ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
クリスマスのメロディー
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

たったひとりで。
小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
三育フーズ
妖精の森
アリサン
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。



にくきゅう手帳

OTHERS







<< さつまいもが、できた〜! | main | ノイヌ・ノネコの取り扱いに関する要望書提出 >>
【象牙商品の真実】象牙やサイ角の輸出入を一切禁止に!
JUGEMテーマ:ペット




◆私たちは、ゾウとサイを絶滅から守るために、ワシントン条約を遵守するだけではなく、今後の象牙・象牙商品・サイ角の輸出入を一切禁じることを求めます

 


鉛筆2署名

発信者 :Global March for Elephants & Rhinos in Tokyo: 「ゾウとサイの日」東京 実行委員会

 


現在、アフリカゾウは15分に1頭、サイは9時間に1頭密猟目的で殺されています。

 

印鑑や装飾品、和楽器のバチや茶道具などで日本に馴染みのある象牙は、ほとんどがアフリカゾウから採取された物です。60年前に130万頭生息したゾウは、今およそ50万頭足らずしか残っておらず、ワシントン条約で守られているはずのアフリカゾウはここ27年で13万頭、そのうち過去3年で10万頭が殺されています。早ければあと10年で絶滅するとも言われています。

 

同じくサイの角はアジア諸国で精力剤として需要が高く、今の密猟のペースが続けば2016年から2018年の間に、死亡率が出生率を追い越して絶滅すると言われています。

 

象牙とサイ角は国際取引がワシントン条約によって規制されてはいますが、管理が徹底していないため、合法・違法象牙の見分けがつかなくなっており。その実態が象牙とサイ角の違法マーケットに繁栄の余地を与えています。

 

さらなる問題は、犯罪組織やテロリスト組織などが「象牙やサイ角の違法取引」を軍資金調達の方法としていることです。象牙は1kg30万円、サイ角は1000万円以上にも高騰しています。Advocatefor Elephantsの2年に渡る調査の結果、イスラム過激派テロリスト集団アルシャバーブも軍資金の40%を象牙の密猟や違法取引から得ていることが明らかになっています。

 

また、アフリカゾウやサイはアフリカの生物多様性保全に重要な動物です。アフリカの森林にはゾウの生態サイクルを利用して繁殖や拡大を繰り返す植物が存在しています。ゾウが絶滅すれば森林やサバンナの生態系が崩れ、アフリカ全体の環境破壊が起こる恐れがあります。中央アフリカの熱帯雨林は地球の肺とも言われており、その変調は地球全土に大きな影響を及ぼすことは容易に想像がつきます。

 

2014年2月にはロンドンでアフリカ諸国を含む46カ国が参加する国際会議が開かれ、最低10年は象牙の取引を再開させないこと、そして在庫の象牙を凍結させることに合意しました。また、アメリカ全国で象牙、象牙商品、マンモスの牙、その商品の取り扱いを全面的に禁止して行くことを発表しました。8月12日には、アメリカ最大の象牙産業があるニューヨーク州で、象牙及びマンモスの牙の取り扱いが法律で全面的に禁止されました。

 

一方、日本では長年の象牙の消費によってゾウの個体数減少に大きく関わって来たにも関わらず、絶滅危惧の実態がほとんど知られずに消費が続いています。象牙輸入の管理が徹底していないことや、ネットショップで安価な象牙販売が継続していることについては、既に海外メディアから大きく批判を受けています。そんな現状を鑑み、いまこそ日本および日本国民は、ゾウやサイの絶滅に貢献するのではなく、世界の生物多様性維持をリードする国になるべきではないでしょうか。

 

日本は合法象牙を取り扱っている国ですが、日本を含む世界中で合法と違法の象牙の見分けがつかない現状の中、今後一切の象牙、象牙商品、サイ角の新たな輸出入を禁止することをこの嘆願書にて要求致します。



   【署名 ここまで】

 

 


***************************



ビッグイシューには、たきた・あすか(滝田明日香)さんの「ノーンギシュの日々--ケニア・マサイマラから」が連載されています。
 

 

恐ろしいのは、いっこうに減る傾向を見せないアジアの象牙需要。そして、とどまることを見せずに跳ね上がり続ける象牙の市場価格。違法象牙取引は今、紛争ダイヤモンドとまったく同じ悲劇を繰り返している。

08年にキロ157ドルだった象牙価格は、12年には15倍以上のキロ2357ドルまで跳ね上がった。今や象牙1本の値段は、アフリカ人の平均年間収入の20倍以上。麻薬取引と同じで、一攫千金を狙った人間がゾウ密猟の世界に引き込まれている。

高額で取引される象牙は、中国では「ホワイトゴールド」と呼ばれ、その販売ルートは麻薬シンジケートや暴力団によってコントロールされている。そして、ゾウの棲みかであるアフリカ諸国では、テロリスト・グループや反政府組織は象牙による外貨獲得と、それによる武器購入を広く行い始め、まさに象牙は紛争地帯の資金源と化してしまった。




http://bigissue-online.jp/2013/07/12/takita-san/

 



http://bigissue-online.jp/2013/07/02/takita-san-178/




象牙のために、顔を剥ぎ取られたゾウ



▼「アフリカゾウの涙」
https://www.taelephants.org/index.html

 



買わないで! あなたが購入した象牙がテロの軍資金に。。。

 

9月21日、ケニアの首都ナイロビのショッピングモールで一昨日発生したテロ事件。週末で賑わうモールは、イスラム教過激派武装グループアルシャバーブの突然の攻撃で一変しました。

襲撃がはじまった時、モールの利用者は1万人以上。逃げ遅れた客を助け出すためにケニア軍とケニア警察による救出作戦がその後続き、1000人以上が助け出されたが、100名以上の犠牲者を出しました。

アルシャバーブはソマリアからケニア軍の撤退を人質解放の条件として出していました。

アルシャバーブはアルカイダとつながりのあるソマリアをベースにするイスラム過激派テロ組織。以前にもケニアで米国大使館の爆破テロなどを起こしています。

彼らはゾウの密猟、象牙の違法取引より得た大金をテロ活動の軍資金にしているテロ組織のひとつです。

 


紛争象牙について





(象牙はゾウの頭蓋骨を目の辺りまで切り刻まないと、取り出せない)



(ゾウから切り取りだされた血だらけの象牙。こんな残酷な物が高級品と呼ばれる)



人間社会における動物搾取の問題を取り上げるたびに、いつも思う。





動物利用に対する問題の根っこは同じ。

一つずつ、確実になくしていくことが必要なのだと、改めて思い知らされます。


 

象牙 /
スポンサーサイト
- /