeeの「祝島ぶれんど」、おいしかったです♪


【映画「ミツバチの羽音と地球の回転」予告編】


上関町では、1982年より町内を二分する原子力発電所立地問題が持ち上がっています。

島では、原発のお金に頼らない、自立した地域づくりをめざし、おいしくて安心な商品を作り続ける取り組みをしています。

 

フェアトレード | ねこまる | 12:51 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 12:51 |