ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
クリスマスのメロディー
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

たったひとりで。
小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
三育フーズ
妖精の森
アリサン
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。



にくきゅう手帳

OTHERS







<< ビヨンセの「22Daysヴィーガン・チャレンジ」ダイエット! | main | バター品薄でも大丈夫!定番、植物性100%ケーキ♪ >>
ネパールのいけにえ祭。5年に一度の動物大虐殺
JUGEMテーマ:ペット


<WEEAC japan Facebookより>
https://www.facebook.com/WEEACJapan?ref=stream

10,000 buffalo calves and 150,000 goats will be offered to Gadhimai -- the goddess of power -- during the ritual. Watch a CNNi report on the ritual.
「ネパールのいけにえ祭」11月28日、ヒンズー教寺院にて5年に1度開かれる大虐殺。1万頭以上の水牛の子牛や15万頭のヤギなどが刀で首を惨殺されました。
(CNN)http://edition.cnn.com/2014/11/29/world/asia/nepal-gadhimai-ritual-slaughter/index.html?sr=fb113014ritualslaughter8pstorylink


**************************

 

ガディマイ祭といってこの生贄祭りは、約260年前から行われているようです。




カメラ画像

https://www.facebook.com/media


こんな苦しみを背負わせていい理由なんて、どこにもありません。

神がいるとすれば、こんな生贄を本当に必要としているか、こんな生贄を喜ぶのかどうか、考えなくてもわかるはずです。
宗教に対する信仰心って、本来は争いや犠牲や危害を加えることにはつながらないはずです。

伝統って、それが歴史的にずっと行われてきたからといって、その行いが必ずしも正しいとは限りません。
生贄も、その最たるものです。

祭だから、と見ているから残虐性が際立つかもしれませんが、屠場で殺される動物も、同じ運命です。





肉食に利用される動物たちも、これと同じ線上にいます。


**************************

<引用:アニマルライツセンターより>
http://www.arcj.org/animals/sacrifice/00/id=446

ガディマイ祭りの概要

信者たちは、MERA(宗教儀式)の数週間前にこの地に到着し、収穫後の田んぼにテントを立てて野宿を始める。
その時すでに、信者たちは、生贄になる動物(水牛、豚、ハト、ヤギ、羊)を連れている。
彼らの多くは家族でこの儀式に参加するために長距離を移動してきており、また、珍しいイベントを見るためにインドの国境を超えてきている人も多い。

この儀式は、動物福祉の問題だけでなく、彼らの家系を圧迫するという問題ももっている。ほとんどの家族は大変貧しく、不用意に1ルピーを使うこともまかりならないような状態だ。彼らはこの儀式のために動物を購入し、借金を抱える。
牛を犠牲にしないと言われるヒンズー教であるが、このガディマイ祭りでは、水牛がもっとも徳が高い生贄として重宝されるため、巡礼者が何千もの水牛を連れてくる。

連れて来られた数千の水牛は、サッカーグラウンド2個分ほどの大きさの囲いの中に閉じ込められる。この時彼らはまだ自分たちの運命を知らないだろう。この囲いの中には、日よけになる影もなく、水牛には水も餌も与えられないまま、祭りの儀式の時を待つ。そして多くの水牛が、長旅の中での疲労と、飢餓と、脱水により、死亡してしまうのだ。

 

儀式で行われること

 

儀式の日が来ると、ひとつの巨大な囲いに入れられている数十万の動物たちは、殺される。
200人以上の殺害するための男たちが、囲いの中に入り、剣を振り回す。
水牛は、意識がある中で、首を切り落とされている。斬首は、容易な方法ではない。殺すまでに、何度も突き刺している様子が報告されている。さらに、一部の報告では、最初に足首の腱を切られ、立てなくしてから首を切っていることも報告されている。

すべての動物は、周りで動物たちが惨殺されるさまを見なくてはならない。水牛だけでなく、すべての動物が、酷いストレスと恐怖を味わいながら、ひどい方法で殺されていく。


儀式が続く理由

この儀式が続く本当の理由はやはり金銭的なものだ。
この儀式に対し、ネパール政府は多額の援助を行っている。
2009年には、32,000ルピーを支払った。
世界中の動物福祉団体は、ネパール政府に対し、この援助を今後一切行わないよう求めている。

さらに、動物の死体は一部は埋葬されるが、その他は肉として、革としてなど、売られていく。その多くはインドに流れているという。
この祭りを通して5億円近くの金が儲かるそうだ。



**************************



私たちは、動物たちを、まるで私たちが好きなように利用してもよいものとして、私たちのために存在しているかのように考えるべきではありません。

私たちは、ただ私たちがそうすることができるからという理由だけで、動物たちを所有物、資源、または人間のために存在する使い捨ての機械と考えるべきではありません。

これは、とくに人間と動物の関わりを考えるときに、心に留めておかなくてはならないことです。
 

人間が動物を利用することを選択したとき、動物たちは、例外なく、その決定に対して何の発言権もありません。このことは、私たちがしっかり覚えておかなければならない重要なことです。動物たちは、自分たちが人間に利用されることに関して承諾を与えたり、拒否したりすることができないのです。かれらは、私たちの善意と慈悲に頼っています。動物にとって最良の利益が与えられるように人間が心に留めてくれるかどうかについても、動物たちは人間まかせなのです。

マーク・べコフ『動物の命は人間より軽いのか―世界最先端の動物保護思想』p.24〜25より抜粋

 




私たちはそろそろ、動物たちへの残酷さを捨てて同情へ、冷淡な無関心より感情移入による共感を覚えなくてはなりません。
多くの人が、動物の痛みを私たち自身が心に感じることができるようにしなければなりません。

動物を気遣い、すべての生き物の生命の美しさと価値を認めることによって、この世界はよりよいものになっていくことでしょう。
 

 

祭り・行事・ギャンブルの犠牲になる動物たち /
スポンサーサイト
- /