S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< イルカの微笑、本当は泣いているのかもしれません… | | ベトナムで犬泥棒、「厄落とし」の風習で犬食☆一部はペットで密売 >>
国からのお願い?クジラの肉にもっと注目して!?学校給食にも売り込む
JUGEMテーマ:ペット


http://vimeo.com/56746084

クジラの肉、もっと食べて! 在庫ありすぎ、学校給食にも売り込む

2012.11.18
http://www.j-cast.com/2012/11/18153822.html?p=all

政府が国策として進める調査捕鯨で捕獲したクジラの鯨肉が、個人向けの通信販売や居酒屋など外食産業のメニューとして、2013 年にも登場する見通しになった。学校給食のメニューとしても、本格的に復活する見通しだ。水産庁所管の財団法人で、調査捕鯨の実施主体「日本鯨類研究所」(鯨研)が、赤字が続く調査捕鯨の収支改善策として、新たに個人や外食産業のほか、学校給食向けに鯨肉の直接販売を始める方針を表明したからだ。

■調査捕鯨の赤字解消めざす

調査捕鯨の鯨肉は現在、年間の消費量に匹敵する約4000トンの在庫を抱え、鯨研は累積赤字の解消を求められている。国内の鯨肉は調査捕鯨のほか、日本沿岸で小規模に捕獲される「小型沿岸捕鯨」と呼ばれる商業捕鯨の鯨肉が一部地域で流通しているが、居酒屋や学校給食のメニューとしては一般的ではない。水産庁と鯨研は、鯨肉を個人や居酒屋、学校給食に売り込むことで在庫を減らし、安定財源を得ることで調査捕鯨を継続する考えだ。今後、一般向けに鯨肉を売り込むPR活動などが始まるという。

水産庁が鯨研に委託する調査捕鯨は、鯨研が調査後に解体した鯨肉を販売し、翌年の調査経費に充てることになっている。ところが鯨研の調査捕鯨は、鯨肉の販売不振で2005年度以降、赤字傾向が続いている。鯨研は鯨肉の販路拡大で3年後の2014年度に2011年度比5%(1億4800万円)の増収を目指すほか、老朽化した調査船の省エネ化や鯨肉生産の機械化などで10億円のコスト削減も行い、3か年で3億円の黒字達成を目指す。

■販路の縮小で販売不振

日本はかつて資源調査の調査捕鯨でなく、クジラを販売目的の商業捕鯨として捕獲していた。ところが1982年、国際捕鯨委員会(IWC)が、シロナガスクジラなど絶滅が懸念される13種の大型鯨類の商業捕鯨を禁止。日本は1987年、商業捕鯨から撤退したが、鯨研が同年から南極海などで資源調査を目的に調査捕鯨を行っている。IWCは調査捕鯨を加盟国の権利として認めているほか、解体後の鯨肉の販売も認めているからだ。

鯨研の調査捕鯨の経費は年間45億〜50億円かかり、鯨研が解体後の鯨肉を販売し、翌年の調査費に充てている。鯨研の鯨肉販売額は、かつて50億〜60億円あったが、近年は販路の縮小に伴う販売不振で2011年度は28億円に半減。2010年度に反捕鯨団体「シーシェパード」の妨害で調査捕鯨を中断した影響で、11億3306万円の赤字に転落した。農林水産省が赤字補填と妨害対策のため、東日本大震災の2011年度復興予算に約23億円を計上し、批判を浴びたのは記憶に新しい。

■環境保護団体は「調査捕鯨」を批判

このため、鯨研は鯨肉の流通経路の縮小で入手が困難となっている居酒屋など飲食店向けに鯨肉を直販し、潜在需要を掘り起こす収支改善策をまとめた。かつて学校給食などで鯨肉を食べた一般消費者向けに高級商品を開発し、カタログ通販も行う。これまで調査捕鯨の鯨肉は流通が限られ、「和牛の中級クラス並み」と高価になったこともあり、居酒屋などでは一般的ではなかった。年間100トン程度の消費にとどまる学校給食では値下げなどで200トン程度と倍増を目指す。

水産庁と鯨研は、2012年12月にも始まる今冬の調査捕鯨から3カ年で収支を抜本的に改善することを目指す。IWCに加盟国の権利として認められている調査捕鯨だが、実際に行っているのは世界で日本だけで、環境保護団体は「擬似商業捕鯨だ」と批判している。これに対して、商業捕鯨再開を目指す日本捕鯨協会は「世界の鯨類が食べる海洋生物の量は世界の漁業生産量の3〜5倍に上る。クジラを間引くことで人間が魚を利用することができる」などと反論している。

◇  ◇  ◇

【関連記事】
9月4日は「クジラの日」 疲労回復の健康食として注目して! : 2012/09/04

2012年から9月4日を「クジラの日」と定め、日本鯨類研究所は「クジラの肉を食べよう」と呼びかけている。

高たんぱく、低脂肪に加え、クジラの肉には「バレニン」と呼ばれる成分が含まれている。「イミダゾール ジペプチド」という抗酸化成分の一種で、疲労回復機能や疲労予防を高めるとされ、最近注目されている。

■クジラ特有の「第3の抗疲労成分」

クジラ肉は調査捕鯨の「副産物」だ。11年は北西大西洋での調査捕鯨は順調だったが、南極海では反捕鯨団体による激しい妨害、抗議活動などがあって大きな影響を受けた。流通量が減ったのはその影響がある。

そうしたなか、クジラの調査研究機関である日本鯨類研究所は、クジラ肉に「抗疲労力」があることを突きとめ、さらに研究を進めている。

肩こりや筋肉疲労などは、活性酸素が体内を酸化させることが原因のひとつとされる。そのため、疲労を軽減したり、疲労回復機能を高めたりするには、抗酸化成分が有効と考えられている。「バレニン」にもその力があるということらしい。
しかも鳥や豚、マグロやカツオには含まれていない、クジラ特有の成分といってもいいほど、多くの含有量があるようなのだ。

同研究所の田村力・生態系研究室長は、「カルミノンやアンセリンはすでに人体治験を済ませ、サプリメントなどの商品があります。バレニンは現在、当研究所でラットに投与し効果をみていますが、優位性も、統計上の効果もみられます」と、「第3の抗疲労成分」として自信をみせている。

「クジラのいいところを広めていきたい」

田村室長によると、「クジラの赤肉は、そもそも高たんぱくで低脂肪、低カロリー、さらには鉄分が豊富なので貧血の予防にも役立つ健康食なんです」と話す。

古くは捕鯨が盛んだった高知県や和歌山県、長崎県などでよく食べられていたが、「日本海側などでも、米との物々交換で手に入れて食べるほどだったようです。函館では正月に『クジラ汁』を食し、新潟では夏にウナギの代わりとなるスタミナ源として食べる習慣があります」とのことで、クジラ肉は全国的に食べられていた。

「高価」な印象もあるが、最近は赤肉100グラムあたり298円〜498円と手頃な値段で販売されている。「クジラのいいところを広めていき、知ってもらい、クジラ肉をもっと食べてもらいたい。それもあって『くじらの日』を定めました」と、田村室長はいう。

ネットには「クジラ横丁」なるサイトもあって、「クジラの日」を記念して全国各地で繰り広げられるイベント情報や、手軽にできるクジラ料理やクジラ肉を購入できる店などを紹介している。


--------------------------

( Whale Trackers )
絶滅に向かっているという地中海マッコウクジラの映像。海洋生物は、船や漁網、そして海を漂うプラスティックやゴミを食べたりすることなどで命を落とすなど、私たちの生活の陰で犠牲になっています。


The Sperm Whales of Greece - "Life in the Trenches"

絆が強く家族で助け合って生きている海の生きものたち。

私たちは、「お金になるかならないか」といった金銭的な損得や、「天然の資源」などといって最大限に人間が利用・活用するようなモノとして見ています。
生きものの権利を奪うことばかり考えている人間。いったい、このままでいいのでしょうか…。


--------------------------
藤原英司
『虫ケラにも生命が…―自然保護思想の変革 (1973年) 』より

生き物の命を奪うことを生業とする人たちには、一度は生物の命を絶つということがどういうことなのか、考えてみてほしいという気がするのである。

イルカやクジラを殺すことは、相手の大きさからいっても、牛馬を殺すことに匹敵し、大型のクジラにいたっては大量の牛馬をいっぺんに屠殺するほどのものでありながら、その屠殺行為は古来、勇壮とか豪快といわれてきた。これは生物の生命を奪うことに対する深い反省をともなった認識とは思えない。

この世のすべての生命は、何らかの形で、おのおのの役割をもっている。その役割の中には、人間に害をする面と益をもたらす面があるが、さらにもっと大きな役割は、自然そのものの中で果たしているなんらかの使命である。使命とは文字通り命を使うことである。あらゆる生命が、それぞれの命を使って生きている。その生命の働きが、どのような因果関係をもつものなのか、人間中心の生活を営むわれわれには、ほとんどわかっていないといってよい。

地球で、人間が開発した犇丹曚竜蚕儉瓩函△修譴砲箸發覆Υ超の破壊が深刻化していることを思う時、われわれはいまだに深い闇の中にいることを自覚しないわけにはいかない。闇の中で、なにも見えないのをよいことにして、おのおのが好き勝手なことをやり、同じ生命をもった相手を、ただ形や姿がちがうというだけの理由で、思いのまま殺傷し、虐げ、結局は自分の首を絞めるようなことを日夜くりかえしているように思えるのである。



◇  ◇  ◇

みんな、自然の中で、それぞれの命を精一杯に使って生きること。それがこの世に生まれてきた使命。この自然界で、お互いの命を尊重してこそ生きる意義があるのだと、そう思えます。


クジラ・イルカ・シャチ | ねこまる | 16:58 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 16:58 |