S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 動物種で可愛がる、見捨てる、のではなく。 | | モッチモチ!かぼちゃのういろう♪ >>
『イルカと少年』、11月10日シンポジウム「イルカと人間の共生をめざして」
JUGEMテーマ:ペット

<ヘルプアニマルズ メールよりまとめ>

◆映画『イルカと少年』(原題: Dolphin Tale)



現在、ツタヤなどで貸出中です。

「イルカと少年」は、2011年のアメリカのドラマ映画。
尾びれを失ったイルカと少年の絆を、実話をもとに映画化したハートウォーミングドラマ。11歳の少年ソーヤーは、浜辺に1頭のイルカが打ちあげられているのを発見する。イルカは海洋生物の病院へと運ばれウィンターと名づけられるが、深い傷によって尾びれの切断を余儀なくされる。そこでソーヤーは、ウィンターに人工の尾びれをつけることを思いつく。
出演はモーガン・フリーマン、ハリー・コニック・Jr.ほか


日本では、イルカ漁師から購入したイルカをちゅら海水族館で展示しお金をとったりしていますが、この映画ででてくるイルカは、海の病院へ運ばれます。
そこに出てくる人は、イルカのことを心配する人たちで、殺そうとする人はいません。
そしてこれが実話と信じられないラストです。
ぜひ借りてみてみてください。
http://eiga.com/movie/57228/


【※追記】

この映画に出てくるイルカは、ウィンターと名付けられました。
ウィンターを演じているのは、ウィンター本人です。

映画では、この海の病院が経営難になり、施設を売りにだし、ウインターは安楽死という話になりました。
そんなとき、わざわざ海の病院まで、小さなニュースで知り、遠くからウィンターを見に足の不自由な少女と母親が来ました。

映画の主人公の少年ソーヤは、考え、きっともっと大きく知らせれば、アメリカ中からウィンターを見たいという人がくるのでは、そして資金を集められるのではと考えます。

そして 話は展開していきます。
実話がベースということで、詳細にはどこまでが事実かはわかりませんが、英語のwikiでは、映画と事実と違うところが記載されており、そこには、その部分は、事実と異なる部分にはなっていなかったので、事実に基づいているとすれば、まさに事実は小説より奇なりというようなハッピーな展開になっていきます。

そして現在、ウィンターは Clear Marine Aquariumというところにいます。
http://www.seewinter.com/winter/dolphin-tale

このClear Marine Aquariumが、映画のラストになった、この海の病院を買い取り、継続させることになったところなのかどうかまでwikipediaには記載がなく、web siteを見てもそこまではわかりませんでした。

この映画は、Genesis Awards 、PFCS AwardYoung Artist Awardなど 、いくつかの賞にノミネートされました。


これを見終わった感想は、映画The Coveは、日本の多くの人に、イルカ猟(イルカ漁)を知らしめましたが、同時に、イルカ猟師を怒らせ、対立の構図をさらに悪化させました。
挑発的な部分があったことは否めません。

私は、この映画こそ、イルカを愛する人、そして太地のわずか数十人のいさな組合の猟師の人すべてに見てほしいと思いました。

ぜひ皆さんも見てみてください。


-----------------------

イベントのお知らせです。ぜひ足を運んで、イルカのためにできることを考え、一人一人が発信していってください。

11/10 シンポジウム「イルカと人間の共生をめざして」



イルカの暮らす村 ”利島”
◆シンポジウム「イルカと人間の共生をめざして」

             
日時: 2012年11月10日 (土)
受付開始:17:00〜
開始時間:17:30〜

会場:
早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館 第1会議室
東京都新宿区大久保3-4-1

アクセス:
東京メトロ副都心線西早稲田下車徒歩0分
JR・西武鉄道 高田馬場 徒歩15分 他

参加費:無料

参加方法:事前予約(人数を把握するため、ご協力ください)

予約先:出来るだけフェイスブックからのご予約をお願いいたします。
http://www.facebook.com/toshimadolphin

サークリットでもご予約を受け付けております。
お名前と人数をお知らせください。(満席以外はお返事致しませんのでご了承ください)
アドレス⇒circlet@gem.hi-ho.ne.jp


シンポジウム
第1部:
17:30〜17:40 開演 
イベントの発起人渡辺仁史先生(オルカ工房・早稲田大学)の挨拶

17:40〜18:10
坂野正人氏(利島ドルフィンプロジェクトチーフアドバイザー)による取材映像とお話
「利島とイルカの17年、そしてこれから」

18:10〜18:30
利島のイルカたちの個体紹介と、利島ドルフィンスイム&ウォッチングの現状を紹介します。
 
休憩  *皆さんから寄せられた、イルカの写真や映像をプロジェクターでご紹介します。
         

第2部:
18:50〜20:30 パネルディスカッション

司会進行:坂野正人(TDPアドバイザー、映像作家)

パネリスト:
辺見 栄(TDP国際窓口、エルザ自然保護の会事務局長)
三木真理子(デルフィネス主宰、ドルフィン・スイム・プログラムを実施)
渡辺仁史(オルカ工房、早稲田大学)

*時間が許す範囲で、参加者同士の交流など


*****************

イルカクジラアクションネットワーク
http://ika-net.jp/ja/
http://ika-net.jp/ja/newsletter

エルザ自然保護の会
http://elsaenc.net/
(チラシ配布していただける方、エルザへ連絡とりますので、いらっしゃったらお知らせください)


------------------br /> ヘルプアニマルズ
http://www.all-creatures.org/ha/index.html





クジラ・イルカ・シャチ | ねこまる | 19:18 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 19:18 |