S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 妊娠豚用檻(ストール)の廃止署名☆たらいに一滴の水 | | アメリカで流れる、ベジタリアンコマーシャル >>
『サバイビング・プログレス 進歩の罠』

JUGEMテーマ:エコライフ


マーティン・スコセッシ制作総指揮:人類の生存について問うドキュメンタリー映画



それは、進歩か? それとも、罠か?

5万年もの間、人類の頭脳はアップグレードされていない。それにもかかわらず同じ頭脳をオペレーションシステムとして、21世紀に私たち人類が直面する難解な問題解決を図ろうとしている。人口増、大量消費社会や地球環境破壊など、問題は深刻さを増すばかりだ。問題解決のために生物化学や宇宙開発という進歩への挑戦が試みられるなか、ベストセラー作家で『暴走する文明「進歩の罠」に落ちた人類のゆくえ』の著者ロナルド・ライトは、目先の利益のために将来を犠牲にする「進歩の罠」によってこれまでの文明が繰り返し破壊されてきたことを指摘し、現在、人類が文明の崩壊の瀬戸際にあると警告する。ライトがナビゲーターとなり、コリン・ビーヴァン(『地球にやさしい生活』)、ジェーン・グドール(霊長類学者)、スティーヴン・ホーキング(理論物理学者)、デヴィッド・スズキ(遺伝学者/活動家)、サイモン・ジョンソン(前IMF チーフエコノミスト)たちと人類の未来を考察する。製作総指揮にアカデミー賞受賞監督のマーティン・スコセッシ、『ザ・コーポレーション』監督のマーク・アクバーを迎えて、壮大なスケールと圧倒的な映像表現で人類の進歩史を描き、21世紀を生きる私たちに警鐘を鳴らす渾身のドキュメンタリー。

 

 

*****

「節約するしかないのです。無駄な消費をしないようになれるはずです」というのは、納得します!

 

だってね、46億年の地球の歴史を一年間に直すと、各国で産業革命が起きてくるのは、大晦日の夜中の23時59分59秒以降と言われています!まばたきするくらいの短さで、人類が地球環境を悪化させているのです。!!


こちらは、人間の生活が如実に描かれています。とてもわかりやすいアニメーションです。

http://youtu.be/WfGMYdalClU


笑顔で手を振って、そして楽しそうで…。ああ…!

消費社会の中に組み込まれ、消費欲を煽られている人類。

 

もっとも、それは巨大な利益を得ようと躍起になっている企業と、お金でなんでも手に入れようとする人類の価値観がそうさせています。

 

真の進化は、お金では得られないもの、目に見えないものの重要性に気づくこと。

貪らず、驕らず、まさに節約の人生、何が大切かを見極め、また何を買うか、真実を知り、倫理的な消費を意識的にする、そういうことが重要だと思います。

 

 

地球環境問題について | ねこまる | 22:23 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 22:23 |