ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
クリスマスのメロディー
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

たったひとりで。
小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
三育フーズ
妖精の森
アリサン
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。



にくきゅう手帳

OTHERS







<< 【署名】鶏のケージ飼育を止めて下さい!!卵を産む鶏を閉じ込めないで! | main | 連続講座 第4回 野生動物とヒトとの関係〜クジラとイノシシの現場から〜 >>
『綿花の話』〜オーガニックコットンはフェアトレードで!

JUGEMテーマ:ファッション


田中優さんの有料メルマガで掲載された内容です。

『 綿花の話 』

◆ オーガニックコットン

 

実際問題として、オーガニックであろうがなかろうが、製品になった時点で農薬は痕跡も見つけられない。実際には洗って染色して発色剤を入れてしまうのだから、なかなか調べはつかない。

でもオーガニックコットンをわざわざ高いのに使うところでは、それにさらに染色で有害物質を使ったり、発色剤で光らせたりはしないだろう。実際、きなりや草木染が多いのはそのためのことだ。だからむしろ安心できる。

オーガニックコットンは、生産の時点よりも、それを加工する時点の問題のほうが多い。少なくても使用時の健康問題としては。ごく一部、化学物質過敏症の人にオーガニックであるかどうか分かる人がいるが、通常機械では測定できない。

この綿花栽培で滅茶苦茶な環境破壊が起きたのはアラル海だ。アラル海はもともと大きな湖だった。ところが科学万能主義の社会主義ソ連は、そこに巨大な開発して農業生産を上げるために灌漑を行った。そこで生産されたのが綿花だった。

綿花という作物は調べてみると奇妙な性質を持つ。水はけの良い土地で、水をたくさん与えなければならず、水はけが悪いと根腐れするのだ。
つまり砂漠に水を撒け、という作り方がされるのだ。

その結果アラル海は干上がってしまった。水はもはやほとんどなく、砂漠に残された船が点在する荒涼とした場所になった。水が減ったことで塩分濃度が増し、海水に流れ出る前に海水より塩分濃度が高くなった。したがってほぼ魚は全滅した。
http://labaq.com/archives/51268855.html

それだけでなく綿花は莫大な農薬を必要とする。地球上で最も農薬を消費しているのが綿花なのだ。さらに枯葉剤も必要になる。綿花は収穫するときに機械で巻き込んで綿花を取るのだが、十分に枯れていないと葉の葉緑素が混じりこんで汚い色になってしまうからだ。そのため枯葉剤を使って十分に枯らしてから収穫することになる。

これがアラル海では水を失った湖から巻き上がった。巻き上がった農薬入りのホコリは、周囲の子どもたちの肺に入り込んだ。おかげで世界でも有数の子どもが死ぬ地域になっていった。

綿花は貧しさを競い合う作物だ。かつてインド綿、エジプト綿が豊富だったのは賃金が安いから国際競争力があったのだ。それがもっと貧しい中国内陸地に移り、アフリカのサブサハラ地域移っていった。こうして多くの貧しい労働者と児童労働と犠牲になった農薬被害者の上に綿花が届く。風合いが柔らかで、暖かくステキな素材、綿花は、こうして作られているのだ。

 


◆ アメリカのオーガニックコットン

こうした背景から、安心できない生産ではなく、そして生産者が守られるものとして広がってきたのがオーガニックコットンだった。今では枯葉剤を使わずに手摘みするインドなどのオーガニックコットンと、アメリカのオーガニックコットンが広く使われている。

しかしアメリカのオーガニックコットンには問題がある。アメリカの綿花はどこで作られているのだろうか。綿花は水はけの良い土地で、水を使う。そう、アメリカでは中部に広がるコーンベルトと呼ばれる大とうもろこし畑のある地域で作られる。

しかも巨大水撒き機「センターピボット」で自動で水撒きして作っている。
その水源はどこにあるか。それがオガララ帯水層と呼ばれている、氷河期の氷が溶け出して作られた巨大地底湖の水なのだ。多くは海水のように塩分が高かったりするが、オガララ帯水層は真水だった。この水が使われているのだ。砂漠だから水はけがいいし、そんなところまで害虫も飛んでくることができない。

さらにオーガニックで生産できる理由が、枯葉剤が要らないことだ。砂漠で水撒き機を使っていのだから、その水を止めるだけで植物は枯れる。だから十分に乾燥して機械で収穫できるのだ。

ところがオガララ帯水層の水は補充されない。次回の氷河期の水が溶けるまでは。そのため水位が年々下がり続けている。すると深い井戸に変えなければならず、ポンプアップするための電気料金もかさむ。これを救済するために、アメリカでは補助金をつけて電気代を安くしている。ところが、それでも水位の低下は止まらない。当たり前だ。水が補充されないのだから。

これによってアメリカの大穀物地帯は2020年代には砂漠に戻るだろうと言われている。水位下がり続けているからだ。そのセンターピボットは、グーグルアースで見ることすらできる。巨大で一本のホースが400メートルから1キロメートルあり、長方形や円形にホースが動いて水を撒く。

アメリカのカンザス州西部などや、サハラ砂漠でもみることができる(サハラ砂漠にも地底湖がある)。このセンターピボットが止まるとき植物は枯れる。
今はそれでオーガニックコットンを生産できているのだが、いずれは完全に止まる日が来る。日本が輸入しているアメリカからのダンピング輸出されてくる穀物も同じだから、それもいずれ止まる。

そのときにはアメリカにアラル海ができる。ただしアメリカ製は地底湖だったから、表面にはうち捨てられたセンターピボットと農場が残るだけだ。そのためアメリカは、水の豊富なカナダから水を引く計画を考えている。カナダに断られているが、それでもあきらめていない。

 

◆ オーガニックコットンはフェアトレードで

オーガニックコットンは、生産地の問題のほうが多い。
消費地である私たちの国では、洗われたコットン自体からはオーガニックであるかどうかを調べることはほとんど不可能だ。
消費地ではむしろ染色や定着液、発色剤などの化学薬品の危険性の方が大きい。

しかしそれでもオーガニックコットンは重要だ。生産者の暮らしに役立つからだ。通常の綿花では生活できない。貧しくぎりぎりで生き、子どもも働かせなければならない。条件は劣悪で、もちろん世界一農薬に被曝する。本当は綿花はすべて無農薬生産にさせたい。ところがオーガニック認定を受けるためには、その土地で農薬を使わなくなってから3年以上経たなければならないことになっている。貧しい農家には無理な相談だ。

その3年以上の期間を生活できるようにするために、「プレオーガニックコットン運動」が展開されている。


プレオーガニックコットン
http://www.preorganic.com/

NY Green Fushion
http://www.nygreenfashion.com/html/learn/organiccotton.html





http://noc-cotton.org/

衣類に残る有害な化学物質の危険性は調査が難しくまだ十分にわかっていませんが、綿花の栽培には多くの農薬が使われていて、脱色・染色にはさらに多くの化学薬品が使用されていること、栽培時と製品加工時に大量の水を使うこと、そのことが綿花農家を苦しめている現状が詳しく書かれてあります。

インド綿花産業と農薬

生産者に人間として生きられる暮らしを届けるために、オーガニックコットンを選びましょう。
私たちの健康リスクの問題ではなく、貧しい国の人たちの生活を守るためのものとしての選択を。

 

 

 

フェアトレード /
スポンサーサイト
- /