S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< ビーグル犬2,115匹救出!イタリア実験動物繁殖施設が動物虐待 | | 私達が肉を食べない30の理由をご紹介致します!! >>
実験犬シロのねがい リニューアル
JUGEMテーマ:ペット


 <ALIVE-newsより転載>
 
◆実験犬シロのねがい リニューアル

このほど、ハート出版「実験犬シロのねがい」がリニューアルされましたので以下にお知らせします。

---------------------------


実験犬シロのねがい
あなたは知っていますか?捨てられた犬がどうなるのか…

http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-904-2.html
井上 夕香 作 葉 祥明 画 2012.08.10 発行

 

■シロの存在は、たくさんの犬猫を実験の苦しみから救い出す大きな力に

それは、クリスマス・イブの夜のこと。1匹の白い犬が星になりました。その犬の名は、シロ。わずか1年でしたが、シロは愛情をいっぱい受けて旅立てたのです。シロは虐待を受け、保健所に連れてこられ、『実験動物』として病院に売られた犬でした。

これは、捨てられ、実験される犬たちと、そうした不幸な犬たちを救うために戦う人々の実話です。

■目次
Episode: 1 ぐっしょりぬれた赤ちゃん犬
Episode: 2 犬を飼うこと
Episode: 3 もらい手さがし
Episode: 4 チビのゆくえ
Episode: 5 保健所で
Episode: 6 悲しい目をした犬たち
Episode: 7 実験に使われる動物たち
Episode: 8 実験動物への鎮魂歌
Episode: 9 檻の中
Episode:10 おかしな犬たち
Episode:11 救出
Episode:12 がんばろうね シロ
Episode:13 まごころが通じた
Episode:14 聖なる夜に
Episode:15 メリーの手紙

人間と動物 葉祥明

ずさんな動物実験の実態をあばき、犬猫の実験払い下げを廃止させたシロの事件をふりかえって  NPO法人 地球生物会議・代表 野上ふさ子


--------------------

NPO法人地球生物会議(ALIVE)事務局
http://www.alive-net.net/
 

 



 



イタリアグリーンヒルという実験動物繁殖施設では、動物虐待が日常的に行われ、抗議行動により警察が介入、2000匹以上のビーグル犬が救出されました。

 

 

◇  ◇  ◇

※京都ベジフェスにて―

ALIVEのブースでは、動物愛護・福祉を訴えるパネルが展示してありました。
その中に、あの「実験犬シロちゃん」の写真も…。




国立病院の実験施設から愛護団体に助け出された時、瀕死の状態だったシロちゃん。
全身、皮膚病に冒されていました。

こんなに、ひどい状態だったのです。

もと飼い犬で、虐待を受けていて、保健所に捨てられたシロちゃん。
人懐こく健康だったシロちゃんは、実験犬に最適だと、国立病院に1300円で払い下げられて、脊髄を切られ、その後放置されていました。

保護され、温かい家庭の温もりを感じることができ、やっとほっとできたその1年後、無残にも、クリスマス・イブの日に交通事故に遭ってこの世を去りました。わずか、推定年齢2歳の生涯でした…。


 






私たちは、「そんなに悲惨で残酷なことはされていない」と無意識に思い込もうとします。でも、実際は、もっと酷くて、私たちの想像を絶するようなことを、動物たちはされています。

どうか、家族の一員として接している動物たちだけではなくて、こうして実験に利用され苦しめられている動物たちにも、温かい心を寄せて下さい。そして、彼らがこれ以上苦しめられないように、彼らを助けるために、動物実験に関心を持って、彼らが救われる道を考えて下さい。

 



(人工心臓を取り付けられる前のヤギ) 
 

それでも、犬と猫については、保健所からの払下げがなくなったことをきっかけに実験に使われている数は減ってはいるでしょう。しかし、ゼロではありません。多くの動物たちが実験に使われています。

 

また動物実験の内容は、どうでしょうか。


動物実験の問題が明るみにでないのは、動物実験に関わる人たちが「聖域」として一般人に関わらせないのをよしとしている風潮があり、社会でも「必要なもの」として無意識に受け入れてしまっているからです。
問題にすらならない闇が、そこにはあります。

 

肉食が、社会のシステムに深く組み込まれているように、動物実験もまた、その実態が暴かれることはありません。

そんな中で、日々動物たちが苦しめられていることを問題にすらしない社会は、健全な社会といえるでしょうか。





多くの人が真実を知り、一般の人が、社会が、監視できるシステムの構築が必要です。

そして、動物実験をなくす方向に向かって、すすんでいかなければなりません。







動物実験なしの医学を

動物実験医学は、人為的に発生させた病気の研究に偏っていて、本当の人間の病気の解明を遅らせたり誤らせたりしてきました。
さらに、人間の病気を特定の病因や身体の一部分に限定しています。病気を引き起こす要素として、生活環境や労働環境、ストレス、栄養・精神的バランス等を考慮していません。それは、生態系の中での全人的要因をないがしろにするものです。

実験室の密室の中で、実験動物を相手に、短期間で、意図するデータが容易に得られるため、そして学会発表もそれなりにできるがために、そのような実験研究だけが異常に偏重され、またそれだけが「科学」であると錯覚されています。

私たちが本当に健康で心も安らかでいたいと願うことと、現代の動物実験医学とは、実態は相容れないものです。私たちの多くは、こうしている今も実験室の中でおびただしい数の動物たちが拷問され苦しんでいると考えるだけで、精神的に怒りと悲しみを覚え、心の安らぎを失います。

動物の犠牲のない医学、それこそが本当に人間的な、心ある医学だと言えるのではないでしょうか。

動物実験のない社会、それこそがより健康的であたたかい社会、生命と共存できる本当の意味での平和な世界であると、言えないでしょうか…


<参考>


『新・動物実験を考える』


地球生物会議ALIVE代表の野上ふさ子さんが書かれた、動物実験に関する本です。
動物実験の問題に関心を持つ人が増え、動物たちの犠牲を減らしなくしていく世論につながることを願っています。

 

 

 

動物実験について | ねこまる | 22:11 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 22:11 |