ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。



にくきゅう手帳

OTHERS







<< 野菜から食べる習慣を! | main | 東京・大田区で猫変死事件、犯人逮捕 >>
大阪の夏祭り:露店で「ハムスター釣り」が!ハムスター釣り、金魚釣りは虐待
JUGEMテーマ:ペット

大阪の夏祭りで、「ハムスター釣り」が行われていました。



http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2014/08/03_01/

*****

◆「ハムスター釣り」は動物虐待?夏祭りにあらわれた珍しい「露店」をどう考えるべきか
http://www.bengo4.com/topics/1974/

1回500円。3匹釣れたら1匹あげます――。7月中旬、大阪市で行われた4日間の夏祭りに「ハムスター釣り」の露店が現れ、ネット上で「動物虐待にあたるのではないか」と物議をかもしている。

報道によると、ワラを敷いた容器にハムスターを入れ、客がコーンなどのエサがついた糸を垂らして、食いついたハムスターを素早く釣り上げる仕組み。料金は1回500円で、3匹釣れれば1匹もらえるルールだったという。この露店は動物を販売するために必要な登録をしておらず、夏祭りの3日目に調査に入った大阪市の要請に応じて撤退した。

今回の騒動はネットで話題になり、「かわいそうだ」と批判の声があがった。一方で、「金魚すくいと何が違うんだ」と疑問視する意見もあった。ハムスター釣りは、動物虐待にあたるのだろうか。ペット法学会事務局次長をつとめる渋谷寛弁護士に聞いた。


●ハムスターと金魚は扱いが異なる

ハムスター釣りは、広い意味では虐待にあたると思います。ただし、動物愛護管理法の『動物虐待罪(44条)』は成立しないでしょう」


それはなぜだろうか。

「動物虐待罪の対象動物には、『人が占有する哺乳類』が含まれていますので、この点では、ハムスター釣りも、この罪の対象にあたります。しかし怪我などをしていなければ、虐待の程度が軽く、犯罪は成立しないでしょう。

金魚釣りについても、広い意味では、動物虐待の可能性があります。ただ、ハムスターと異なり、動物愛護管理法の虐待罪では、魚類である金魚には適用がありません。ですから、ハムスターと金魚では扱いが異なります」


では、露天商は法的責任を問われないのだろうか。

「いえ、露天商側は、動物愛護管理法の『無登録営業の罪(46条)』には問われるでしょう」


●ハムスター釣りは、動物愛護の理念に反する

しかし、ハムスター釣り自体が犯罪ではないのであれば、今後も露店が出てくる可能性があるのではないだろうか。

「動物愛護管理法の理念から考えると、虐待罪にあたらない場合でも、好ましいことではありません。ハムスターは、多少の痛みやストレスを感じる上、釣り上げた高さによっては、落ちたときに怪我をすることも考えられます。

そして、動物を販売するときには、その動物の習性や飼い方を詳しく説明する必要があります。お祭りの場で、こうした十分な説明が行われているとは考えられません」


釣り上げていった客が習性を知らないと、どんな問題が起こるだろうか。

「仮に、1人の客が2匹以上持ち帰ったとすると、オス・メスであれば、繁殖します。頭数が多くなりすぎて面倒が見切れない、狭いところに押し込めるなどのいわゆる『多頭飼育』の問題が生じる心配があります。

また、ハムスターの寿命は約2年とされているところ、客が後日あきて、『飼育放棄』してしまうかもしれません」


●売れ残ったハムスターはどうなるのか

たしかに、金魚すくいの金魚ですら、寿命が尽きるまで、きちんと育て続けることができた人は多くないだろう。ハムスターならば、なおさら飼育が難しそうだ。

「はい。ハムスター用の檻や餌、餌用の器、水飲み用の容器などをそろえると、1万円前後の費用が必要です。ハムスター釣りの客が、ハムスターが快適に過ごせる環境を設けることまで考えて釣り上げているとは、とても思えません。

ハムスターに親身になれる人であれば、かわいそうに思い、そもそも釣らないでしょう。釣り上げる人たちは、そのような配慮に欠ける人たちです


では、露天商側の問題点は、どんなところだろうか。

「露天商は、お祭りで販売する目的で、大量のハムスターを仕入れたと思われます。しかし、お祭りシーズンがすぎて売れ残ったとき、その後、どうするつもりだったのでしょうか。次のシーズンまで餌を与えながら飼育するつもりだったのでしょうか。気になります」


すでに釣られていったハムスターたちの安全を、願わずにはいられない。


(弁護士ドットコム トピックス)


<探偵ファイル>

夏祭りの露店で「ハムスター釣り」、動物虐待行為か?非難続出!
http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2014/08/03_01/


*****


http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2014/08/03_01/gazou.html

すでに釣られたハムスターもそうですが、売れ残ったハムスターたちの身は、どうなっているのでしょう。

「ハムスターに親身になれる人であれば、かわいそうに思い、そもそも釣らないでしょう。釣り上げる人たちは、そのような配慮に欠ける人たちです」

動物に親身になれない人たちが、動物を遊び感覚で扱う。それは、そもそも動物を人間の娯楽の対象にしているからではないでしょうか。また、動物に親身になれる人であっても、動物を人間の娯楽の対象にしていることを許容している、問題視していないことも、問題ではないでしょうか。



★どうしてヴィーガンなの? youtube

サーカスや動物園、水族館、これらも、動物たちには痛みが伴っていても、人間の娯楽の対象となっていれば、人間の利益優先に考えられ、かれらが自然の中で自然に生きる権利は尊重されません。

ハムスター釣りが、広い意味では虐待にあたる。そして金魚釣りについても、広い意味では動物虐待の可能性がある。動物愛護管理法の虐待罪に該当しなくても、動物愛護管理法の理念に照らせば、虐待に値するといえる行為です。



★どうしてヴィーガンなの? youtube

金魚釣りについても、広い意味では動物虐待の可能性があることを考えれば、魚釣りにおいても、同様のことが言えるでしょう。事実、「魚釣りは残酷だ、魚に自由を!」と声を上げている人がいます。魚には感覚があって、ほかの生き物と同じように、生きる欲求がある。釣りの代わりに、バードウォッチングやフィッシュウォッチング(かれらの邪魔をしないように)が提案されています。

『足かせをかけられた世界』の著者ジョン・ブライアントは、釣りには3つの必要なものがあると言う。それはつり針、つり糸、そしていやな奴。

 イングリッド・ニューカーク著『子どもたちが動物を救う101の方法』p.49より


釣りをしている人にとっては、リラックスして一日を過ごすことができるかもしれません。しかし、魚にとっては、とてもリラックスできるものではありません。ほとんどの人は、魚が痛みを感じるとは思っていません。



★どうしてヴィーガンなの? youtube

私たちの市民感覚。それが動物を苦しめていることに、気づくことが必要だと思います。
これ以上、人間の利益の犠牲になる動物を増やさない、出さないためにも…。

何が動物を苦しめているのか。人間に訴える声や術をもたない動物たちの悲鳴が、あらゆるところで聞こえる世の中に、私たちは気づかずに生活しています。
それに多くの人が気づき、私たちの市民レベルで大きな意識改革が起これば、法律に頼らなくても、彼らを救う道を示せるはずです。


祭り・行事・ギャンブルの犠牲になる動物たち /
スポンサーサイト
- /