ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。
保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。

OTHERS







<< 霊長類医科学研究センターへ意見を!「サル研究に復興費!?」 | main | 米粉のういろう >>
ベトナム:クマのサンクチュアリが立ち退きの危機!
JUGEMテーマ:ペット

◆Animals Asia Foundationから緊急署名のお願い

ベトナムのTam Dao National Park内にあるAnimals Asiaのクマのサンクチュアリに対し、農務省から立ち退き命令が出ました。クマ牧場などからレスキューされた104頭のクマが行き場を失い、77名のスタッフも仕事を失います。
この件に関し、ベトナム首相にメール、またはオンライン署名にご協力お願いします。





************

<ALIVE-news より転載>

◆クマ保護施設が立退きの危機

Animals Asiaより緊急ニュースとして連絡がありましたのでお知らせします。Animals Asiaはベトナムにクマ牧場からレスキューをしたクマたちのサンクチュアリをTam Dao National Parkにもっていますが、その立ち退き命令が出ているとのことです。

※私たちにできることは以下の方法があります。
ー鸛蠅房蟷罎鯀る
⊇靆召縫汽ぅ鵑鬚垢
ソーシャルネットワークを使いこの件を拡散する



.戰肇淵犲鸛蠅亮蟷罎料信は以下のサイトに行きます。
http://www.animalsasia.org/index.php?UID=7PL8339IUCX

中央に以下のセンテンスがあるので、クリックをするとメールが立ち上がりますので、そのまま下に英語で名前を記入して送るだけです。

1. Email The Honourable Prime Minister Mr Nguyen Tan Dung

<手紙の内容を以下に和訳しました>
グエン・タン・ズン首相殿

タイ政府によりTam Dao National Parkのある世界レベルでも大規模なAnimals Asiaのベアサンクチュアリが立ち退き強いられていることを知りこの手紙を書いております。

Animals Asiaとタイ政府の間で、Tam Dao National Parkの12ヘクタールは永久的に200頭のクマを違法なクマ牧場から保護し、レスキューセンターとしてリハビリテーション施設と使うことで同意を交わしています。この立ち退き令はそれに反する行為です。

立ち退きをし閉鎖に至ると、現在いる104頭のクマの居場所がなくなり、77名の従業員が失職しUS$2百万のロスをAnimals Asiaに与えることになります。
どうかこのAnimals Asiaに対する立ち退き令を撤回し、取り交わしている同意を誠意を持って守ってください。

(名前を英語で記入ください)


⊇靆召鬚垢詈法です。
2. Sign our petition
↓  ↓  ↓
署名ページ:
http://www.animalsasia.org/index.php?UID=N0BRR1F5I6F


ソーシャルネットワークを使いこの件を拡散する方法です。
3. Spread the word
 Email your friends
 Share it on Facebook

これはソーシャルメディアなどで広くニュースを拡散したい方向けです。
皆様、どうぞご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

------------------

■以下、Animals Asiaウェブサイト記事
(原文より一部割愛し翻訳)
http://www.animalsasia.org/index.php?UID=HNL6E4VTP0D

ベトナムのクマ保護施設が立ち退きの危機に直面

アニマルアジアが持つベトナムのタムダオ国立公園内のベアレスキューセンターが立ち退きの危機に直面している。
これは公園の責任者、ドゥ・ディン・ティエン氏の強い圧力によるものである。

10月5日(金)国防省の指令により、農業農村開発省(MARD)はアニマルアジアに対しレスキューセンターで保護されている104頭のクマとセンター自体の立ち退き令を出した。
これはティエン氏のロビー活動によるもので、国防省はレスキューセンターの土地を“国立重要地”に使用するとしている。

ティエン氏は2011年の4月よりアニマルアジアに、センターの土地を放棄するように圧力をかけていた。自分の娘が投資をしているツロング・ジァング・タムダオ・ジョイントストック社にその土地を渡すためのようだ。同社は既にこの土地で“エコツアリズムパーク”の開発と、ホテルを建設するべく申請を出している。

立ち退きにより以下の影響が出る。
●ベトナムのクマ牧場や密猟から保護された104頭のクマの居場所がなくなる
●77名のスタッフが職を失う
●US$2百万をかけて作ったサンクチュアリがなくなる

レスキューセンターに経済を頼っている地元も大きな打撃を受ける。またクマ牧場の廃止に尽力をするというベトナム政府の約束にも不信感が募る。

この立ち退きは、2005年にベトナム政府がアニマルアジアと交わした同意に真っ向から反するもの。同意は公園内の12ヘクタールの土地を利用し、レスキューセンターとして施設を建築すること、そこで違法に熊胆のために使用されたクマを200頭収容できる施設にすることであった。この同意をもとに、アニマルアジアは建設費を2億5千万円以上かけて施設を建てた。
レスキューセンターには、現在104頭のクマが生活している。
小さなケージに閉じ込められ、熊胆生産に使われていたクマたちが、数年かけてリハビリしトラウマ状態から次第に快復してきている。移動のために、このクマたちは再度ケージに入れられ、再び身体的、精神的な苦痛とストレスを味わうことになる。新しい施設建設には、少なくとも2年は必要であるため、クマたちはまた長期間ケージでの生活を強いられることになる。
最終決断はベトナム首相のもとに行き、そこで下る。しかし、国防省は非常に力を持った機関であり、首相も強制的に立ち退きに同意することになるかもしれない。
“グエン・タン・ズン首相が2008年に発した指令が公園の責任者により覆されようとしていること、またティエン氏がかげで国防省に影響を与えていることも気づくべきである。
これは国防の問題ではなく、金儲けの話である。ティエン氏は、首相がクマ牧場で虐待されていたクマの保護をするために、使用を約束をした土地を私欲のために使おうとしている。”
“センターを立ち退のかせると、自分の娘がプロフィットを出せるのだ。そんな人間に権力を与えてはならない。”

アニマルアジア ベトナム ディレクター
チュアン・ベネディセン 

------------------

※転送・転載可です。転載・転送される場合は[ALIVE-news]より転載と明記してください。

NPO法人地球生物会議(ALIVE) 事務局
http://www.alive-net.net/






ベトナムでも、クマ牧場や密猟が存在し、クマは虐待され熊胆のために利用されています。
そうして人間に利用され傷ついたクマたちの保護施設が、首相公認のもとに建設されていて、政府もクマ牧場を廃止しようと国民に約束していました。それにも関わらず、私欲のためにその土地を利用しようとしている人たちがいて、クマのサンクチュアリが存続の危機にさらされています。

クマが追い出され、“エコツアリズムパーク”の開発と、ホテルが建設されようとしています。

◇  ◇  ◇

※「CFTあしたへの選択」さんのフェイスブックより
http://www.weanimals.org/gallery.php?id=29(フォトアルバム)

熊胆ファームでは、熊たちは振り返ることも出来ない狭い檻の中で5年から長ければ30年という年月を過ごすことを強いられます。このフォトアルバムは、 Animals Asia が熊胆ファームから熊たちをレスキューしケアをしている様子です。(撮影:動物保護フォトジャーナリストの Jo-Anne McArthur さん from " We Animals" )立ち退きを強いられているベトナムのTam Dao サンクチュアリーの熊たちも写っています。このサンクチュアリーの運営が継続され、苦しい熊胆ファームから保護された熊たちがしあわせに生きてゆけるよう、地方開発省大臣宛にレターを送って下さい。


野生動物の犠牲をやめよう /
スポンサーサイト
- /