S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< ちふれさんへお願い♪「動物の毛を使わないで!」獣毛メイクにさよならを | | 【内閣総理大臣へ】菜食導入推進で、菜食の大切さを日本全国に伝えて! >>
調査捕鯨に意見を☆調査捕鯨事業赤字、クジラ肉食べて!学校給食にも
JUGEMテーマ:ペット


<ヘルプアニマルズより>

調査捕鯨に意見を!

いつまでも税金をつぎ込み、”調査”捕鯨をすることに対し、意見を送ってください。
意見は下記から送れます。ぜひ送ってください。
↓  ↓  ↓
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


<調査捕鯨>解体した鯨肉を直接販売へ 事業の収益改善で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121107-00000013-mai-soci
毎日新聞 11月7日(水)4時30分配信

水産庁は6日、調査捕鯨で解体した鯨肉を13年以降、個人に通信販売したり、居酒屋など外食産業に直接販売する方針を決めた。学校給食への活用も拡大する。調査捕鯨した鯨の肉の販売はこれまで一部の取引業者に限られてきた。しかし、調査捕鯨事業の赤字が続いているため、鯨肉の販路を広げ、事業の収益改善を図る。

日本は87年、国際捕鯨委員会(IWC)の決定に基づき、商業捕鯨から撤退。代わりに水産庁所管の財団法人「日本鯨類研究所」(鯨研)が同年から南極海などで資源調査を目的に調査捕鯨を行っている。捕獲した鯨の肉は食用に販売することが認められている。しかし、供給量が少ないため、店頭価格が100グラム300〜500円程度と「和牛の中級並み」(関係者)に高騰。一部の料亭などで料理として出されているものの、消費者の間では鯨肉離れが進んだ。

調査捕鯨には年間45億〜50億円のコストがかかり、赤字が膨らんでいるため、鯨肉の販売を拡大することにした。具体的には、居酒屋など外食向けに直販するほか、高級商品はカタログ通販し、鯨肉になじみが深い中高年層らの需要掘り起こしを狙う。

また、現在、年間100トン程度にとどまる学校給食への活用は供給価格を下げて倍増させたい考えだ。

調査捕鯨した鯨肉の供給拡大で価格が下がれば、消費者には鯨料理が今より身近になる利点がある。ただ、環境保護団体は食用を「擬似商業捕鯨」と批判しており、波紋も呼びそうだ。【川口雅浩】

----------------
ヘルプアニマルズ
http://www.all-creatures.org/ha/index.html






調査捕鯨って?

調査捕鯨は、クジラがどんなものを食べているか、またどのように育つのかなど、その生態を科学的に調査するために、クジラを捕まえることです。日本では、政府から委託された財団法人日本鯨類研究所の調査船団が、南極海や北大西洋上でミンククジラ、ニタリクジラ、マッコウクジラを捕って調べています。

もともと、クジラは肉や油などを目的として獲られていて、これは「商業捕鯨」と呼ばれます。 その歴史は古く、9世紀ごろからヨーロッパ近海で獲られ、ノルウェーを中心に肉や油がさかんに取引されていました。日本でも、1606年、和歌山県の太地で捕鯨が行われていたという記録があり、20世紀には世界中に広がりました。
しかし、捕鯨競争が激しくなり、1946年にはクジラ類の保存を図りながら捕鯨産業を発展させるための国際捕鯨取締条約が捕鯨国間で交され、国際捕鯨委員会(IWC)が作られました。日本は51年に加盟しています。

クジラの数が減ったり、反捕鯨国が増加し、IWCは82年に商業捕鯨を禁止します。日本はこれに従い、86年以降、商業捕鯨はやめていますが、変わりに、87年から「調査捕鯨」を始めました。獲ったクジラは、調査費用に充てるために国内で食用に売っています。




日本捕鯨協会HP
http://www.whaling.jp/index.html

(財)日本鯨類研究所
http://www.icrwhale.org/

クジラ横丁
http://www.e-kujira.or.jp/


消費者には、価格が安くなって今より身近になるというクジラ肉。
何事も、消費を増やそうと思えば、よいイメージを盛んに消費者に植え付けます。
どんなイメージアップ作戦、消費拡大作戦が繰り広げられるのでしょうか…


クジラ・イルカ・シャチ | ねこまる | 21:36 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 21:36 |