ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。



にくきゅう手帳

OTHERS







<< 本日開催!【緊急】動物愛護法改正前夜 6/19 意見交流会・勉強会 | main | 映画『PLANEAT』 >>
モービー(MOBY)は、ヴィーガン!
JUGEMテーマ:グルメ


モービーというミュージシャンは、ヴィーガンなのです!!ご存知ですか?

「やさしいベジごはん」のmihoさんのブログで知りました!


「モービーPETAのインタビューで動物について語る」の記事を読んだ時、「ヴィーガンが訴えたい大切なことが簡潔に書かれてある!」と胸が躍りました♪

mihoさんも書かれているように、ひとりでも多くの方に読んでいただきたいと思います。

     

 

******
モービーPETAのインタビューで動物について語る

モービーは肉類、魚介類、乳製品や卵などの動物性食品を一切食べない純菜食主義者“ヴィーガン”。

モービーはヴィーガニズム(純菜食主義、衣食を含むあらゆる目的のために動物を殺すことがないよう動物製品を一切使わないライフスタイル)を広げる活動もしているようで、YoutubeにPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)のインタビューに答えている映像がありました。

モービーがヴィーガンになった経緯やヴィーガニズムを推進するときに望ましい姿勢についてなどが語られています。

 





モービー、新たなPETAのインタビューで動物について語る
(PETA: People for the Ethical Treatment of Animals;動物の倫理的扱いを求める人々の会)



僕は高校生の時にハードコアパンクバンドで演奏をしていて、僕と友達たちはマクドナルドとバーガーキングしか食べなかった。ベジタリアンやヴィーガンの人たちを知っていたけど、おかしな奴らだと思っていた。僕らは15、6歳で完璧にアメリカ式のジャンクフード食生活になっていた。でも、頭の片隅には小さな声が聞こえいて「あのさ、もし動物が好きなら肉は食べない方がいいんじゃないかな」と僕に語りかけてた。僕は長い間その声を無視しようとした。そして18歳の時、自分のペットの猫を見ていたんだ。すごく大好きで、タッカーっていう名前なんだけど、そのタッカーを見ていて完全に気付いたんだ、「この猫のタッカーを守るためだったら何だって出来る」ってね。僕は他のどの友達たちよりもタッカーのことが好きだったし、タッカーを食べたりしないということは、多分他の動物も食べるべきじゃないんだろうって。こんな簡単なことが理由で僕はベジタリアンになった。それから肉製品、乳製品、卵製品について調べ始めた。さらに乳製品や卵製品について調べたことで僕はヴィーガンになった。それ以来24年間ずっとヴィーガンだよ。

僕にとってヴィーガニズムを推進する上で最も良い方法は尊敬の念をもって人と接すること。相手の物の見方を尊敬すること。でも時にはそれも難しくて、反対意見を持った人たちに向かって叫びたくなるよね。本当のことを言うと、ヴィーガンになりたての時、僕はとても怒れるヴィーガンだった。ヴィーガニズムについて人と討論したり、ヴィーガニズムについて叫んでたりしていた。でもそれで僕が気が付いたことは、叫んでいても誰も耳を傾けてくれないということだった。彼らには叫び声しか聞こえない。たとえ僕が世界一素晴らしいことを言ってたとしても彼らに伝えたいことは届かない。それは僕がわめき散らしているからなんだ。

工業的に作られた動物製品は全てを破壊する。動物を殺し、労働者もダメにし、地域も滅ぼし、そして動物製品を食べた人たちもボロボロにする。工業的動物製品は誰にとっても利益はない、大企業の株主以外はね。例えば、誰かが僕に「一体、卵と乳製品の何がいけないのか?」と尋ねたら、「卵と乳製品のいけないところは、工場式農場経営であることだ」と僕は答える。ほとんどの人は鶏は幸せそうに庭にいると思っている。でも真実は大きな工業鶏園にいて、ぞっとするような場所だよ。 50万羽から70万羽の鶏が想像を絶するような状況にいる。おかしいと思うかもしれないけれど、僕は卵と乳製品は肉よりひどいと思っている。卵と乳製品を作るために鶏と牛は生きることを強制されていて、その苦しみは僕には想像もできない。

食品業界で最も大きい作り話は肉製品、乳製品、卵を生産する時に苦痛がないと言われていることだ。肉製品、乳製品、卵は信じられないくらいの苦しみの結果の産物なのに。ほとんどの産業は自分たちが販売する商品について嘘をつく必要はない。それに比べて動物製品、乳製品、卵製品に関する全ての側面は嘘の固まりだね。イラストからして嘘だよ。走っているトラックを見たら「ジョーの農園」と書かれ、豚が笑っている絵とか幸せそうな鶏の絵が描かれている。でも実際「ジョーの農園」に行ってみるとそこは想像を絶するような環境と苦痛がある。そのような状況はこの世界に存在してはいけない。

動物虐待について困惑している人たちへ、彼ら自身が何が出来るのかということについて僕からのアドバイスは、どうしたら積極的な行動を継続できるのかを考えること。世界は今までずっと不正にまみれているし、世界はずっと間違ったことで溢れかえっている。僕たちの多くはボタンを押してそれを今すぐに止めたいんだ。でも出来ない。だからどうやったら賢く積極的に行動を起こせるのか、そしてどうやったらその行動を毎日一生継続できるのかを考えなければいけない。それは燃え尽きてしまうことを意味するのではなく、休日もとるという意味なんだ。楽しいことをして、たまにはリラックスする。1週間に7日、1年に365日動物の為に積極的に活動をしても、たった2年しか続かないんだったら意味がないからね。

やあ、僕はモービー。24年間ヴィーガンです。もし出来るならあなたに勉強して知識を持って欲しい。あなたが食べる食べ物がどこから来るのか、それがどのような結果を環境にもたらすのか、そしてあなたの健康にどのような影響をもたらすのか考えて下さい。残念なことに、肉、乳製品、卵を生産する人たちはあなたに嘘をついています。あなたができることをして、知識を得て、あなたの食べ物がどこから来るのか知って下さい。そして道徳的に正しい選択をして下さい。ありがとうございました。

 


【一部抜粋、ここまで】
 

 


 

もし出来るならあなたに勉強して知識を持って欲しい。あなたが食べる食べ物がどこから来るのか、それがどのような結果を環境にもたらすのか、そしてあなたの健康にどのような影響をもたらすのか考えて下さい。残念なことに、肉、乳製品、卵を生産する人たちはあなたに嘘をついています。あなたができることをして、知識を得て、あなたの食べ物がどこから来るのか知って下さい。そして道徳的に正しい選択をして下さい。

 

世界は今までずっと不正にまみれているし、世界はずっと間違ったことで溢れかえっている。僕たちの多くはボタンを押してそれを今すぐに止めたいんだ。でも出来ない。だからどうやったら賢く積極的に行動を起こせるのか、そしてどうやったらその行動を毎日一生継続できるのかを考えなければいけない。

 


おそらく、動物の幸せに思いを馳せるヴィーガンが思っていることそのままズバリでしょう。
世の中の不正、間違い、それを今すぐに止めたい。でも出来ない。だからこそ、賢く積極的に行動を起こすためにどうすればいいのか、どうやったらその行動を毎日一生継続できるかに、心を砕いています。


次の言葉が、ズバリ言い当てているでしょう。

 

ヴィーガニズムは単なる受身の克己ではありません。
むしろ積極的な社会変革に先鞭をつける行為であり、常に最高の理想を追い求めるものです。
―ジョアンヌ・ステパニアック

 


健康と地球の存続のためには、菜食主義への進化に勝るものはない。
―アルバート・アインシュタイン





私たちは、何も人間のことだけを考えていればいいのではなく、地球に生きるすべての生き物たちの幸せに思いを馳せることが大切だと思います。
この瞳に、道徳的に正直であり続けていられるように…。
 

 


<参考>
エリック・マーカス『もう肉も卵も牛乳もいらない!』

 

 

工場畜産*畜産動物の扱い /
スポンサーサイト
- /