S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< さつまいもが、できた〜! | | ノイヌ・ノネコの取り扱いに関する要望書提出 >>
【象牙商品の真実】象牙やサイ角の輸出入を一切禁止に!
JUGEMテーマ:ペット




◆私たちは、ゾウとサイを絶滅から守るために、ワシントン条約を遵守するだけではなく、今後の象牙・象牙商品・サイ角の輸出入を一切禁じることを求めます

 


鉛筆2署名

発信者 :Global March for Elephants & Rhinos in Tokyo: 「ゾウとサイの日」東京 実行委員会

 


現在、アフリカゾウは15分に1頭、サイは9時間に1頭密猟目的で殺されています。

 

印鑑や装飾品、和楽器のバチや茶道具などで日本に馴染みのある象牙は、ほとんどがアフリカゾウから採取された物です。60年前に130万頭生息したゾウは、今およそ50万頭足らずしか残っておらず、ワシントン条約で守られているはずのアフリカゾウはここ27年で13万頭、そのうち過去3年で10万頭が殺されています。早ければあと10年で絶滅するとも言われています。

 

同じくサイの角はアジア諸国で精力剤として需要が高く、今の密猟のペースが続けば2016年から2018年の間に、死亡率が出生率を追い越して絶滅すると言われています。

 

象牙とサイ角は国際取引がワシントン条約によって規制されてはいますが、管理が徹底していないため、合法・違法象牙の見分けがつかなくなっており。その実態が象牙とサイ角の違法マーケットに繁栄の余地を与えています。

 

さらなる問題は、犯罪組織やテロリスト組織などが「象牙やサイ角の違法取引」を軍資金調達の方法としていることです。象牙は1kg30万円、サイ角は1000万円以上にも高騰しています。Advocatefor Elephantsの2年に渡る調査の結果、イスラム過激派テロリスト集団アルシャバーブも軍資金の40%を象牙の密猟や違法取引から得ていることが明らかになっています。

 

また、アフリカゾウやサイはアフリカの生物多様性保全に重要な動物です。アフリカの森林にはゾウの生態サイクルを利用して繁殖や拡大を繰り返す植物が存在しています。ゾウが絶滅すれば森林やサバンナの生態系が崩れ、アフリカ全体の環境破壊が起こる恐れがあります。中央アフリカの熱帯雨林は地球の肺とも言われており、その変調は地球全土に大きな影響を及ぼすことは容易に想像がつきます。

 

2014年2月にはロンドンでアフリカ諸国を含む46カ国が参加する国際会議が開かれ、最低10年は象牙の取引を再開させないこと、そして在庫の象牙を凍結させることに合意しました。また、アメリカ全国で象牙、象牙商品、マンモスの牙、その商品の取り扱いを全面的に禁止して行くことを発表しました。8月12日には、アメリカ最大の象牙産業があるニューヨーク州で、象牙及びマンモスの牙の取り扱いが法律で全面的に禁止されました。

 

一方、日本では長年の象牙の消費によってゾウの個体数減少に大きく関わって来たにも関わらず、絶滅危惧の実態がほとんど知られずに消費が続いています。象牙輸入の管理が徹底していないことや、ネットショップで安価な象牙販売が継続していることについては、既に海外メディアから大きく批判を受けています。そんな現状を鑑み、いまこそ日本および日本国民は、ゾウやサイの絶滅に貢献するのではなく、世界の生物多様性維持をリードする国になるべきではないでしょうか。

 

日本は合法象牙を取り扱っている国ですが、日本を含む世界中で合法と違法の象牙の見分けがつかない現状の中、今後一切の象牙、象牙商品、サイ角の新たな輸出入を禁止することをこの嘆願書にて要求致します。



   【署名 ここまで】

 

 


***************************



ビッグイシューには、たきた・あすか(滝田明日香)さんの「ノーンギシュの日々--ケニア・マサイマラから」が連載されています。
 

 

恐ろしいのは、いっこうに減る傾向を見せないアジアの象牙需要。そして、とどまることを見せずに跳ね上がり続ける象牙の市場価格。違法象牙取引は今、紛争ダイヤモンドとまったく同じ悲劇を繰り返している。

08年にキロ157ドルだった象牙価格は、12年には15倍以上のキロ2357ドルまで跳ね上がった。今や象牙1本の値段は、アフリカ人の平均年間収入の20倍以上。麻薬取引と同じで、一攫千金を狙った人間がゾウ密猟の世界に引き込まれている。

高額で取引される象牙は、中国では「ホワイトゴールド」と呼ばれ、その販売ルートは麻薬シンジケートや暴力団によってコントロールされている。そして、ゾウの棲みかであるアフリカ諸国では、テロリスト・グループや反政府組織は象牙による外貨獲得と、それによる武器購入を広く行い始め、まさに象牙は紛争地帯の資金源と化してしまった。




http://bigissue-online.jp/2013/07/12/takita-san/

 



http://bigissue-online.jp/2013/07/02/takita-san-178/




象牙のために、顔を剥ぎ取られたゾウ



▼「アフリカゾウの涙」
https://www.taelephants.org/index.html

 



買わないで! あなたが購入した象牙がテロの軍資金に。。。

 

9月21日、ケニアの首都ナイロビのショッピングモールで一昨日発生したテロ事件。週末で賑わうモールは、イスラム教過激派武装グループアルシャバーブの突然の攻撃で一変しました。

襲撃がはじまった時、モールの利用者は1万人以上。逃げ遅れた客を助け出すためにケニア軍とケニア警察による救出作戦がその後続き、1000人以上が助け出されたが、100名以上の犠牲者を出しました。

アルシャバーブはソマリアからケニア軍の撤退を人質解放の条件として出していました。

アルシャバーブはアルカイダとつながりのあるソマリアをベースにするイスラム過激派テロ組織。以前にもケニアで米国大使館の爆破テロなどを起こしています。

彼らはゾウの密猟、象牙の違法取引より得た大金をテロ活動の軍資金にしているテロ組織のひとつです。

 


紛争象牙について





(象牙はゾウの頭蓋骨を目の辺りまで切り刻まないと、取り出せない)



(ゾウから切り取りだされた血だらけの象牙。こんな残酷な物が高級品と呼ばれる)



人間社会における動物搾取の問題を取り上げるたびに、いつも思う。





動物利用に対する問題の根っこは同じ。

一つずつ、確実になくしていくことが必要なのだと、改めて思い知らされます。


 

象牙 | ねこまる | 23:14 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 23:14 |