ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
クリスマスのメロディー
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

たったひとりで。
小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
三育フーズ
妖精の森
アリサン
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。



にくきゅう手帳

OTHERS







<< 猫柄、動物柄、いっぱいあるよ、嬉しい布雑貨♪ | main | 白いタヌキ 岡山の池田動物園へ >>
『オレンジと太陽』〜英国最大のスキャンダル児童移民の真実
JUGEMテーマ:家庭


映画『オレンジと太陽』

知っていますか?

 


予告編
http://youtu.be/G0_XfciSaP4


オレンジ太陽
この題名が意味するものとは?


http://youtu.be/G0_XfciSaP4

 

 

思いもよらない、この「オレンジ」と「太陽」というキーワードの意味。

いろいろ、考えさせられました。

 

 


*****************
イギリス、オーストラリアを揺るがした、感動の実話。

英国の施設にいた10歳の時、スーツを着た男が来て言った。
「豪州はいいぞ。毎日太陽が輝いて、毎日オレンジをもいで食べる」

隠された【児童移民】の真実。
子どもが組織的に大量に輸入された。
政府が行った児童移民。
家族にも知らされず豪州に送られた子どもたち。


「自分が誰か 知りたいんです」
 

 




権力と闘い、真実を暴くという、偉大なことを成し遂げ、今も闘い続けている女性、マーガレット。
ソーシャルワーカーとして誠実に仕事をしている中で、その偉大な力を発揮していくマーガレットは、元児童移民の人の話に心が傷きながらも、誠実に立ち向かい、たくさんの強さと弱さを見せてくれます。そんな魅力的なマーガレットを、エミリー・ワトソンが実直で確かな演技で見せてくれます。


************

オレンジと太陽 - Wikipediaより

児童移民とは?


児童移民とは、養護施設の子供たちを長い間、イギリス連邦の旧植民地に移住させた事業。作中におけるオーストラリアでは収容施設での重労働、暴力、性的虐待がはびこったが、教会により長く隠されてきた。児童移民の数は13万人を上回ると推計され、2009年11月にオーストラリア首相が、2010年2月にイギリス首相が事実を認め、正式に謝罪をしている。マーガレット・ハンフリーズは原作の印税をもとに基金を設立し、現在も児童移民だった人々の家族を探す活動を続けている。

 


************

映画の基となった本。

マーガレット・ハンフリーズ
からのゆりかご―大英帝国の迷い子たち


●内容紹介

英国ノッティンガムでソーシャルネットワーカーとして働くマーガレットが次々と訴えられたことは、「私」を探すことであった。幼い頃、家族が死亡したと言われて施設に預けられた記憶を持つ人、大きな船にのって子どもばかりのところにいたという幼い頃の記憶を持つ人など、様々な不思議な幼少期の物語を語られたマーガレット。その一つひとつの話を丁寧に聞くうちに頭の中で構築されたストーリーは、「想像もできないほど多くの子どもたちが、大きな船に乗せられてオーストラリアに送られていた」というもの。

にわかにはそのストーリーが信じられなかったマーガレットではあるが、地道な調査を始めるうちに行き着いた結論は1970年代まで英国では、施設に預けられた子どもたちを福祉の名のもとにオーストラリアに移民として送って過酷な労働を強い、またそこでは無残な虐待が行われていたという事実であった。親の許可もないまま、ある時には親は死んだと偽ってまで移民させられた子どもの数は実に13万人にものぼるという。長きにわたって親は子を探してその安否に心を痛め、子は親を、また自分自身を探し続けているという事実に驚愕し、一人ひとりから聞き取りを行い、人生を取り戻してもらうために奮闘するマーガレット。時に権力の側から妨害を受け、脅迫に脅えながらも、真実を求めて果敢に立ち向かうマーガレットの姿を描いた感動の実話。

この児童移民の事実については、2009年11月にオーストラリア首相が、2010年2月にイギリス首相が事実を認め、正式に謝罪をしている歴史的事実である。
この本を基にした映画「オレンジと太陽」が2012年4月より全国で順次公開。


●出版社からのコメント

本書は映画『オレンジと太陽』の原作である。著者はイギリスのノッティンガムに生まれて育って、ソーシャル・ワーカーをしているマーガレット・ハンフリーズという女性である。
一頁目には「すべての児童移民とそのご家族に本書を捧げます とりわけ、長きにわたり沈黙のうちに苦しんでこられた方々に 敬意と賞賛の思いを込めて」という献辞がある。
続けて1938年に西オーストラリアのパース大司教が述べた「児童移民歓迎の辞」が引用されている。「ゆりかごが空であることが過疎の一因となっている時代には、供給源を外部に求める必要があります。そしてもしこの不足を我々と同じ人種で補うことができなければ、我々は近隣地域に住む多産な無数のアジア諸種族の脅威に自らの身をさらすにまかせることになるはずであります」。なんと人権意識のない民族差別的な挨拶であることか。

児童移民の実態はあまりにも悲惨であり、国家的策略と慈善団体、キリスト教会の過ちそのものであったことをマーガレットたちは突き詰めていく。児童移民はオーストラリアだけでなくカナダ、ニュージーランド、ローデシアにも送り出されていた。1681年にヴァージニアに入植した子供から始まり、1967年まで続いていた。子供たちが送り込まれたのは強制労働と虐待、飢え、劣悪な環境、レイプといったおぞましいことに満ちたところだった。そこで子供たちは自分のアイデンティティを奪われ、自尊心を消されていったのだ。その数は13万人ともいわれている――。

この本を基にした映画「オレンジと太陽」は厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財として決定。


****************

 


真実を暴こうとする人は、いつも権力に脅かされ、命まで奪われるかもしれないという危険が伴います。この『オレンジと太陽』の映画の流れを見ても歴然としています。それは、過去からずっと繰り返されてきました。私たちは、過去の過ちを繰り返さないという信念を持ち続けることが必要です。それがこれから、どういう形になるのか、どうしていけばいいのか、国民一人ひとりに問われていることのように思えます。
 

世の中の知ってほしいこと /
スポンサーサイト
- /