S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< ビッグイシュー電子版!デジタル版は無料! | | 【韓国】違法な犬屠殺場の動画公開〜生きたまま犬を吊り下げて屠畜 >>
『愛をもとめて動物たちと』 サファリパークと動物園の実態
JUGEMテーマ:家庭

愛をもとめて動物たちと (現代の文学 (3))


藤原英司さんの『愛をもとめて動物たちと』を、図書館から借りて、読んでいます。
これは、サファリ・パークや動物園に収容される動物たちのことを書いた本です。

 

サファリ・パークは、動物たちを檻に入れない動物園であるため、動物を虐待しないよい施設だといわれています。また動物園は、動物と人間のふれあいの場で、自然教育に役立つ施設だといわれています。しかし、それがほんとうなのかということを問いかけるために書いたのが、この作品です。
     ―あとがきより

少年少女向け(小学校高学年から)のこの作品は、サファリ・パークや動物園のお客として圧倒的に多い家族連れ、子どもたちに、この問題を考えてほしいという願いが込められています。なぜなら、動物園やサファリ・パークで動物が好きになった子どもたちが就職したがる先がまた、サファリ・パークであり、動物園だからです。




これは、水族館にも当てはまるでしょう。イルカが好きで、魚が好きで、イルカショーを見て、そして調教師や飼育員になるのが夢だと、話す子どもがいます。
しかし、動物への本当の愛とは何か、考えてみてほしいのです。

例えば、動物園やサファリ・パークにいる動物たちは、本来、そこに棲息していた動物ではありません。よそから、海外から連れてこられたものが大半です。珍しいからこそ、見に行きたいと思うのでしょう。
野生動物が、現地で捕えられ、船などで連れてこられるのです。

「船にのせられた動物は、みんな少しずつ気がくるうようだぜ。こんな気ちがい動物を見て、動物の勉強をするなんていうやつがいるからな。動物が大すきで、動物園へ動物を見にいきますなんて人間が、むかしもいまも、じつに多いな。
なかには、おまえみたいに、一生、動物のそばでくらしたいなんていって、動物園に就職するやつまででてくるんだから、こまったもんだよな。動物を気ちがいにしといて、その気ちがい動物を、一生めんどうみるのが、動物ずきのやることか」―p.134より





連れてこられる動物たちは、行先が動物園やサファリ・パークだけではありません。動物商に引き渡され、ペットなどとして商品として売られる場合もあります。サーカスなどで芸をさせられることもあります。




サルは、実験用と医療用に捕まえられます。大学の研究室で脳波の測定に使用したり、タバコの害を調べるため、一生むりやりタバコをすわせつづけられたりします。化粧品会社の研究室で、体の毛をそられて、皮膚に薬品をぬられ、その薬品を化粧品にまぜたとき、人体に害がないかどうか調べるのに、使われたりします。なかには小児マヒのワクチンをつくるために、病原菌をうめこまれるサルもいます。結局みんな、殺されるために、連れてこられるのです。
多くは、捕えられる時に、また輸送中に、死んでしまいます。

動物を愛するということは、彼らが本来の自然のなかで自由にくらせるようにしてやりながら、人間は一歩さがって彼らをあたたかく見守ってやること―




彼らを見世物にすることが、社会的・教育的に意義のあることだと、必要なことだと、本当にそう思えますか?


中国サファリパークの残酷な見世物
【※閲覧注意】


動画(SKY News, 2007)

2007年のニュース動画。中華人民共和国のサファリパークで、トラの餌として、生きた牛が与えられます。それを観客が車中から見学しています。また、観客は、車の中から生きた鶏を給餌機に入れてトラに食べさせています。トラの群が牛に襲いかかる様子を、観衆が歓声を上げて見ています。同国を取材した外国メディアの記者が、その様子を映像に収めたものだとされるビデオです。

これはとても残酷なものですので、日本ではこういう施設はないと言われるかもしれませんが、レジャーとして家族連れが楽しむ場所として、観光や娯楽として人間が楽しむ、時間をつぶす場所として作られている点においては、共通しているのではないでしょうか。




愛をもとめて動物たちと (現代の文学 (3))

この本は、毎日中学生新聞に連載されたものです。連載は、昭和53年(1978年)9月か13日から、12月30日まで91回にのぼります。新聞の連載小説として、こうしたことが世間に知らされていても、動物園やサファリパークはなくなっていません。




一度、真実を知って、本当のことを知って、考えてみてほしいのです。

彼らがどうやって連れてこられたか。本来、どんな生活をしていたか。家族がいて、仲間がいて、自然の中で、彼らが本来生きる場所で、その生を営んでいたのです。私たちと同じです。そう、生きるということにおいて、私たちは、彼らの邪魔をする権利など持っていないと、命をもてあそぶ権利などないのだと、そう思いませんか…?


動物園・水族館 | ねこまる | 22:16 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 22:16 |