S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< モービー(MOBY)は、ヴィーガン! | | ユニクロが「ミュールシング羊」のウールを段階的に廃止へ! >>
映画『PLANEAT』
JUGEMテーマ:ペット





PLANEAT

☆「CHINA STUDY(邦題:葬られた第二のマクガバン報告)」で有名なコリン・キャンベル博士や、動物倫理のピーター・シンガー博士等が登場するドキュメンタリー


【映画PLANEAT(プランイート)】

心臓病や癌のリスクを劇的に低下させ、地球環境を守り、食を楽しみつつも持続可能な食環境を構築するため、私たちはどのような食生活を選択すべきなのか? という難問を解き明かし、進むべき方向を指し示す感動のドキュメンタリー。
オーガニック農園で生産された生き生きとした野菜、そしてそれを料理する世界的に有名なベジシェフの美しい映像と、問いの答えを探し求め、それぞれの研究に命をかけた3人の著名な科学者のストーリー。事実が、今明らかになります。

https://youtu.be/sS27TMdgJfU
 

 




フルーツ・オブ・エデンより

 

ミートフリーマンデーは「プランイート」の取り組みを全力でサポートしているんだ。人間の食生活がはらむ危険にたくさんの人が目を向けてくれるよう願う気持ちは、「プランイート」の製作者と全く同じだからね。
‐サー・ポール・マッカートニー

 


◆フルーツ・オブ・エデンから「プランイート」製作者 オー・シュロミへのインタビュー

なぜこの映画を製作しようと考えたのですか?きっかけとなるような出来事はあったのですか?

10代の頃ベジタリアンになって以来、動物愛護団体や市民運動に参加してきたのですが、強硬で一方的な彼らの態度には疑問を感じていました。世の中を良くするのは、お説教ではなく「行動すること」ではないかと考えていたからです。ですから、その当時は「なぜベジタリアンになったの?」という質問に、正直に自分の考えを述べることができずにいました。

2000年、まだ若かった父を心臓発作で亡くしました。健康的と言われる食事をし、とても活動的な人だったのに・・突然のことでした。発作を起こしたとき一緒にいた私は、必死に心肺蘇生術を施しましたが、目の前で逝ってしまって。それ以来、心臓病をこの世からなくすにはどうすれば良いか、ずっと考えてきました。

「プランイート」の共同ディレクター、シェリー・リー・デイビスに出会って、心臓病と栄養の関連を解き明かすことに生涯を捧げてきた、コリン・キャンベル博士の存在を知りました。正直、食事による栄養が人々の健康にこんなにも大きな影響を及ぼしているなんて、思ってもみませんでした。私の専門分野は映像とマスメディアでしたから、こうした側面から食と栄養・健康の問題に取り組むことができるのではないかと考え、このテーマで映画を製作することにしたのです。

シェリーと私は「あれは食べてはだめ、これも健康に良くない」というのではなく、ポジティブなメッセージを伝える映画をつくりたいと考えました。それで、映画にはおいしそうなベジ料理をたくさん登場させ、植物性の食材だけでもおいしい食事はできる!ということを伝えようとしたのです。映画を観てくれた人々が、自分も試してみようかな、と思ってくれたら、私たちのもくろみは成功(笑)

「プランイート」の大きな転換点となったのは、クリストファー・ハードが「プランイート」の初期のバージョンを観にきたことがきっかけで、エグゼクティブ・ディレクターに就任したこと。彼は映画に関する経験が豊富で「プランイート」がより良い映画になるよう、シェリーと私に適切なアドバイスを与えてくれました。こうして現在の「プランイート」が出来上がったのです。


資金援助を受けず、自費でこの映画を製作したのはなぜですか?

「プランイート」の撮影を始めた当初は、この映画が著名人へのインタビューを中心としたものになるなんて思っていませんでした。食と健康というテーマを掘り下げていこうというモチベーションだけでスタートしたようなものでしたから、「企業から資金を調達しよう」なんて思いつきもしなかったのです。

そのうちに、この分野の権威にインタビューをするようになり、食は私たちの健康を左右するだけでなく、社会や地球環境にも大きな影響を与えていることに気づきました。それからは、食事と健康、環境問題、食の安全といったトピックを関連付けて、映画の撮影をすすめるようになりました。

もう1つスポンサーを探さなかった理由は、スポンサーの存在が無意識にせよ映画の編集作業に影響を与えてしまうことを恐れたからです。スポンサーの顔色を伺い、言いたいことを自由に言えないのでは、映画をつくる意味がありませんから。

最終的な段階では、知り合いや動物愛護団体などにもフィルムを観てもらい、感想を寄せてもらいました。資金援助を受けたわけではありませんが、彼らの意見には真摯に耳を傾けましたから、そういう意味ではこうした人々の協力や援助といった人的サポートのおかげで、「プランイート」は完成したのだと考えています。


「プランイート」を通じて伝えたかったメッセージはどのようなものですか?あなたにとって理想的な世界とは?

「プランイート」では ‘の摂取量を減らす ⇔匹行くレストランに植物性、かつ(加工食品ではない)ホールフードのメニューを用意してくれるようリクエストする 政府が工場式畜産に補助金を出すのをやめるよう求める という3つの活動を人々に呼びかけています。「プランイート」をきっかけに、こうした問題に対する人々の意識が高まり、食べるものを選択しているのは他ならぬ自分なのだ、という事実を発見してもらえたら幸せです。

もちろん、長い間続けてきた食生活を変えるのは簡単ではありません。しかし、心がけ次第でそれは十分に可能です。食の問題は意識しようとしまいと、常に私たちの生活に、そして人生につきまとうものです。だからこそ、おいしくて楽しいだけではなく、「健康」という最も貴重な宝物をサポートするものであってほしいのです。

「プランイート」は、個人、政府、企業がそれぞれの立場から、おいしくてヘルシーで、そして安全な植物性の食事を、人々に提供する社会の実現を望んでいます。そうした選択肢が目の前にあってこそ、よりたくさんの人が食生活の変革を考えるようになると思うからです。

そして、全ての食材は持続可能な方法で生産されており、生産に携わる人々が人間らしい労働環境で、安心して働くことができていれば最高!

さらに、もし私たちが動物性食品の摂取量を減らせれば、現在の目を覆うような不幸な状況ではなく、もっと健全な環境で家畜たちを飼育することも可能になります。

「プランイート」がたくさんの人々の意識改革のきっかけとなることを願ってやみません!

 

 

低炭水化物ダイエットへの警鐘 [ T.コリン・キャンベル ]

 

チャイナ・スタディー [ T.コリン・キャンベル ]

 

 

食・ファストフード・食品添加物 | ねこまる | 16:52 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 16:52 |