S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< ヴィーガンのクグロフが〜♪京都ムモクテキカフェ | | おからこんにゃくと、ベトナムフォー! >>
岩手県「第3次ツキノワグマ保護管理計画」に意見を
JUGEMテーマ:ペット




(日本熊森協会より)
岩手県の計画を止めるためのパブリックコメント(意見公募)にご協力ください【平成25年1月4日締切】

(クマを一層殺せるようにする計画)

岩手県は、昨年までの過去9年間で、1605頭ものクマを捕殺してきました。県が設定した年間捕殺上限数237頭に対して、今年度は10月31日現在、すでに246頭ものクマが有害捕殺されています。それにもかかわらず、猟友会の反発を恐れてか、県は11月15日からの狩猟や春グマ狩りを確実に実施できるようにした「第3次ツキノワグマ保護管理計画(案)を、今回出してきました。

計画は、(畛数のカウント時期(管理年次)を変えることで、狩猟を毎年確実に実施させ、⇒雎佑鮠靴恐れがあるとしてこれまで禁止してきた春グマ狩りを復活させて、更なるクマ捕殺をめざすものであり、大問題です。近年の奥山生息環境の悪化やこれまでのツキノワグマの大量捕殺を考慮すると、これ以上クマの頭数を減らそうとする案に、動物愛護や共存思想の欠如を感じます。当協会としてはとても認められません。

岩手県の計画に対する日本熊森協会の意見の概要
(甞与瑤隆浜年次を、猟期が始まる11月15日スタートと変更するのは、狩猟を確実に実施させるためのもので、更なる過剰捕殺を招きます。捕殺数のカウントは、現行どおり4月1日からにすべきです。
現行だと、夏から秋にかけて大量の有害捕殺があった場合、11月15日からの狩猟自粛要請が可能です。しかし、捕殺数のカウントを11月15日からに変更すると、毎年確実に獲りたいだけ狩猟を行えるようになってしまいます。もし次の年の夏や秋にクマが大量出没しても、「被害の恐れがあり止むを得ない」として、多数のクマを殺すはずです。有害捕獲を抑制するのは難しいので、結局、クマの過剰捕殺となります。このような狩猟者の便宜を図るために作られたとしか考えられない計画案には、絶対に反対です。

⇒不尽で残酷な春グマ狩りの復活は、認められない。
春グマ狩りは、何の害も出していないクマを、生息地である山の奥で、秋に予測されるクマ被害の予防という名目で殺すもので、冬眠明けの体力のないクマを獲る、特別残酷で、卑怯な見込み猟法です。

本当の目的は、冬ごもり明けのクマの胆嚢が一年間で最も大きいため、金より高く売れるというクマの胆嚢の販売を願う狩猟者への便宜ばかりであるように思われます。

4篌蠍の人工林率は、44%という高率になっています。生息地の復元と被害防除を最優先すべきです

じ饗放獣体制の確立を。
人里に出てきて有害獣として捕獲されたクマのほとんどが殺処分されています。原則放獣すべきです。

シ弉茲鮨概弔垢觚‘げ颪房然保護団体や動物愛護団体など、動物の立場から発言する人も入れるべき。


 ※   ※   ※

(くまもりニュースより転載)

人工林率44%の岩手県では「第3次ツキノワグマ保護管理計画(案)」に関する意見を、公募中です。熊森は、以下2点について強く反対します。

 

<主な改正点>
A ▲◆淵◆吠甞与瑤隆浜年次19ページ
現行・・・4月1日から翌年の3月31日までの1年間を管理年次とする。
改正案・・・狩猟期を起点とし、11月15日か ら翌年の11月14日の1年間を管理年次とする。
(改正理由)狩猟期の銃における捕獲行為により、ツキノワグマに人の怖さを学習させる効果が期待できるから。

 

熊森意見
過剰捕獲となるので反対です。

 

(反対理由)ツキノワグマはすでに、人の怖さを十分に知っています。改正する本当の理由は、県の説明とは違うと思われます
現行ですと、近年、奥山の昆虫や実りがない年が多く、夏から秋にかけて、多くのクマたちが食料を求めて人里に出て来て、有害捕殺されます。その数が余りに多いと、今年クマを殺し過ぎたとして、11月15日からハンターの人たちが楽しみに待っていたクマ狩猟が、自粛という名目で止められてしまいます。クマ撃ちを楽しみたくてハンターになったのに、クマ狩猟できないのなら、何のために税金を出したんだ。ハンターたちに不満がたまります。

 

猟期が始まる11月15日から、捕殺数をカウントするように変えると、毎年、必ず、狩猟は認められます。狩猟自粛年がなくなるのです。岩手県の今回の案は、狩猟好きの人たちばかりが集まって、考えだしたものだと思われます。多くの県民は、野生動物の殺生を嫌っているので、県民の思いからあまりにも外れ過ぎた、ハンターだけが喜ぶ改正案を進めるのは問題です。このような案が出て来ないように、検討会委員会委員には、野生動物を守りたい人や教育者などを、せめて半分は入れるべきです。

 

まず猟期に思い切りハンティングして、クマを獲ってしまうと、その次の年次、山が大凶作年になって、夏から秋にかけてクマたちが人里に多数出て来た場合、「もう年間捕獲上限数がハンティングで獲られてしまったので、有害駆除できません」とは決して今の日本ではならないと思います。「被害の恐れがあり止むを得ない」として、多数のクマを殺すはずです。こうして驚くほど過剰なクマ捕殺が行われるようになります。よって、絶対に反対です。クマは、ハンターに殺されるために存在しているのではありません。野生で生きるために、存在しているのです。

 

 

B ▲◆淵─21ページ
現行・・・春季捕獲は認められない。
改正案・・・ 地域及び期間を限定して春季捕獲(いわゆる春グマ狩り)を認める。
(改正理由)春季における捕獲は、伝統的な猟法の存続による狩猟技術の維持、狩猟資源の持続的な利用による個体数調整、銃器による追払い効果による被害の抑制などの効果が期待できる。

 

熊森意見
過剰捕獲となる上、あまりにも殺し方が残酷なので、反対です。

 

(反対理由)雪解け時ほど、クマの殺しやすい時はありません。夏と違って、どこにクマがいるのか見つけやすいし、冬ごもり中の6か月間、クマは飲まず食わずで弱っていますから、殺しやすいです。冬ごもりあけは、母グマが、2頭の子どもを産んでいます。母子グマは殺さないようにすると言われても、監視者がいない山の中ですし、母グマだけが冬ごもり穴から出ていたら、子供がいるかいないか、判断を誤ります。母グマが殺されると子グマは生きていけません。春グマ狩りは、とても残酷で、卑怯です。春にクマを殺すことが、その年の農作物被害の抑制になど繋がりません。春グマ狩りは、山奥でひっそりと生きているクマたちを殺す猟法です。春グマ狩りなどしなくても、山に実りがあると、クマは里に出て行きません。

 

本当の理由は、県の説明とは違うと思われます。


冬ごもりあけのクマは、胆嚢が、1年で最も大きいのです。金より高く売れるというクマの胆嚢を売ることを考えると、春グマを獲るのが一番儲かる殺し時期です。この改正点も、ハンティングを好む人たちからの要望であると思われます。

 

 

<くまもり感想>
一般の県民は善良で専門知識もなく、改正案の裏が読めないので、岩手県の今回の改正案のおかしさに気づきにくいかもしれません。今回の改正案が、まるでハンターを喜ばせるだけの改正案になっていることがわかる方は、どんどんと声を岩手県に届けてください。

 

クマは、ハンターに殺されるために存在しているのではありません。野生で生きるために、存在しているのです。生かしてやるべきです。人間がクマたちの頭数調整をしないと増え過ぎるというのもおかしい。自然界は、自然の力で数を調整しています。今回の保護管理計画案には、数字がたくさん出てきます。しかし、人工林率44%という大変な数だけは、どこにも出されていませんでした。残念です。岩手県は、動物が棲める広葉樹林を戻すことにこそ、最優先して取り組むべきでしょう。





 


<第3次ツキノワグマ保護管理計画(案)の概要>
1 計画期間 平成25年4月〜平成28年3月
2 対象地域 岩手県全域(ただし、国指定鳥獣保護区を除く。)
3 保護管理の目標
地域個体群の安定的な維持、人身被害の防止、農林業被害の軽減
4 個体数管理
地域個体群を維持するため、年間の捕獲上限数を地域個体群ごとに設定し、捕獲許可による捕獲と狩猟による捕獲の数を管理する。
クマが人や農畜産物等への害性を現すときは、原則として追い払いの方法により対応するが、人身への危害を防止する場合や農林業被害等を防止する場合で、一定の条件を満たすときは、捕獲を認める。ただし、予察的な捕獲は認めない。
5 被害防除対策
廃棄農畜産物や生ゴミなどの適切な管理等についての普及啓発、ブナ等堅果類の豊凶状況によるツキノワグマ出没動向の予測、農地等における電気柵導入の促進などにより被害を防除する。
6 モニタリング調査
生息状況、生息密度、被害状況、捕獲個体の調査等を行い、結果を保護管理計画にフィードバックする。

 

 

 

<第3次カモシカ保護管理計画(案)の概要>
1 計画期間 平成25年4月〜平成28年3月
2 対象地域 岩手県全域(ただし、国指定鳥獣保護区を除く。)
3 保護管理の目標
地域個体群の安定的な維持、農林業被害の軽減
4 個体数管理
保護管理施策としては、通常の被害防除対策(防護柵の設置、忌避剤の散布等)と生息環境管理に取り組む。しかし、これらの対策を講じても、被害発生地の立地条件等によって被害が軽減しない場合に限り個体数調整による防除を認める。
5 市町村実施計画
個体数調整を実施しようとする市町村は、毎年度、実施計画を作成し、県に提出する。県は、カモシカ保護管理検討委員会の検証を経て、市町村ごとの個体数調整数を決定する。
6 モニタリング調査
生息状況、被害状況のモニタリングや捕獲個体の調査を行い、結果を保護管理計画にフィードバックする。



 


新・新・優しい雷(復刻あり)」さまのサイトがとても参考になります。
↓  ↓  ↓
春グマ猟復活への動きにNO!を(4)
http://gentlethunder.sblo.jp/article/61151421.html#more

※春グマ猟復活への動きにNO!を(1)
http://gentlethunder.sblo.jp/article/60958128.html
同(2)
http://gentlethunder.sblo.jp/article/61009882.html
同(3)
http://gentlethunder.sblo.jp/article/61138419.html


イルカもそうですが、狩猟をしている地域では、その肉(熊肉)は流通し食されているようですし、熊胆やクマの手など、需要があれば供給がある(お金儲けができる)という図式もクマに関して例外ではありません。

食に関しては、地域色、郷土色の強い事柄かもしれませんが、世界で「生きもの」に対する価値観などの変容は歴然としています。
「殺すのが当然」「動物は利用するためにある」という思想は、どこまでたっても、人間を豊かにはしないでしょう。



 

野生動物・熊 | ねこまる | 10:02 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 10:02 |