ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
クリスマスのメロディー
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

たったひとりで。
小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
三育フーズ
妖精の森
アリサン
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。



にくきゅう手帳

OTHERS







<< 『ある精肉店のはなし』 観てきました。 | main | 映画『100,000年後の安全』が無料配信中!(2月10日正午12時まで) >>
日本でフォアグラが流行っている?ファミマのフォアグラ弁当販売中止
JUGEMテーマ:グルメ



ファミリーマートが、販売を予定していたフォアグラパテ添えの黒毛和牛入りハンバーグ弁当の販売を中止しました。

1月30日、モーニングバード!で「フォアグラ弁当が販売中止の波紋」の報道がありました。


**** 報道内容  要約*****

世界三大珍味のひとつ、フランス料理などで使われる代表的な高級食材であるフォアグラ
そんなフォアグラが低価格で食べられるはずだったが、「お客様から頂戴したご意見や諸外国におけるフォアグラに対する見解の違い、フォアグラ自体の生産過程などをふまえ、弊社内で慎重に検討した結果、当該商品の発売を見合わせることになりました」とファミリーマートが発表。

今回販売が中止になったのは、ファミマプレミアム黒毛和牛入りハンバーグ弁当〜フォアグラパテ添え690円(税込み)。

690円でフォアグラを口にできるチャンスだったが、消費者から「フォアグラの生産法は残酷で、そうした食材は使わないでほしい」というクレームが22件寄せられ、不快を与えるのは本意ではないとしてファミリーマートが販売中止を決定した。

ここ最近、日本でもファミリーレストランや居酒屋で比較的リーズナブルで味わえる機会が増えた高級食材フォアグラ。

フォアグラ専門店「アジルジョーヌ」のオーナーシェフは「ほぼ毎日満席で売り上げは順調」。
このお店では、1000円以内でフォアグラが楽しめる茶碗蒸しやフォアグラ100%の濃厚テリーヌ1600円や本格的なフォアグラ料理(フォアグラ×鴨胸肉×トリュフソース2630円)を提供し、日本中の舌を喜ばせている

フォアグラ料理を食べに来た客:「そんなに手に入る物じゃないみたいなイメージがあったから」「この価格でこの味わいが楽しめると思うとすごいと思う」

Qなぜ今、日本でフォアグラが流行っているのか?

ミートジャーナリストの回答:
「伝統的なヨーロッパのマーケットは縮小傾向にある。その分をアジアに向けて出し始めているのではないか。フォアグラをたくさん使って安く提供する。その他の商品で利益を取るようにし、お客さんにいっぱい来ていただく」

今回の生産方法が残酷というクレームを受け、販売が中止となったフォアグラを使用したお弁当。

ミートジャーナリスト:
「ガバージュといって強制的に飼料を食べさせる。それで肝臓が脂肪肝になるが、これが動物愛護から非常に非難されている」

フォアグラの生産方法は、強制的にエサを食べさせ肝臓を肥大化させる。
欧米では考え方で賛否が分かれている。

カリフォルニア州では、2012年から強制的にエサを食べさせるフォアグラの生産と販売を禁止する法律を施行。
シカゴでは2006年に販売を禁止したが、2年後にレストラン協会からの抗議で撤廃。
ドイツやイタリアなど14か国で強制的な餌やりでの飼育を禁止。

一方、フランスでは2006年「保護すべき文化と美食」と認定する法律が成立。

NPO法人アニマルライツセンター代表理事:
「国際社会の中では残酷だというのが定説。日本人の場合、問題点を知らないということで多くの方が高級食材として食べる。裏側を知ったうえで一度きちんと考えなければいけないような残酷さを持っている」

日仏料理協会会長:
「フォアグラを取るためにガチョウを飼育しているのは確か。あとは捨てるのじゃなくそれ以外の部位、胸肉やもも肉などもちゃんと食肉利用している。霜降りの和牛、可哀想なんだからあんなことしてはいけないなんて誰が言いますか?食べない人たちが言うんですよね?」

日本でも比較的リーズナブルに食べることができるようになったフォアグラ。しかし、その食文化への考え方は、日本国内でも賛否が分かれている。


**** 要約 ここまで *****

以上が、ニュース(ナレーション) でまとめた内容。
これに対し、レギュラーゲストがいろいろな意見を述べていました。
「極端な人たちの物言いでネット上で極端な議論がされている。浅く扱うことではない。感謝の思い、命に対する尊敬の思いを持つことから始めてみませんかという呼びかけが何もないことがすごく残念」
「渡りの季節になると脂肪肝になる時期がある。たまたま食べて美味しいからこういう風に作ろうと、意図的に残酷に作ったという歴史があるわけではない」


この報道では、強制肥育という言葉がでてきても、「クレーム」と「(生産方法が)残酷」という言葉が一人歩きしていて、何が問題なのか関心のない人には伝わらないのじゃないかなと思いました。

食品表示アドバイザー垣田達哉氏が、今後の動向を話していました。
「食そのもののあり方が変化してきている。グローバル化により、それぞれに干渉するようになってきている。それに企業側は対応せざるを得ない。企業が一番困るのはクレーム対応。クレームを一番避けたがる。商品開発は企業の一部の小さな部署で行うが、クレームはトップまで上がり、トップ判断が入る。いろいろな形で気を遣わなければならなくなった。今後は、海外からのクレームが増えてくる


私たちは何も考えないと「高級感」や「手に入りにくい」といった、企業や業界、報道が植えつけるイメージに踊らされがちです。しかし、「食文化の違い」とか「食べない人たちが文句を言う」と言い続けていられるのも、時間の問題かもしれません。



http://www.abc.es/fotos-sociedad/


フォアグラの作り方(ガヴァ―ジュ)フランス・ピレネー地方

http://youtu.be/Jpe6kjQ0IXM


ミヤネ屋 ▽なぜ?人気コンビニフォアグラ弁当が発売開始の直前中止に

http://youtu.be/STs1PH1eus4


この報道で、すぐに『豚は月夜に歌う―家畜の感情世界の本に書かれてあったフォアグラのことが頭に浮かびました。

私たちは、ガチョウやアヒルを「食材」や「羽毛」としか見ていないが、水鳥である彼らはかつて野生だった、それを家禽化によって、本能を奪い、利用していることに思いを馳せる人は、果たしてどれほどいるのだろうか。
強制肥育にしても、人に一日14キロのスパゲティを無理やり食べさせるようなものだと想像してみてほしい。そして、ガチョウの肝臓をおぞましい方法で肥大させる、これを現代特有の悪習だと考え、昔の人々はもっとガチョウに優しかったと思いがちであるが、それは誤解で、昔も今も残酷なことをしているということも、知ってほしい。

「残念なことに、日々の暮らしのなかで鳥に敬意を抱いている人はあまりに少ない」−『豚は月夜に歌う―家畜の感情世界』より


食べることに感謝の念を抱くとか、信念の違いなどを言う前に、彼らが野生であった頃に思いを馳せ、その野生の本能・習性を共通の理解とすることが土台にならなければいけないように思います。


フォアグラ /
スポンサーサイト
- /